it-swarm-ja.com

Linuxのhostapdと同時にRTL8188CUSAPとクライアントモード?

RTL8188CUS WifiドングルをAPモードとクライアントモードの両方で同時に実行するように設定する方法を理解しようとしています。

Linuxでこれを行うにはどうすればよいですか?

hostapdは正常に実行されており、RTL8188のAP +クライアントモードについて少し前に読んだことを覚えていますが、どこにあるのか思い出せません。

追加情報

私はARM用のDebian4.7.2-5を使用しています。 Linuxカーネル3.4.90+。

私は、役立つ可能性があり、(私が思うに)関連する次のスレッドを見つけました:

リンク1ラズベリーパイのアクセスポイントとクライアントの両方に単一のワイヤレスアダプターを使用するにはどうすればよいですか?リンク2Linuxの単一インターフェイスでのWiFiアクセスポイントの作成

最初の最初のリンクを試しましたが、成功しませんでした。

[〜#〜]更新[〜#〜]

iw listをDebain8 Jessiex64で動作させることができました。

以下を出力します。

software interface modes (can always be added):

    * AP/VLAN
    * monitor

interface combinations are not supported

ただし、最新のドライバーのRealtekのリリースノートによると、RTL8188CUSはバージョンSTA+APの時点で4.0.0_5967.20121201などの同時モードをサポートしていると述べています。

これは、iw listの記述と矛盾しませんか?

そうでない場合、STA+APモードはどのように実現されますか?

[〜#〜] update [〜#〜]私はそれを理解しました。詳細については、私の回答を参照してください。

6
vaid

数週間の研究の後、なんとか問題を解決することができました。

簡単な答えは、

コマンドiwは、RTLチップの混合モードの兆候を検出しません。その理由は、RTLドライバーはデフォルトで混合モードをサポートしていないためです。

RealtekはこれをConcurrent modes、およびRTLドライバーは、デフォルトで、並行モード関連のコードがコメントアウトされた状態でコンパイルされます。

ドライバをコンパイルするにはwithコンカレントモードがアクティブになっているので、ソースコードの3行のコードのコメントを解除する必要があります。

サポートされている並行モードはSTA+STA, STA+AP, STA+P2P

ドライバーとRTL互換のHOSTAPDバージョンをコンパイルする方法についての私の完全なバックストーリーと完全なガイドは、次のリンクにあります。

http://randomstuffidosometimes.blogspot.se/2016/03/rtl8192cu-and-rtl8188cus-in-station-and.html

3
vaid

ネットワークカードによって異なります。私はRTL8188を所有していないので、手放せませんが、調べる方法を紹介できます。

コマンドを発行する必要があります

 iw list

そして、その豊富な出力の中で、次のようなものが見つかります。

Supported interface modes:
             * IBSS
             * managed
             * AP
             * AP/VLAN
             * monitor
    software interface modes (can always be added):
             * AP/VLAN
             * monitor
    valid interface combinations:
             * #{ managed } <= 1, #{ AP } <= 1,
               total <= 2, #channels <= 1, STA/AP BI must match
             * #{ managed } <= 2,
               total <= 2, #channels <= 1

APモードはアクセスポイントモード、managedは通常のクライアントモードで、これは私のカード用です。

サポートされているモードにAPmanagedの両方が表示されることを確認してから、有効なインターフェイスの組み合わせを確認する必要があります。私の場合、最初に許可される組み合わせは明らかに(同時)APの組み合わせです。および管理モード(ただし、それぞれ1つ以下)、提供同じチャネルが使用されます。あなたの場合は違うかもしれません。

これを機能させるには、同じNIC上に2つの異なる仮想インターフェイスが必要です。次のように行います。

service network-manager stop
iw dev wlan0 del
iw phy phy0 interface add new0 type station
service network-manager start
iw phy phy0 interface add new1 type __ap
hostapd -B /etc/hostapd.conf

まず、すべてを台無しにする独自の方法を持つネットワークマネージャーを停止し、次にnew0と呼ばれる物理インターフェイス上の仮想インターフェイスの名前をphy0に変更します(phy0と呼ばれない場合は、ケースに適合させます[SOMECODE] _、iw list)の出力から名前を取得し、ネットワークマネージャーを再起動して、仮想インターフェイスnew0を近くの​​APに接続できるようにします。

これで、タイプAPの新しいインターフェイスを同じハードウェアに追加できます(apの前にdouble underscoreがあることに注意してください)コマンドで)、最後にhostpadを開始します。

hostapdおよびルーティング/ DNS/DHCPの構成は特定のニーズに依存し、事前に確立することはできません。

4
MariusMatutiae