it-swarm-ja.com

gpg:インポート失敗キーxxxxxxxx:有効なユーザーIDがありません

gpg(GnuPG)1.4.2で公開鍵をインポートしているときにこのエラーが発生します

gpg: armor header: Version: GnuPG v2.0.14 (GNU/Linux)
gpg: pub  xxxxx/xxxxxxxx 2012-05-25  abcd xyz <[email protected]>
gpg: DSA requires the use of a 160 bit hash algorithm
gpg: DSA requires the use of a 160 bit hash algorithm
gpg: key xxxxxxxx: invalid self-signature on user ID "abcd xyz <[email protected]>"
gpg: DSA requires the use of a 160 bit hash algorithm
gpg: DSA requires the use of a 160 bit hash algorithm
gpg: key xxxxxxxx: invalid subkey binding
gpg: key xxxxxxxx: skipped user ID "abcd xyz <[email protected]>"
gpg: key xxxxxxxx: skipped subkey
:pg: key xxxxxxxx: no valid user IDs
gpg: this may be caused by a missing self-signature
gpg: Total number processed: 1
gpg:           w/o user IDs: 1

オプションファイルに「allow-non-selfsigned-uid」を追加した後でも。 gpgは、このキーを使用して暗号化するのは安全ではないと述べています。これを修正するために公開鍵をエクスポートするときにしなければならないことはありますか?

5
Muzammil Rehman

gpgには、鍵の所有者によって発行された有効な署名が必要です。これは、ユーザーの説明と電子メールアドレスを実際の公開鍵にバインドするため重要です。そうしないと、この情報が任意に変更される可能性があります。この自己署名は壊れているようであるため、gpgはキーの使用を拒否します。

4
Skyr

また、バージョンの競合である可能性があります。キー(gpg v2.xから発信)には、古い1.4シリーズのgpgが理解できない機能が含まれている可能性があります。

(バージョン2.1以降でgpg --expertを使用して作成できる楕円曲線キーを使用して2.1より前のgpgをフィードしようとすると、同様の誤解を招くエラーメッセージが表示されます。)

3
John Doe