it-swarm-ja.com

Linux Mint 14を使用すると、ラップトップファンは常にオンになります

Linux Mint 14 Cinnamon64ビットを使用しています。ノートパソコンのファンが常にオンになっているという問題があります。ラップトップの詳細と取得した測定値:

Linux core-Inspiron-N7010 3.5.0-17-generic #28-Ubuntu SMP
    Tue Oct 9 19:31:23 UTC 2012 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

Sensors 
    acpitz-virtual-0 Adapter: Virtual device
    temp1:        +26.8°C  (crit = +100.0°C)
    temp2:         +0.0°C  (crit = +100.0°C)

radeon-pci-0200
Adapter: PCI adapter
temp1:        +75.5°C 

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0:       +54.0°C  (high = +95.0°C, crit = +105.0°C)
Core 2:       +52.0°C  (high = +95.0°C, crit = +105.0°C)

inxi -Fc 0

System:    Host: core-Inspiron-N7010 
Kernel: 3.5.0-17-generic x86_64 (64 bit)
Desktop: Gnome Distro: Linux Mint 14 Nadia
Machine:
    Mobo: Dell model: 0PJTXT version: A11 serial: .24XCSN1.CN486430B30123.
    Bios: Dell version: A11 date: 03/31/2011
CPU:
    Dual core Intel Core i5 CPU M 460 (-HT-MCP-)
    cache: 3072 KB
    flags: (lm nx sse sse2 sse3 sse4_1 sse4_2 ssse3 vmx)
       Clock Speeds: 
           1: 1199.00 MHz 2: 1199.00 MHz 
           3: 1199.00 MHz 4: 1199.00 MHz
       Graphics:
           Card: Advanced Micro Devices [AMD] nee ATI Manhattan 
               [Mobility Radeon HD 5400 Series]
           X.org: 1.13.0 drivers: ATI,radeon (unloaded: fbdev,vesa)
                tty size: 197x48 Advanced Data: N/A for root
       Audio:     
           Card-1: Intel 5 Series/3400 Series Chipset
                 High Definition Audio driver: snd_hda_intel 
                 Sound: ALSA ver: 1.0.25
           Card-2: Advanced Micro Devices [AMD] nee ATI Cedar HDMI Audio 
                [Radeon HD 5400/6300 Series] driver: snd_hda_intel
       Network:
           Card-1: Atheros AR8152 v1.1 Fast Ethernet 
               driver: atl1c
               IF: eth0 state: down mac: f0:4d:a2:57:71:f4
           Card-2: Broadcom BCM4313 802.11b/g/n Wireless LAN Controller
               driver: bcma-pci-bridge
               IF: wlan0 state: up mac: 1c:65:9d:7c:e8:5e
       Drives:    HDD Total Size: 128.0GB (3.2% used) 1: 
           id: /dev/sda model: SAMSUNG_SSD_830 size: 128.0GB
               Partition: 
                   ID: / size: 110G used: 3.8G (4%) fs: ext4 
                   ID: swap-1 size: 8.44GB used: 0.00GB (0%) fs: swap
       RAID:      No RAID devices detected - 
           /proc/mdstat and md_mod kernel raid module present
       Sensors:   System Temperatures: cpu: 26.8C mobo: 0.0C gpu: 76.0
       Fan Speeds (in rpm): cpu: N/A
       Info:      Processes: 162 Uptime: 17 min 
           Memory: 915.1/7847.5MB Client: Shell inxi: 1.8.4
5
numproc

Dell Inspironノートパソコンを使用しているようです。

BIOSファン制御を無効にするトリックとともにi8kutils(少なくとも1人の回答者によってすでに提案されている)を実行することで問題を解決できる可能性があります。完全を期すために、Dellノートパソコンのファン制御に関する一般的な注意事項とi8kutilsの完全な手順を記載します。

dellfandi8kutilsよりも古いため、まだ維持され、十分に文書化されているため、ì8kutilsが私の提案です。)

おそらくDellノートパソコンでは機能しないもの

ラップトップのファンを制御する2つの一般的で簡単な方法は、ACPIとPWMピンを使用することですが、残念ながら次のようになります。

  • デルのノートパソコンには [〜#〜] acpi [〜#〜] ファン制御機能がありません(* 1)

    • 結果として、ACPIブートパラメータなどを試してみると失敗します
  • Dell Latitudeラップトップ、そしておそらくInspironも、私が知る限り、pwmで制御可能なファンが不足しています(* 2)

    • 結果として、fancontrol/pwmconfigプログラムは機能しません

I8kutilsを使用する

SMM BIOS を介してDellInspironラップトップのファンを制御するために作成されたi8kutilsというパッケージ。何人かのユーザーがDellLaitudeラップトップでも成功を報告しています(私はDell Latitude E7440でもその1人です)-ただし、干渉を取り除くにはトリックが必要になることがよくありますBIOSファン制御。

インストールi8kutils

$ Sudo apt-get install i8kutils

それを試してみてください:

$ i8kfan 2 2     # set to max speed
$ i8kfan 0 0     # set to 0 speed

...そしてそれが機能するかどうかを聞いてください。

BIOSファン制御を無効にする

それが機能するが、他の何かが設定された速度で反撃している場合(Dell Latitudeラップトップの多くのユーザーによって報告されています)、これはスケジュールされたSMMセッションがファン速度を元に戻しているためです。幸い、SMMレジスタに書き込むことでBIOSファン制御を無効にする方法があります。

警告:smm.cの上部にある警告を参照してください。このメソッドはSMMレジスタに書き込みます。しかし、これが問題を引き起こしているというユーザーの報告はありません。また、これを試したすべてのレポートは、BIOSファン制御を無効にすることに成功したことを示しています。

i8kutilsにはプログラムのソースsmmが含まれていますが、i8kutilsパッケージにはコンパイルされたバイナリは含まれていません。 i8kutilsのソースコードをダウンロードし、プログラムsmmをコンパイルし、適切な引数を指定して実行し、SMMレジスタに書き込んでBIOSファン制御を無効にします。

構築に必要なパッケージをダウンロードします。

$ Sudo apt-get build-dep i8kutils

i8kutilsソースコードをダウンロードし、ディレクトリを抽出して入力します(正確な名前はi8kのバージョンによって異なります)。

$ apt-get source i8kutils
$ tar xvf i8kutils_1.33.tar.gz
$ cd i8kutils-1.33/

32ビットシステムの場合はsmmをコンパイルします。

$ make

(上記はgcc -g -O2 -Wall -I. -o smm smm.cを実行します。)

64ビットシステムの場合はsmmをコンパイルします。

$ gcc -g -O2 -Wall -I. -o smm -m32 smm.c

引数30a3を指定してsmmを実行し、SMMファン制御を無効にします。

$ Sudo ./smm 30a3

ここで、BIOSファン制御を無効にする必要があります。 i8kctlで速度を設定してみて、ファンの音を聞いて、速度が持続することを確認してください。

注:これは再起動と電源オフを持続させる設定です。 BIOSファン制御は$ Sudo ./smm 31a3で再び有効にできます。


* 1:公式の情報源を見ましたが、今は見つかりません。ハードウェアに不足していることを確認したい場合は、Ubuntu Wikiの「DebuggingACPI」の手順に従ってください(リンクを提供することは許可されていません)。

* 2:これを確認するには、pwmconfigを実行します。Sudo apt-get install fancontrolSudo pwm-configは、pwm対応のファンが存在するかどうかを示します。

4
Carl

これはi5プロセッサであり、Mobility Radeon HD5400シリーズグラフィックスカードを使用しているためです。つまり、デュアルグラフィックカードがあります。 RadeonグラフィックドライバはLinuxでは適切ではありません。 AMD Catalystドライバーをインストールするか、AMDカードを完全にシャットダウンする必要があります。

どちらにも独自の利点があります。たとえば、AMDは明らかにゲームに適していますが、Radeon HD 5400が、少なくともIntel hd 3000(Sandy Bridge)またはintel hd 4000(ivy bridge)と比較してどれほど優れているかはわかりません。また、Intelカードは、一部のゲーム(Steam上のTF2でも)をプレイできる一方で、バッテリー寿命を延ばし、動作を冷却します。

私が推測しているファンは、グラフィックカード(AMD)のファンが動いていることです。次のコマンドでそうであるかどうかを確認します。

$ Sudo su -
# echo OFF > /sys/kernel/debug/vgaswitcheroo/switch

最初にターミナルにrootとしてログインしてから、セカンダリカードの電源を切ります。しばらくするとファンがオフになります。

このコマンドを/etc/rc.local(exit 0の前)にコピーし、起動前にAMDをオフにすることができます。または、Intelの代わりにAMDドライバーをインストールする場合は、次の2つのリンクをたどってください。

https://wiki.ubuntu.com/Valve

http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=193045

注:上記の最初のリンクからCatalystドライバーをインストールしただけでは、デュアルグラフィックスの状況では機能しない場合があります。そのためには、/ etc/X11ディレクトリにxorg.confが必要な場合があります。 aticonfigがそのようなファイルを作成しない場合は、2番目のリンクからコピーすることができます。

ただし、次のコマンドを使用して、xorg.confでAMDカードの適切なポート番号を設定することをお勧めします。

$ lspci | grep VGA

注:両方を使用する予定の場合、現在、期待どおりに機能しません。たとえば、Catalystドライバーは最新のxserverドライバーをサポートしていません。

統合IntelカードとディスクリートAMDカードを触媒ドライバーを使用して切り替えることはできるかもしれませんが、触媒ドライバーのバグのためにIntelカードの3Dパフォーマンスが失われます。ただし、AMDカードを使用すると、ゲームのパフォーマンスが向上する可能性があり、ファンは現在よりも比較的低温で動作します。ラップトップのバッテリー寿命は、Intelカードほど長くはありませんが。

3
razor

私はコアi5 + AMDグラフィックスを持っていて、この問題を抱えています。 AMD独自のドライバーをインストールしようとしましたが、成功せず、ネット上にいくつかのソリューションがありました。

プロプライエタリドライバがないこの瞬間、私は(厄介な)回避策を見つけました:ラップトップの電源を入れて起動させ(ファンは完全にオンのまま)休止状態(ディスクに)してからPCをスリープ解除します。

ファンは正しく動作します:CPU /グラフィックスの使用に応じてスケールアップ/スケールダウンします。

0
Viriatvs

2つの主要なステップ:

  1. 明らかなコンポーネントのドライバーがLinuxでの電源管理をサポートしているかどうかを確認します。 CPUとファンは温度に基づいて速度を上げたり下げたりできますか。電力を節約するためにハードウェアをオフにすることはできますか?
    電源管理には、すべてのコンポーネントに専用のドライバーサポートが必要です。それは一つのことではありません。

  2. どのサービス/プロセスがラップトップをビジー状態に保つかを調べて、それらを無効にするかどうかを決定できます。 Intelの Powertop for linux を試して、ラップトップをビジー状態に保つデバイスを確認してください。

0
Henk Langeveld

グラフィックカード専用のドライバがインストールされていますか?デフォルトのものは、電源とファンの管理にあまり影響を与えないと思います。

0
ssmy

デルのファンを制御する特定のモジュールi8kがあります。インストールおよびロードされていることを確認してください。

Sudo apt-get install i8kutils 
Sudo modprobe i8k

まだ存在しない場合は、i8kを/etc/modulesに追加します。

Sudo echo "i8k" >> /etc/modules

dellfandと呼ばれるDellファンを制御するための気の利いた小さなプログラムもあります。そのサイト( http://dellfand.dinglisch.net/ )がダウンしているようですので、私が持っているコピーをアップロードしました ここ 。試してみる価値があるかもしれません。


ファンが常にオンになる原因となる可能性のあるもう1つのことは、CPUのスケーリングです。最新のシステムのほとんどは、現在のニーズに応じてCPU周波数をスケーリングします。 Linuxシステムでは、これは「CPUガバナー」によって制御されます。これが「オンデマンド」に設定されている場合、CPU周波数は、サーバーの現在の負荷に応じてスケールアップ/スケールダウンされます。 「パフォーマンス」に設定されている場合、CPUは常に可能な限り高い周波数で動作するため、より多くの熱が発生し、温度を制御するためにファンを常にオンにする必要があります。

次のコマンドで、どのガバナーが設定されているかを確認できます。

cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_governor

使用可能なオプションは次のとおりです。

  • パフォーマンス
  • パワーセーブ
  • ユーザースペース
  • オンデマンド
  • 保守的

あなたはそれらのそれぞれについてのより多くの情報を見つけることができます ここ

「オンデマンド」ガバナーを設定するには、次のようにします。

Sudo echo "ondemand" > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_governor
0
terdon

Dell Inspiron 5548では、「acpi_osi = Linux」をGrub構成に追加して、SpeedStepを起動し、CPU周波数を調整する必要がありました。このようにして、ファンはもはや最高速度ではありません。

0

ファンが常にオンになっていることに関して:私はMINT14がインストールされたソニーのvaioを持っています。私の解決策は、BIOSセットアップに入り、ディスクリートグラフィックカードをオフにすることでした。グラフィックカードのドライバが原因であると私に信じさせました。

0
kenroy