it-swarm-ja.com

Linuxファイルのアクセス許可が保持されていません

ルートとしていくつかのカスタムソフトウェアを展開しています(この状況で必要です)。

Shellで事前に所有者/グループをuser1:user1に設定し、すべてのファイルを644に設定してから、antを使用してコピーしてデプロイします。

ただし、ファイルがデプロイメントディレクトリからコピーされると、所有権はルートに戻り、すべてのファイルは666権限でインストールされます。

これは、ファイルが上書きされているか、新しく作成されているかに関係なく発生するようです。 cpmvコマンドにオプションを設定して権限を保持する方法があると思いますが、それは変更するコマンドがたくさんあります。どうすればこれを修正できますか?

インストールで常にファイルのアクセス許可が保持されるように、rootに対して一時的に変更できる設定はありますか?

2
yellavon

cp -pはあなたの許可を保持します。コピーを可能な限り最も近くにしたい場合は、「アーカイブ」オプションを使用できます:cp -acp --helpから、次のことを再確認できます。

-a, --archive                same as -dR --preserve=all

-p                           same as --preserve=mode,ownership,timestamps
  --preserve[=ATTR_LIST]   preserve the specified attributes (default:
                             mode,ownership,timestamps), if possible
                             additional attributes: context, links, xattr,
                             all
2
Claudio

いいえ。ただし、代わりに install を使用する必要があります。これにより、すべてを明示的に指定できます。