it-swarm-ja.com

VirtualBoxの未処理の孤立したiノードリストVM

最近、VirtualBox VMを使用しているときに、システムがクラッシュしました。後ほど、VMが起動しなくなりました(私はVagrantを使用しています。)トラブルシューティングで、VirtualBox GUIをオンにしたところ、VM起動しなくなったのは、次のエラーが原因です。

Couldn't remount RDWR because of unprocessed Orphan inode list.

Googleでこのエラーを検索したところ、ファイルシステムの破損が原因である可能性がありますが、単純なアンマウント/再マウントで解決できる場合があります。残念ながら、これを行うためにコンソールにアクセスすることはできません。少なくとも方法がわかりません。コンソールなしでこのエラーを修正できる方法はありますか、またはその代わりに、仮想ハードドライブをマウントできなくても、VMでコンソールにアクセスできる方法はありますか?

16
Anthony Hilyard

今朝この問題をなんとか解決した。他の誰かがこの問題に遭遇した場合に備えて行った手順は次のとおりです。

起動可能なLinux .isoをダウンロードします。

私は自分のVMでUbuntu 14.04 x64を実行しているので、64ビットのUbuntu 14.04インストール.isoを here からダウンロードすることにしました。ファイルシステムをサポートしていて、それに慣れている場合は、どのリリースをダウンロードするかは問題ではありません。

VMに仮想CD-ROMとして.isoファイルをマウントします。

コンソールからvirtualboxを実行して、Virtual Box構成GUIを開きます。そこから、[設定]-> [ストレージ]-> [CD/DVDデバイスの追加]-> [ディスクの選択]に移動します。ダウンロードした.isoファイルを参照します。

。isoファイルから起動します。

VMコマンドを使用してvagrant upで起動プロセスを開始します。起動中に、起動デバイスを選択するためにキーを押すように求められます(私にとってはF12)。次に、ブートするCD-ROMを選択します。ダウンロードした.isoがブートするはずです。Ubuntuを使用している場合は、Ubuntuを試すを選択してください。次に、ターミナルウィンドウを起動します。

ディスクをアンマウントしてfsckします

端末で、最初に仮想HDDをアンマウントする必要がある場合があります。ディスクが/dev/sda1の場合は、次のコマンドを使用します。

Sudo umount /dev/sda1

次に、ディスク上でfsckを実行できます。

fsck /dev/sda1

修正を確認したら、VMを再起動します。すべてが正常に戻るはずです。

35
Anthony Hilyard