it-swarm-ja.com

ttyセッションとxorgセッションを切り替える方法

私のxorgセッションはtty1上にあり、ttyからコマンドを発行したい場合(何らかの理由でxorgセッションから実行できないため)、 Ctrl+Alt+F2たとえば、コマンドを入力します。しかし、xorgセッションがないため、最初以外はttyからグラフィカルアプリケーションを起動できません。次に、xorgセッションが実行されているtty1に切り替えて、セッションに戻る方法を知りたいのですが。

30
itun

xorgセッションが実行されているtty1に切り替えてセッションに戻すにはどうすればよいですか?

Xはtty1で実行されていますが、tty2では実行されていません。 ttyは「仮想端末」です。つまり、実際の物理的な画面やキーボードなどを表すことになっています。端末はすべて同時にオンになりますが、一度に1つと接続するのに十分なハードウェアしかないため、これが得られます。 。

実際、異なるttyで複数のXセッションを実行し、それらを切り替えることができます。最初に有効な~/.xinitまたは~/.Xclientsが必要です。そうでない場合、例として:

echo -e "#!/bin/sh\n mwm" > ~/.xinit
chmod u+x ~/.xinit

まず、コマンドラインからmwmが存在することを確認します。 「コマンドが見つかりません」と表示されていなければ問題ありません。 tty2からstartxを試してください。

全体主義を行うディスプレイマネージャーがない場合は、大きな[〜#〜] x [〜#〜]マウスカーソルのある真っ黒なウィンドウが表示されます。左クリックすると、大まかに見えるメニューが表示され、そこから「終了」できます。しかしその前に CtrlAltF1 tty1のotherXセッションに移動します(F2を押すと戻ります)。

13
goldilocks

次のキーを押すと、説明したとおりにttyを切り替えることができます。

  • Ctrl+Alt+F1 :(tty1 xはubuntu 18.04以降にあります)
  • Ctrl+Alt+F2 :(tty2)
  • Ctrl+Alt+F3 :(tty3)
  • Ctrl+Alt+F4 :(tty4)
  • Ctrl+Alt+F5 :(tty5)
  • Ctrl+Alt+F6 :(tty6)
  • Ctrl+Alt+F7 :(ubuntu 14/16を使用する場合、tty7 xはここにあります)

あなたも使うことができるかもしれません Alt+Left/Right

ディストリビューションによって、これらの割り当てが異なることに注意してください。たとえば、RHEL 6はXサーバーをtty1に割り当て、「ダム端末」/「コンソール」をtty2-7に割り当て、RHEL 5はコンソールをtty1-6に割り当て、x.orgをtty7に割り当てます。一部のx.orgセットアップでは、ランダムコンソールへの切り替えがさらに困難になります。たとえば、RHEL 5.5にはtty1に切り替えるための専用のx.orgキーがあり、そこからtty2-6に簡単にアクセスできます。

関連:

23
jmunsch

または、chvtコマンドを使用することもできます-たとえば、Sudo chvt 1はTTY1に切り替え、Sudo chvt 7を再びXセッションに切り替えます。詳細は here を参照してください。

19
Priidu Neemre

DISPLAY環境変数を:0に設定して、tty1がディスプレイプロバイダーであることを確認します。 tty2などの場合は、:1に設定できます。

tty2で以下のコマンドを実行するだけです。

export DISPLAY=:0
0
Seyed Morteza