it-swarm-ja.com

LinuxでGnuPGのサブキーを削除する方法

GnuPGのLinux(L)Ubuntu 16.04で、私のOpenPGPサブキーを削除したいと思います。これは一種の「空白」の役に立たないキーです(以下のキーを参照してください33333333)。鍵サーバーにアップロードしていないので、取り消さずに削除してもいいと思います。

gpg2 --edit-key [email protected]

sec  rsa4096/11111111
     created: 2016-12-12  expires: 2017-12-12  usage: SC  
     confiance : ultime        validity: ultimate
ssb  rsa4096/22222222
     created: 2016-12-12  expires: 2017-12-12  usage: E   
ssb  rsa4096/33333333
     created: 2016-12-12  expires: never       usage:     
ssb  rsa4096/44444444
     créé : 2016-12-12  expires: 2017-12-12  usage: S   
[  ultimate ] (1). me <[email protected]>

「gpg> delkey 33333333」を試しましたが、次のメッセージが表示されました。

You must select at least one key.
(Use the 'key' command.)

次にgpg> key 33333333、そして私はこの結果を持っていました(listコマンドと同じ結果):

sec  rsa4096/11111111
     created: 2016-12-12  expires: 2017-12-12  usage: SC  
     confiance : ultime        validity: ultimate
ssb  rsa4096/22222222
     created: 2016-12-12  expires: 2017-12-12  usage: E   
ssb  rsa4096/33333333
     created: 2016-12-12  expires: never       usage:     
ssb  rsa4096/44444444
     créé : 2016-12-12  expires: 2017-12-12  usage: S   
[  ultimate ] (1). me <[email protected]>

次に何をすればいいですか?

14
etn

GnuPGのインタラクティブ--edit-keyメニューの動作は異なります。サブキーはkey [subkey-id]ではなくkey [key-index]で選択します。この場合、これはkey 2になります(上から2番目のサブキー、主キーはカウントされません)。

そうした後、行

ssb  rsa4096/33333333

に変わります

ssb* rsa4096/33333333

アスタリスクは選択されているキーを示します。 1つ以上のキーを選択した後、delkeyを実行して、選択したサブキーを削除します。 saveをお忘れなく!

16
Jens Erat