it-swarm-ja.com

Debian WheezyでのWifiスキャン間隔、スリープ後に再接続

コンピュータをスリープモードから復帰させるときに、できるだけ早くワイヤレスネットワークに再接続したいと思います。利用可能なネットワークのリストが表示されるまでには、常にしばらく(通常は15〜30秒)かかります。 iwlistでスキャンするのに1秒もかからないので、スキャンを開始するまでに少し時間がかかると思います。

スキャン間隔を短くしたり、別の方法で問題を解決したりできますか?

特別な設定なしでDebianWheezyを実行しています。ネットワーク接続はGUIによって処理されますが、私は長い間Debianユーザーであり、コマンドラインを恐れていません。 Bashソリューションでさえ大歓迎です-私の問題を解決するものなら何でも。

5
Emil Vikström

それは多くの要因に依存するでしょう。

睡眠vs休止状態

ソフトウェアの問題

  • オープンなwifiネットワークまたは特定のネットに接続する

  • BSIDを待たずに接続しない

  • パスワードへのアクセス

  • KDEからのKWalletの問題?

ハードウェアの問題

  • スリープモードはメーカーによって異なる場合があります

  • ワイヤレスドライバーは非常に異なる場合があります

研究の方向性:

あなたの質問に直接答えることはできませんが、iwlistを使用して直接スキャンを実行し、Wheezyの電源管理フックに基づいてオープンネットワークに参加できる可能性があります。

ACPI(旧式)

このアクションは、ACPIDイベントフックを介してスクリプト化されます。

詳細については、 acpid /etc/acpi/actionsをご覧ください。

PM-Utils launchpad

このアクションは、pm-utilイベントフックを介してスクリプト化されます

  • 再開-システムがサスペンドから抜け出すときに、フックは適切なアクションを実行する必要があります。

  • 解凍-システムがディスクへのサスペンドから抜け出すときに、フックは適切なアクションを実行する必要があります。

サスペンド/レジューム機能は、ファイルを/etc/pm/sleep.dディレクトリにインストールすることで簡単に変更できます。フックと呼ばれるこれらのファイルは、一時停止/再開時に特定のタスクを実行できます。

  1. 何らかのイベントが発生してマシンがウェイクアップします

  2. /etc/pm/sleep.d/*はそれぞれ、コマンドライン引数が「resume」または「thaw」の逆Cソート順で実行されます。

2
shadowbq

ネットワークがiPv4のみを使用している場合、問題は、Debian LinuxがiPv4に渡されて成功する前に、最初にiPv6経由で接続しようとして成功しないことである可能性があります。この場合、iPv6をオフにすると問題が解決する可能性があります。

詳細については、 Debian IPv6 Project 、特にセクション IPv6をオフにする方法 を参照してください。

2
harrymc

私はDebianのローカルバージョンを持っています Canaima(Venezuelan distro)

コンピューターを「スリープ」から復帰させた後、覚えていることを何もしなかったため、Wi-Fiネットワークへの再接続が非常に遅くなりました。 Wi-Fiパスワードと接続ボタンのあるウィンドウが表示されるまで数分かかります。

最初は、これを克服するために、Wi-Fi構成ウィンドウに移動し、オフにしてから再度オンにすると、wifiパスワードのウィンドウが表示され、[接続]をクリックするだけで完了しました。

次に、Wi-Fi構成ウィンドウに「すべてのユーザーが利用可能」のオプションがあり、チェックされていないことに気付きました。私は単にそれをチェックしました、そしてそれは私の問題の終わりでした。これで、ラップトップがスリープから復帰したときに、Wi-Fiはすでにネットワークに接続されています。

おそらく、これはすべての人に当てはまるわけではありませんが、そうである場合、解決策は非常に単純なようです。

2
erpp45

特別な設定なしでDebianWheezyを実行しているとおっしゃっていたので、NetworkManagerを使用していると思います。実行できるのは、マシンがウェイクアップするとすぐにNetworkManagerに再接続を強制することです。

これを行うには、次の方法を試してください。

  1. 関心のある接続のUUIDを取得します。

    $ nmcli con
    
  2. pm-utilsパッケージがインストールされていることを確認し、次のように/etc/pm/sleep.d/にスクリプトを作成します。

    nmcli con up uuid 9890c6b9-d2b4-4ed2-a743-ad07cb6c125f

明らかに、UUIDを手順1で取得したものに置き換えます。スクリプトは実行可能である必要があり、ラップトップがサスペンド(またはディスクへのサスペンド)から抜け出すたびに実行されます。

2
ema