it-swarm-ja.com

Ubuntu 9.10X再起動ループでスタック-私は思う

Ubuntuを試してみると、インストールはうまくいきました-独自のnVidiaドライバーにアップグレードしましたが、再起動時にログインプロンプトが表示され、Xserverが起動しようとして失敗したかのように画面が非常に速く点滅し、画面が表示されていないときに入力できますそのままの「フラッシュ」であり、非常に高速でランダムであるため、一部の文字が欠落していない限りログイン名を入力することさえ困難です。これにより、パスワードの入力(つまり、どの文字がそれを行ったかどうかを確認できない)が非常に困難になります。

ライブCDに再度ログインして設定を変更することはできますが、Xを停止して起動時に開始を停止する方法さえわかりません。彼らはすべてを動かしたようです:-p

そうしたいです:

  • Xがクラッシュして異常になるのを防ぎます(実際にXserverの場合)
  • Xが起動時に起動しないようにする方法を知っています。インタラクティブ起動もデフォルトでオフになっているようです

更新:一時的な回避策は、sshを有効にし、ネットワーク経由でボックスに接続するだけのようです-sshは正常に機能しているようです:-p

乾杯、クリス

無限のリスポーンを適切に修正するには、リカバリモードで開始し、/ etc/init /gdm.confを編集します。 「リスポーン」行を削除またはコメント解除します。

これでマシンを再起動できますが、gdmはまったく起動しません。ターミナルにログインして、元の問題(おそらくドライバーの問題)を診断し、Xを再開できるようになったら、リスポーン行のコメントを解除してシステムを再起動できます。

これはランチパッドの既知のバグです: #431166

1
qedi

ログインできる場合は、「Sudo killall gdm」と入力すると、デフォルトのUbuntuディスプレイマネージャーが強制終了されます。そうでない場合は、Ubuntu CDを使用して起動し、ファイル/ usr/sbin/gdmを見つけて、名前を「gdm.not」などに変更します。これにより、ttyを起動して、(おそらく)原因となっているNVidiaドライバーを削除できます。適性の使用に問題があります。 gdm.notの名前をgdmに戻し、再起動します。

1
CarlF

同じ点滅画面が表示されます。フラッシュを停止するためにDellD610で行うことは、コンピュータを再起動してEscape(ESC)を押してから、リカバリモードでカーネルを起動することです。これで点滅が止まり、コマンドラインを問題なく使用できます。

0
imBuzu

コンソールを使用している場合は、Ctrl-Alt-F1を押して(壊れたGUIログインから)テキストベースの仮想端末にアクセスしてみてください(F2-F6を使用することもできます。X仮想端末に切り替えてください)。 Ctrl-Alt-F7を使用)。

そこにログインできる場合は、Sudo /etc/init.d/gdm stopを使用してXサーバーをシャットダウンします。次に、Aptitude、apt-get、またはその他のコマンドラインツールを使用して、プロプライエタリなNVidiaドライバーを見つけてアンインストールするか、ドライバーを再構成して機能させることができます。 startxコマンドを使用して変更をテストします(Xはvt7で実行されるため、テキストコンソールに戻す必要がある場合は、Ctrl-Alt-F1を使用してください)。動作するようになったら、再起動するか、Sudo /etc/init.d/gdm startを実行して、通常のGDM機能を再開できます。


Grubブートメニューの「recovery」エントリを使用して、コマンドラインから直接起動できます。これにより、メンテナンスモードで起動し、rootとしてログインし、必要に応じてシステム操作を実行できるようになります。

0
quack quixote

以下は私のために働いた

  • グラブがロードを開始したら、ヒットEsc
  • ブートメニューから「(リカバリモード)」を選択します
  • リカバリメニューからnetrootを選択します
  • /etc/X11/xorg.confを編集し、「デバイス」セクションに「ドライバ「sis」」を追加します。
  • リブート

http://www.mail-archive.com/[email protected]/msg90264.html

0
franqueli