it-swarm-ja.com

UnixコマンドまたはC関数の後の括弧と番号はどういう意味ですか?

UnixやLinuxやCの関数ではコマンドの後に括弧と数字が続きます。

たとえば、man(8)、ftok(2)、mount(8)などです。

これらはどういう意味ですか?私はそれらを人にも見かけます。

218
Malfist

マンページセクション.

  1. すべてのユーザーが使用できる共通のUNIXコマンド。例えばls(1)
  2. UnixとCのシステムコールmmap(2)
  3. Cプログラム用のCライブラリルーチンsystem(3)
  4. 特別なファイルsudoers(4)
  5. システムファイルフォーマットlmhosts(5)
  6. ゲームfortune(6)
  7. その他regex(7)
  8. Rootだけが実行するシステム管理コマンド。 iwconfig(8)
  9. (?Linux特有のもの)例.ksoftirqd(9)

セクションの背後にある理由は、マニュアルページを共有するものがあるということです - mkdir(1)はCプログラムでディレクトリを作成するのに使用できるシステムコールですが、mkdir(2)はディレクトリを作成するのに使用されるコマンドです。したがって、さまざまなセクション。

注釈付きの参考文献 [1,2] (提案どおり):
http://www.gsp.com/support/man/ - セクションに従って整理されたFreeBSDのマンページ
http://manpages.unixforum.co.uk/man-pages/linux/suse-linux-10.1/ - SUSEのマンページセクションに従って配置
http://www.december.com/unix/ref/mansec.html - さらに別のマンページセクションの表。リストの最初の基礎(詳細はこの記事の以前の編集を参照してください)

[1]説明と例は、私の頭の中での自発的な出来事です。
[2]それが学術的に正しいというわけではないが、参照を求めることはウィキペディアの成長を遅らせたものの1つです。懐疑論者は他の人にすべてを参照させようとしており、貢献者の中には方法で答えようともせずに困っている人がいます。プール(それらは単に彼らの追加にタグ付けされたreference-requestタグを取得し、コンテンツは削除されません...)

218
bubu

man manからの抜粋:

The table below shows the section numbers of the manual followed by the types 
of pages they contain.
  1   Executable programs or Shell commands
  2   System calls (functions provided by the kernel)
  3   Library calls (functions within program libraries)
  4   Special files (usually found in /dev)
  5   File formats and conventions eg /etc/passwd
  6   Games
  7   Miscellaneous (including macro  packages  and  conven‐
      tions), e.g. man(7), groff(7)
  8   System administration commands (usually only for root)
  9   Kernel routines [Non standard]
83
ssapkota

番号は、コマンドまたはC関数が含まれているマニュアルページのセクションを表します。

そのため、次のコマンドを実行することでmount(8)のmanページにアクセスできます。

man 8 mount

あるいはftok(2)のように:

man 2 ftok
36
Wuffers

それらは伝統的なUnixのマニュアルページのセクション番号です。あなたの質問は、1年前のUnixおよびLinuxStack Exchangeですでに回答されています。マニュアルページの数字は?を意味します。

12
JdeBP

これらはmanセクション番号です。

Linuxのmanページのセクションと例:

  • 1 - プログラムまたはシェルコマンド - cp、rm、dd、およびps。
  • 2 - システムコール - fork、exec、ioctl、およびpoll。
  • 3 - ライブラリ呼び出し - printf、malloc、pthread_ *呼び出し、cos、sin、tanなど.
  • 4 - デバイスnull(/ dev/null)、ポート、ランダム、lp。
  • 5 - ファイル形式 - ユーザー、グループ、ホスト、Host.equiv。
  • 6 - ゲーム。
  • 7 - その他(概説) - glob、intro、tcp、uri、url、locale。
  • 8 - Sys Adminコマンドとデーモン - arp、mount、route、useradd、userdelなど.

linuxのmanセクションのリストとUnix System Vの変種(Solaris、BSD、SCO、Venixなど)のmanセクションのリストには違いがあります。詳細は のmanページのwiki から。

興味深いことに、有名なUnixとCの作成者であるKen ThompsonとDenis Ritchieが最初のmanページを書きました - 彼らのマネージャの主張で。それはおなじみのようですか?

Linuxのmanエントリに特定のセクション番号を選択する(printfにはセクション1と3にエントリがあります)。

man 3 printf

cfdiskのすべてのmanエントリを表示するには(1ページのqENDを使用して、次のページに移動します。

man -a cfdisk

特定のコマンドのすべてのエントリを一覧表示するにはaproposを使用します。

apropos cfdisk
3
suspectus

これらはセクション番号です。 mountのセクション2を読みたいのなら、以下を実行してください。

man 2 mount

いくつかのmanページは複数のセクションを持っています。

3
jftuga

マニュアルのセクション番号です。昔のことに、これはその特定のマニュアルページを含んでいた物理的な結合剤に言及しました。

最近のLinuxシステムのmanのマンページから:

   1   Executable programs or Shell commands
   2   System calls (functions provided by the kernel)
   3   Library calls (functions within program libraries)
   4   Special files (usually found in /dev)
   5   File formats and conventions eg /etc/passwd
   6   Games
   7   Miscellaneous  (including  macro  packages  and  conventions), e.g.
       man(7), groff(7)
   8   System administration commands (usually only for root)
   9   Kernel routines [Non standard]
2
Flup

Arch Linux上の非標準のものを含むマンページセクション:

0     Header files
0p    Header files (POSIX)
1     Executable programs or Shell commands
1p    Executable programs or Shell commands (POSIX)
2     System calls (functions provided by the kernel)
3     Library calls (functions within program libraries)
3n    Network Functions
3p    Perl Modules
4     Special files (usually found in /dev)
5     File formats and conventions eg /etc/passwd
6     Games
7     Miscellaneous  (including  macro  packages and conventions), e.g. man(7), groff(7)
8     System administration commands (usually only for root)
9     Kernel routines
l     Local documentation
n     New manpages

(konquerorを使用するというアイデアを提供してくれた@ greg0ireに感謝)

0