it-swarm-ja.com

LinuxMintのコンソールからディスプレイの解像度をリセットする

VMware Workstation8にLinuxMint 13 XfceがありますVMそして解像度を800x600から1280x768に設定しましたが、ログインしようとすると永久にログアウトします。
xorg.conf日で以前の解像度に戻す方法は知っていましたが、LinuxMintはxrandrを使用するようになりました。これは、Xが実行されていないため、実行時に表示されません。 (もちろんそうではありません-GUI経由でログインできません)。

/etc/X11/Xsession.d/というファイルでDebianベースのシンクライアントの解像度を構成したので、/etc/X11/Xsession.d/91configure_displayに構成ファイルがあることを知っていますが、そのファイルはLinux MintVMに存在しません。

では、コンソールからX画面の解像度をリセットするにはどうすればよいですか?

編集:コンソールで解像度を変更できないことを伝えるのを忘れました:

# xrandr -s 800x600
Can't open display

このメッセージは、xrandrまたはxrandr -s *resolution*を使用するたびに表示されます。

更新:私はbWowkが提案したことを試しました:

# export DISPLAY=:0.0
# xrandr -s 800x600
No protocol specified
No protocol specified
Can't open display :0.0

だから、それもうまくいきません。 Xが起動するたびに実行される設定ファイルはありませんか?
Xは実行中です-ps aux | grep Xは、1つのプロセス/usr/bin/Xが実行中であることを示しています。

3
wullxz

Xが実行されていないのですか、それともXfceだけですか?

ライブXセッションがある場合は、次のことを試してください。

export DISPLAY=:0.0

その後:

xrandr -s 0

これにより、デフォルトの解像度にリセットされます。また、独自の解像度を選択できます。

xrandr -s 800x600
2
bWowk