it-swarm-ja.com

LinuxMint-ウィンドウの位置とサイズを覚えておいてください

今日、Linux Mint Mateをデフォルト構成でインストールしましたが、ウィンドウを閉じた後、ウィンドウのサイズと位置を忘れてしまうという厄介な習慣があります。左上隅ですべてが再開されます。私はそれがWindowsのように振る舞うことを望みます。解決策はありますか?

7
Dmitry Chornyi

いくつかのことをして、それがどうなるか見てみましょう。 Compizは、メイトデスクトップにあるウィンドウマネージャーです。次の手順を実行します。

  1. メニューを開き、「スタートアッププログラム」を検索します。それを開き、これらの詳細を使用して新しいスタートアッププログラムを作成します。

    Name: Compiz
    Command: compiz --replace --fast-filter
    Comment: OpenGL window and compositing manager 
    
  2. スタートアッププログラムの下で、remember all processes running in next rebootというオプションが有効になっていることを確認してください。

  3. Linux Mint mateには、「marco」と呼ばれる2番目のウィンドウマネージャーが動作するバグがあり、CPUスパイクが発生します。これらの手順を使用して無効にする必要があります。

このコマンドSudo apt-get install mateconf-editorを使用して、ターミナルからパッケージ「mateconf-editor」をインストールします。インストール後、ターミナルにmateconf-editorと入力します。エディターが開いたら:/desktop/mate/session/required_components/windowmanagerに移動し、"marco""compiz"に置き換えます。

次の再起動で、CPUスパイクが下がっていない場合は、marcoバイナリを移動するだけで、デフォルトで起動が停止します。ターミナルをもう一度開いて、これをSudo mv -f /usr/bin/marco /usr/bin/marco.bkpにします。

  1. メニューで'Compiz Config Settings Manager'を検索すると、すべてのcompiz関数が見つかります。必ず'Window Decoration'を有効にしてください。あなたはそこですべての派手な効果を自由に与えることができます。

再起動してください。これで問題が解決するはずです。

4
paintbox

私はまったく同じ問題を抱えていました。 MATE Gnome 2.Xのように構成されており、ウィンドウのタイトルバーが上部パネルの下に表示されていました。

上記の答えに加えて、Compizが正しくインストールされ、唯一のウィンドウマネージャーとして構成されたら、[Compiz Config Settings Manager]に移動し、[WindowManagement]の下の[PlaceWindows]にチェックマークが付いて構成されていることを確認します。 「ウィンドウを配置」をクリックします。 [全般]タブで、配置モードを変更できます。個人的には、「カスケード」は私にとって非常にうまく機能していると思います。幸運を!

1
Michael Ching