it-swarm-ja.com

fstab:「dump」オプションと「fsck」オプションはいつ使用しますか?

Fstabの使用方法に関する素晴らしいチュートリアルを見つけました: http://www.tuxfiles.org/linuxhelp/fstab.html

このチュートリアルを使用して、SIMPLEマウントのニーズを正常に機能させることができました。しかし、記事では、「ここでは[dumpおよびfschkオプション]については詳しく説明しません(どちらも独自のtuXfileが必要です)」と述べています。

  1. 「ダンプ」オプションを使用するとどのような場合に適していますか? 「ダンプ」オプションをどのように使用しますか?
  2. 「fsck」オプションを使用するとどのような場合に適していますか? 「fsck」オプションはどのように使用しますか?

(私が間違っている場合は修正してください。ただし、ダンプオプションはマウントされたドライブの自動バックアップを設定するのに役立つ可能性があります(つまり、ネットワークドライブをマウントしてから、ネットワークドライブが現在ローカルドライブにあるローカルハードドライブに自動バックアップします)マウントされています)。

16

man 5 fstabから:

「5番目のフィールド(fs_freq)は、dump(8)コマンドによってこれらのファイルシステムに使用され、ダンプする必要があるファイルシステムを決定します。5番目のフィールドが存在しない場合、値0が返され、dumpはファイルシステムをダンプする必要はありません。」

これは、今日では実際には使用されていないと思います。私は何年もLinuxデスクトップとサーバーを管理してきましたが、ここでデフォルト設定を変更したことは一度もありません。ダンプは私のシステムのいずれにもインストールされていません!

「6番目のフィールド(fs_passno)は、ファイルシステムチェックが再起動時に行われる順序を決定するためにfsck(8)プログラムによって使用されます。ルートファイルシステムは1のfs_passnoで指定する必要があり、他のファイルシステムにはfs_passno of 2.ドライブ内のファイルシステムは順次チェックされますが、ハードウェアで利用可能な並列処理を利用するために、異なるドライブ上のファイルシステムが同時にチェックされます。6番目のフィールドが存在しないかゼロの場合、ゼロの値が返され、 fsckは、ファイルシステムをチェックする必要がないと想定します。」

これはおそらくもう少し賢明ですが、ここで説明するように、rootを1に設定し、その他すべてを2に設定します。

22
rems