it-swarm-ja.com

kdeinit5がFedora 29で常に失敗する

Fedora 29 + KDE 5.14.5 + KDE Framework 5.59.0 + QT 5.11.3を使用しています。過去2日間、kdeinit5のクラッシュが多数発生しています。何が原因でクラッシュが発生するのかはわかりません。失敗につながる具体的なアクションはありません。ログでそのような情報を取得します:

localhost.localdomain plasmashell[2011]: QQuickItem::stackAfter: Cannot stack StatusNotifierItem_QMLTYPE_372(0x557f6d64dc00, parent=0x557f688f>
aug 27 15:43:35 localhost.localdomain plasmashell[2011]: file:///usr/share/plasma/plasmoids/org.kde.plasma.notifications/contents/ui/NotificationDelegate.qml:>
aug 27 15:43:35 localhost.localdomain systemd-coredump[5172]: Process 3301 (file.so) of user 1000 dumped core.

                                                                 Stack trace of thread 3301:
                                                                 #0  0x00007f8e509828b5 _ZN6QMutex4lockEv (libQt5Core.so.5)
                                                                 #1  0x00007f8e50b76186 _ZN10QTextCodec14codecForLocaleEv (libQt5Core.so.5)
                                                                 #2  0x00007f8e50a00569 _ZN7QString20fromLocal8Bit_helperEPKci (libQt5Core.so.5)
                                                                 #3  0x00007f8e50ad67b8 _ZN14QStandardPaths16writableLocationENS_16StandardLocationE (libQt5Co>
                                                                 #4  0x00007f8e51c35881 n/a (libKF5Crash.so.5)
                                                                 #5  0x00007f8e51c36362 n/a (libKF5Crash.so.5)
                                                                 #6  0x00007f8e51c36815 _ZN6KCrash19defaultCrashHandlerEi (libKF5Crash.so.5)
                                                                 #7  0x00007f8e50406600 .annobin_sigaction.c (libc.so.6)
aug 27 15:43:35 localhost.localdomain systemd-coredump[5173]: Process 3991 (file.so) of user 1000 dumped core.

                                                                 Stack trace of thread 3991:
                                                                 #0  0x00007f8e509828b5 _ZN6QMutex4lockEv (libQt5Core.so.5)
                                                                 #1  0x00007f8e50b76186 _ZN10QTextCodec14codecForLocaleEv (libQt5Core.so.5)
                                                                 #2  0x00007f8e50a00569 _ZN7QString20fromLocal8Bit_helperEPKci (libQt5Core.so.5)
                                                                 #3  0x00007f8e50ad67b8 _ZN14QStandardPaths16writableLocationENS_16StandardLocationE (libQt5Co>
                                                                 #4  0x00007f8e51c35881 n/a (libKF5Crash.so.5)
                                                                 #5  0x00007f8e51c36362 n/a (libKF5Crash.so.5)
                                                                 #6  0x00007f8e51c36815 _ZN6KCrash19defaultCrashHandlerEi (libKF5Crash.so.5)
                                                                 #7  0x00007f8e50406600 .annobin_sigaction.c (libc.so.6)
aug 27 15:43:35 localhost.localdomain audit[1]: SERVICE_STOP pid=1 uid=0 auid=4294967295 ses=4294967295 subj=system_u:system_r:init_t:s0 msg='unit=systemd-cor>
aug 27 15:43:35 localhost.localdomain audit[1]: SERVICE_STOP pid=1 uid=0 auid=4294967295 ses=4294967295 subj=system_u:system_r:init_t:s0 msg='unit=systemd-cor>
aug 27 15:43:36 localhost.localdomain kwin_x11[1996]: qt.qpa.xcb: QXcbConnection: XCB error: 3 (BadWindow), sequence: 42177, resource id: 123731979, major cod>
aug 27 15:43:37 localhost.localdomain abrt-server[5210]: Deleting problem directory ccpp-2019-08-27-15:43:35.946209-3301 (dup of ccpp-2019-08-26-17:08:51.2832>
aug 27 15:43:37 localhost.localdomain abrt-server[5210]: Lock file '.lock' is locked by process 2388
aug 27 15:43:38 localhost.localdomain abrt-notification[5253]: Process 4388 (kdeinit5) crashed in QMutex::lock()()
aug 27 15:43:40 localhost.localdomain abrt-server[5211]: Deleting problem directory ccpp-2019-08-27-15:43:35.962232-3991 (dup of ccpp-2019-08-26-17:08:51.2832>
aug 27 15:43:40 localhost.localdomain abrt-notification[5298]: Process 4388 (kdeinit5) crashed in QMutex::lock()()

私は他のすべてのSOトピックが同じ問題でチェックされており、明確な答えはありません。クラッシュを引き起こしている問題を誰かが私に指摘できますか?

編集1 xsessions-errorsに関連する行があるように見えます:

AppIconMgr::systemDesktopName log Desktop Name: /usr/share/xsessions/plasma 
Error: Send error, 22 Invalid argument
Error: Send error, 22 Invalid argument
Error: Send error, 22 Invalid argument
KCrash: Application 'kdeinit5' crashing...
KCrash: Attempting to start /usr/libexec/drkonqi from kdeinit
CSBConfUI::OnConfStatusChanged  UI_CMD_SHARE_READYqrc:/qml/JoinAudio.qml:71: TypeError: Cannot read property of null
qrc:/qml/JoinAudio.qml:72: TypeError: Cannot read property of null
[4424:4424:0827/185838.722928:ERROR:buffer_manager.cc(488)] [.DisplayCompositor]GL ERROR :GL_INVALID_OPERATION : glBufferData: <- error from previous GL command
KCrash: Application 'kdeinit5' crashing...
KCrash: Attempting to start /usr/libexec/drkonqi from kdeinit
KCrash: Application 'kdeinit5' crashing...
KCrash: Attempting to start /usr/libexec/drkonqi from kdeinit
KCrash: Application 'kdeinit5' crashing...
KCrash: Attempting to start /usr/libexec/drkonqi from kdeinit
KCrash: Application 'kdeinit5' crashing...
KCrash: Attempting to start /usr/libexec/drkonqi from kdeinit
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:26: TypeError: Cannot read property 'itemType' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:360: TypeError: Cannot read property 'isItemHovered' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:26: TypeError: Cannot read property 'itemType' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:360: TypeError: Cannot read property 'isItemHovered' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:26: TypeError: Cannot read property 'itemType' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:360: TypeError: Cannot read property 'isItemHovered' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:26: TypeError: Cannot read property 'itemType' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:360: TypeError: Cannot read property 'isItemHovered' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:26: TypeError: Cannot read property 'itemType' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:360: TypeError: Cannot read property 'isItemHovered' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:26: TypeError: Cannot read property 'itemType' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:360: TypeError: Cannot read property 'isItemHovered' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:26: TypeError: Cannot read property 'itemType' of undefined
qrc:/qml/AttendeeItemDelegate.qml:360: TypeError: Cannot read property 'isItemHovered' of undefined
5
sphinks

Fedora 29の新規インストールでまったく同じ問題が発生し、困惑しました。 @snegovikが指摘したように、イルカを閉じるとクラッシュが確実に発生し、それが原因で私は気が狂いました。 snegovikの回答による解決策はダウングレードすることですが、リポジトリは古いkf5-*パッケージをすでに削除しています。

しかし、まだ希望はあります。 Fedoraには、Kojiビルドシステムに古いパッケージがいくつかあり、kf5-*-5.58.0-1パッケージが利用可能です。

https://koji.fedoraproject.org/koji/buildinfo?buildID=1268224

かなりの数のパッケージがあるので、WebソースからURLを抽出しました。ここに私が実行したコマンドがあります:

Sudo dnf install \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/noarch/kf5-kio-doc-5.58.0-1.fc29.noarch.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-core-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-core-libs-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-devel-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-file-widgets-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-gui-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-ntlm-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-widgets-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-widgets-libs-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-core-debuginfo-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-debuginfo-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-debugsource-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-devel-debuginfo-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-gui-debuginfo-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm \
    https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/x86_64/kf5-kio-ntlm-debuginfo-5.58.0-1.fc29.x86_64.rpm

最後のステップは、パッケージを元に戻し、誤って5.59.0-1にアップグレードしないようにすることです。これを/etc/dnf/dnf.confに追加しました:

excludepkgs=kf5-kio kf5-*-*

kf5-*-*ではなくkf5-*を使用しました。アップグレードすると正常に見えるkf5-kdbusaddons.x86_64などの他のパッケージがあるためです。

4
rayting

申し訳ありません-まだコメントできません-回答セクションを使用する必要がありました。 KDE5を使用してFedora 29で同じ問題を見つけます。イルカを閉じた後、ほとんどこのエラーを取得します:

Kdeinit5が予期せず終了しました。
kdeinit5はバグレポートアドレスを提供しないため、このエラーを報告できません。

これはkf5- *の更新の結果です。 kf5- *バージョン5.58.0-1を使用して別のシステムを確認しました。

dnf update -x kf5-*

結果-エラーなし。 kf5- *バージョン5.58.0-1からkf5- *バージョン5.59.0-1へのアップデート:

dnf update

結果-エラー。

さらに掘り下げましたか:

  1. システムからNVIDIAドライバーを削除-nouveauでのみ実行。エラーが引き続き発生します。
  2. AMD RX580ビデオで別のシステムを使用-同じ結果:エラーが引き続き発生します。
  3. した: dnf reinstall kf5-*-同じ結果:エラーが引き続き発生します。

結論-このエラーは、特定のビデオドライバとは関係ありません。このエラーは、最新のkf5- *バージョン5.59.0-1アップデートのみに関連しています。残念ながら、サーバーからすでに削除されているため、kf5- *バージョン5.58.0-1にダウングレードすることはできません。

EDIT1 2019年9月3日:

週末はもう少し掘りました。 5.59.0以降のすべての最新バージョンのkf5-kioには、このバグがあります。 5.60.0と5.61.0もチェック

古い(kf5-5.58.0)ソースへのリンクを提供してくれてありがとう-それは私を救った!

これが私がしたことです:(もしあれば)Fedoraからのすべての保証がなくなると思いますが、これは私にとってはうまくいきます。それがあなたのシステムを壊しても私を責めないでください:-)

  1. システムにインストールされているすべてのアプリケーショングループのリスト-非表示のものも含めて(rootとして、または構成されている場合はSudoを使用):
   dnf group list --hidden
   Sudo dnf group list --hidden
  1. 必要な開発パッケージをすべてインストールし(しばらくかかる場合があります)、すべてが最新であることを確認します。
   dnf -y group install "C Development Tools and Libraries" "KDE Software Development" "KDE Frameworks 5 Software Development" "RPM Development Tools"
   Sudo dnf -y group install "C Development Tools and Libraries" "KDE Software Development" "KDE Frameworks 5 Software Development" "RPM Development Tools"

   dnf update
   Sudo dnf update
  1. ユーザーとしてkonsoleを開き、kf5-kio-5.58.0-1のソースをダウンロードします。
   wget https://kojipkgs.fedoraproject.org//packages/kf5-kio/5.58.0/1.fc29/src/kf5-kio-5.58.0-1.fc29.src.rpm
  1. ソースrpmをインストールします。
   rpm -Uvh kf5-kio-5.58.0-1.fc29.src.rpm
  1. 作成されたSOURCESディレクトリに移動します。
   cd ~/rpmbuild/SOURCES
  1. Kf5-kioのアーカイブを抽出:
   tar -xf kio-5.58.0.tar.xz
  1. 抽出したディレクトリをkio-5.59.0に移動します(これは不正行為です!:-)
   mv kio-5.58.0 kio-5.59.0
  1. このディレクトリを圧縮します。
   tar -cJf kio-5.59.0.tar.xz kio-5.59.0
  1. 「新しい」バージョンとリリースを表示するように.specファイルを変更します。
   sed -i -e "s/Version: 5.58.0/Version: 5.59.0/g" ~/rpmbuild/SPECS/kf5-kio.spec
   sed -i -e "s/Release: 1%{?dist}/Release: 33%{?dist}/g" ~/rpmbuild/SPECS/kf5-kio.spec
  1. 新しいsrcrpmをビルドします。
   rpmbuild --bs ~/rpmbuild/SPECS/kf5-kio.spec
  1. Src rpmを再構築します(ハードウェアに応じて5〜10分かかります)。
   rpmbuild --rebuild ~/rpmbuild/SRPMS/kf5-kio-5.59.0-33.fc29.src.rpm
  1. また、「debugsource」および「debuginfo」パッケージもビルドします(Fedoraで永久に無効にする方法を誰かに教えてもらえますか?):これらを削除して、kf5を更新します。
    rm -f ~/rpmbuild/RPMS/*/*debug*
    ls -las ~/rpmbuild/RPMS/*/*
    su
    dnf update %(user_home)/rpmbuild/RPMS/*/* 
  1. Dolphinを閉じて再度開いた後、もう一度閉じてみます。これ以上クラッシュすることはありません。

結論:バージョン5.58.0と5.59.0の間でkf5-kioパッケージに変更がありましたが、バージョン5.60.0と5.61.0に引き続き存在し、Dolphinの終了時にkdeinit5がクラッシュしていました。このバグ(KDE部分)を修正し、kf5バージョン5.59.0、5.60.0、および5.61.0に修正するバックポーティングを行った後にのみ、クラッシュは発生しなくなります。

3
snegovik

このバグはKDEへの this commit によって修正されるようです:

概要:すべてのQTextCodecは終了時にQCoreGlobalDataによって削除されるため、ヒープに割り当てる必要があります。 Qt 5.12より前のバージョンでは、それらを削除することもできません。

バグ:408797

Fedora 29のアップデートが提出されました Fedora-2019-01dfc11f76

上記のリンクをたどってビルドすると、その保留中の更新用のkf5-kio-5.90.0-2パッケージのkojiビルドにアクセスできます。 https://koji.fedoraproject.org/koji/buildinfo ?buildID = 1392448

そこからRPMをダウンロードしてインストールできます。バグのあるkf5-kio-core-5.59.0-2.fc29.x86_64.rpmライブラリが含まれているため、この問題を修正するにはfile.soのみをインストールする必要があることがわかりました。 Sudo rpm -Uvh kf5-kio-core-5.59.0-2.fc29.x86_64.rpm --nodepsを使用して、ビルドの他のRPMなしで個別にインストールできます。

このような依存関係を強制的にインストールして無視することは、一般的には良い考えではありませんが、ここでの-2ビルドは-1ビルドのこのバグを修正するだけなので、おそらく安全であり、今のところ問題はありません。そして、Fedora 29は遅かれ早かれアップデートをリリースするはずです。その時点で、dnfがすべてをアップデートします。

1
TrentP

他の2つの答えは、問題が何であるか、そして修正を待つ間に古いバージョンをビルドする方法を正確に説明しています。私は ここで詳細なスレッド も見つけました。ユーザーの1人がKDE_DEBUG=1環境変数の設定を提案しています。

私はそのルートが高速だったのでポストバックするのを忘れていたので、このようなものをシェルのスタートアップログインファイルに追加すると連帯性が高まります(例:~/.bash_profileではなく~/.bashrc):

export KDE_DEBUG=1

これにより、これを取得できなくなりますが、その他のクラッシュレポートも表示されなくなります。これが私のセットアップに及ぼした唯一の顕著な影響は、KDE_DEBUGが高DPI画面ではうまく機能しないようであったため、システム設定を使用してモニターを拡大しました。

これを行うと他の結果が出ると確信していますが、私が~/.bash_profileを編集していて、この「トリック」をここで指示したことは一度もないので、ポストバックすると思っていました...

0
svenevs