it-swarm-ja.com

Clonezillaを搭載したラップトップを外部Blu-rayにバックアップする

Windowsラップトップを外部ブルーレイ(LG BE14NU40)にバックアップしたい。ただし、Clonezillaにブルーレイをターゲットとして認識させることはできません。

ブルーレイの電源を切り替えると、ドライブがdmesgに表示されますが、何らかの理由で、ブルーレイがclonezillaマウントオプションのリストに表示されません。

再現手順

  • 空のBD-RディスクをLG Blu-rayドライブに挿入します
  • Clonezilla Live CDをオンボードDVDプレーヤーに貼り付け、F3キーを押してブートメニューを表示します。次に、DVDから起動します。

Clonezillaの起動後...

Clonezilla start screen

Select device-image

Select local-device

Toggle Blu-ray power

上記のプロンプトが表示されたら、ブルーレイの電源を切り替えます...しかし、ドライブが表示されません。

次のdmesgは、ブルーレイの電源を入れたときに、少なくともclonezillalinuxカーネルがusbhotplugイベントを認識することを示しています。

[email protected]:~$ dmesg | tail -n4
[ 2911.449649] scsi 8:0:0:0: CD-RAM        HL-DT-ST BD-RE  BE14NU40 1.01 PQ: 0 
ANSI: 0
[ 2911.557873] scsi 8:0:0:0 [sr1] scsi3-mmc drive: 0x/48x writer dvd-ram cd/rw
xa/form2 cdda tray
[ 2911.558257] scsi 8:0:0:0 Atached scsi CD-ROM sr1
[ 2911.558492] scsi 8:0:0:0 Atached scsi generic sg2 type 5

[〜#〜]質問[〜#〜]

Clonezillaにこのブルーレイドライブを直接バックアップターゲットとして使用させるにはどうすればよいですか?


詳細:

Ubuntu 15.0(カーネル3.19.0-18-generic)上に構築されたclonezilla vivid(stable)を実行しています... clonezillaisoを起動して手動のLinuxシェルを実行するとこれが表示されます...

[email protected]:~$ cat /etc/issue
Ubuntu 15.04 \n \l

[email protected]:~$ uname -a
Linux vivid 3.19.0-18-generic #18-Ubuntu SMP Tue May 19 18:31:35 UTC 2015 x86_64 
x86_64 x86_64 GNU/Linux
[email protected]:~$
2
Mike Pennington

テストするBlu-rayデバイスはありませんが、これで問題ありません。

これには書き換え可能なBlu-rayディスクが必要です
書き換え可能なBlu-rayディスクがない場合、手順3でフラッシュドライブを/home/partimagにマウントして書き込む場合を除いて、これは不可能だと思います。別のコンピューターでBlu-rayに画像を送信します。

  1. まず、Blu-rayディスクがLive File System/UDPでフォーマットされていることを確認します。これにより、ファイルをフラッシュドライブのように追加/削除できます。
  2. 次に、画像を保存するためにlocal_devを選択する代わりに、enter_Shellを選択します。
  3. シェルに入ったら、Blu-rayディスクを挿入し、/home/partimagを実行してSudo mount /dev/sr0 /home/partimagにマウントします(Blu-rayの場合はsr0かどうかはわかりません。 。)
  4. ここで、exitと入力し、クローン作成を続行します。
  5. クローン作成が完了したら、Blu-rayがアンマウントされるように、再起動またはシャットダウンする必要があります。または、コマンドラインに移動してSudo umount /home/partimagを実行することもできます。

P.S.これがあなたのために働くかどうかを知ることに興奮しています。イライラしているようですね。

3
BenjiWiebe