it-swarm-ja.com

PIEなしでFFMPEGとLibaomをコンパイルするにはどうすればよいですか

Ubuntu18.04のgccコンパイラとg ++コンパイラがデフォルトで次のオプションを有効にしているため、ソースからFFMPEGとLibaomをコンパイルしようとしています:--enable-default-pie

$ gcc -v
Using built-in specs.
COLLECT_GCC=gcc
COLLECT_LTO_WRAPPER=/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/7/lto-wrapper
OFFLOAD_TARGET_NAMES=nvptx-none
OFFLOAD_TARGET_DEFAULT=1
Target: x86_64-linux-gnu
Configured with: ../src/configure -v --with-pkgversion='Ubuntu 7.3.0-16ubuntu3' --with-bugurl=file:///usr/share/doc/gcc-7/README.Bugs --enable-languages=c,ada,c++,go,brig,d,fortran,objc,obj-c++ --prefix=/usr --with-gcc-major-version-only --with-as=/usr/bin/x86_64-linux-gnu-as --with-ld=/usr/bin/x86_64-linux-gnu-ld --program-suffix=-7 --program-prefix=x86_64-linux-gnu- --enable-shared --enable-linker-build-id --libexecdir=/usr/lib --without-included-gettext --enable-threads=posix --libdir=/usr/lib --enable-nls --with-sysroot=/ --enable-clocale=gnu --enable-libstdcxx-debug --enable-libstdcxx-time=yes --with-default-libstdcxx-abi=new --enable-gnu-unique-object --disable-vtable-verify --enable-libmpx --enable-plugin --enable-default-pie --with-system-zlib --with-target-system-zlib --enable-objc-gc=auto --enable-multiarch --disable-werror --with-Arch-32=i686 --with-abi=m64 --with-multilib-list=m32,m64,mx32 --enable-multilib --with-tune=generic --enable-offload-targets=nvptx-none --without-cuda-driver --enable-checking=release --build=x86_64-linux-gnu --Host=x86_64-linux-gnu --target=x86_64-linux-gnu
Thread model: posix
gcc version 7.3.0 (Ubuntu 7.3.0-16ubuntu3)

--extra-ldexeflags="-no-pie -fno-pic -fno-pie"を渡そうとしましたが、役に立ちませんでした。 libaomをコンパイルしようとすると、同じ問題が発生します。古いバージョンのgccをインストールしようとしましたが、5.Xでもこの--enable-default-pieオプションがデフォルトで有効になっているため、適切ではありません。どうやらこのオプションはUbuntu18.04で強制されており、それを回避する方法はありません。

Libaomをインストールしようとしたときの私のエラーです:

64%] Linking CXX executable examples/decode_with_drops
/usr/bin/x86_64-linux-gnu-ld: libaom.a(fwd_txfm_ssse3_x86_64.asm.o): relocation R_X86_64_32 against `.rodata' can not be used when making a PIE object; recompile with -fPIC
/usr/bin/x86_64-linux-gnu-ld: libaom.a(quantize_ssse3_x86_64.asm.o): relocation R_X86_64_32 against `.rodata' can not be used when making a PIE object; recompile with -fPIC
/usr/bin/x86_64-linux-gnu-ld: libaom.a(subpel_variance_sse2.asm.o): relocation R_X86_64_32 against `.rodata' can not be used when making a PIE object; recompile with -fPIC
/usr/bin/x86_64-linux-gnu-ld: libaom.a(highbd_subpel_variance_impl_sse2.asm.o): relocation R_X86_64_32 against `.rodata' can not be used when making a PIE object; recompile with -fPIC
/usr/bin/x86_64-linux-gnu-ld: final link failed: Nonrepresentable section on output
collect2: error: ld returned 1 exit status
CMakeFiles/decode_with_drops.dir/build.make:155: recipe for target 'examples/decode_with_drops' failed
make[2]: *** [examples/decode_with_drops] Error 1
CMakeFiles/Makefile2:936: recipe for target 'CMakeFiles/decode_with_drops.dir/all' failed
make[1]: *** [CMakeFiles/decode_with_drops.dir/all] Error 2
Makefile:129: recipe for target 'all' failed
make: *** [all] Error 2

[編集]:ffmpegコンパイルコマンドを追加します。

私のコマンドに投稿されたUbuntuコンパイルガイドに従っていましたが、少し異なっていました。サーバーにffmpegをインストールし、libsrt(Haivision Secure Reliable Transport Protocol)とlibaom(AV1)を有効にしているため、ffplayを無効にしました。また、ダウンロードリンクを変更して、最新のナイトリービルドではなく安定した4.0バージョンをダウンロードするようにしました。これは私のffmpegコンパイルコマンドです:

cd ~/ffmpeg_sources && \
wget -O ffmpeg-snapshot.tar.bz2 https://ffmpeg.org/releases/ffmpeg-4.0.tar.bz2 && \
tar xjvf ffmpeg-snapshot.tar.bz2 && \
cd ffmpeg-4.0 && \
PATH="$HOME/bin:$PATH" PKG_CONFIG_PATH="$HOME/ffmpeg_build/lib/pkgconfig" ./configure \
  --prefix="$HOME/ffmpeg_build" \
  --pkg-config-flags="--static" \
  --extra-cflags="-I$HOME/ffmpeg_build/include" \
  --extra-ldflags="-L$HOME/ffmpeg_build/lib" \
  --extra-libs="-lpthread -lm" \
  --bindir="$HOME/bin" \
  --enable-shared \
  --enable-gpl \
  --enable-nonfree \
  --enable-ladspa \
  --enable-libsrt \
  --enable-libsoxr \
  --enable-libspeex \
  --enable-avfilter \
  --enable-avresample \
  --enable-postproc \
  --enable-pthreads \
  --enable-libfdk-aac \
  --enable-libopus \
  --enable-libass \
  --enable-libtheora \
  --enable-libvorbis \
  --enable-libvpx \
  --enable-libx264 \
  --enable-libx265 \
  --enable-libfreetype \
  --enable-libkvazaar \
  --disable-ffplay \
  --enable-libopenjpeg \
  --enable-libwebp \
  --enable-libxvid \
  --enable-libvidstab \
  --enable-libopenh264 \
  --enable-zlib \
  --enable-openssl && \
PATH="$HOME/bin:$PATH" make -j8 && \
Sudo make install && \
hash -r
3

別のgccをインストールしたり、PIEの問題に対処したりすることなく、libaomのコンパイル手順を含めるようにガイドを更新しました。

cd ~/ffmpeg_sources && \
git -C aom pull 2> /dev/null || git clone --depth 1 https://aomedia.googlesource.com/aom && \
mkdir aom_build && \
cd aom_build && \
PATH="$HOME/bin:$PATH" cmake -G "Unix Makefiles" -DCMAKE_INSTALL_PREFIX="$HOME/ffmpeg_build" -DENABLE_SHARED=off -DENABLE_NASM=on ../aom && \
PATH="$HOME/bin:$PATH" make && \
make install

これらの指示は変更される可能性があります。最新の手順については、常に FFmpeg Wiki:Compiling for Ubunt を参照してください。

次に、ガイドに示されているようにffmpegをコンパイルします。

3
llogan

そのため、問題はgcc7コンパイラに--enable-default-pieが組み込まれていることでした。そのため、解決策は-no-pieフラグと-fno-pieフラグを使用してgccを再コンパイルするか、パイをサポートしないバージョンをインストールすることでした。 Knud Larsenが提案したように、私はgcc-5.4.0をインストールし、このバージョンを指すようにgccとg ++をリンクしました。

Sudo rm /usr/bin/gcc /usr/bin/g++
Sudo ln -s /usr/bin/gcc54 /usr/bin/gcc
Sudo ln -s /usr/bin/g++54 /usr/bin/g++

その後、コンパイルフォルダで実行されます

make clean 
make distclean 

ffmpegを再コンパイルすると、問題が解決しました。終了したら、gccg++を、インストールした最新バージョン(私の場合は7)に再リンクすることをお勧めします。

1