it-swarm-ja.com

Wake On LANは、Windowsのシャットダウン後に機能しますが、Linuxでは機能しません

私のコンピューターは、Windows10とArchLinuxのデュアルブートです。現在、Windows 10からコンピューターをシャットダウンした場合、Windowsからシャットダウンした後に使用すると、wake on lanは正常に使用できますが、最後にLinuxを使用した場合はまったく機能しません。リストされている4つのステップすべてを試しました ここ Windowsドライバーをロールバックする以外に、WOLをセットアップするためのすべてのステップが見つかりました ここ

WOLを両方のOSで動作させる方法について誰かがアイデアを持っていますか?

2
Kironide

私は現在、WindowsとLinuxOSを組み合わせたDell/HPハードウェアでWOLを使用しています。私が有効にした唯一の設定はBIOS(OSには何もありません)であり、それはちょうど機能しました。

OSレベルでのいくつかの設定について説明している次のリンクを見つけたので、正しく設定されているかどうかを確認できます。

Linux

Ubuntuには、マシンがWoLをサポートしているかどうかを確認し、それを有効にできる優れたツールがあります。ターミナルを開き、次のコマンドで「ethtool」をインストールします。

Sudo apt-get install ethtool

次のコマンドを実行して、互換性を確認できます。

Sudo ethtool eth0

デフォルトのインターフェースが他のものである場合は、「eth0」の代わりに使用してください。

「Wake-onのサポート」セクションを探してください。リストされている文字の1つが「g」である限り、WoLに魔法のパケットを使用できます。このオプションを有効にするには、次のコマンドを使用します。

Sudo ethtool -s eth0 wol g

Fingなどのアプリを使用してMagic Packetを送信し、MACアドレスを絞り込みます

  1. LinuxOSの電源を入れます
  2. Fingbox を起動します
  3. LANをスキャンして、LinuxボックスのMAC/IPを見つけます
  4. Linuxの電源を切ります
  5. 同じアプリを使用して、手順3からMACにWOLを送信します
3
SeanClt

私も数年前にこの問題を抱えていました。

ifconfigWOL_MAGICのサポートを示しましたが、Linuxからシャットダウンした後、何を試してもWOLを動作させることができませんでした。原因は、Realtek RTL8111ENICのドライバーの実装でした。 RTL8111Eが何であるかについての開発者からのコメントとともに、ドライバーのソースコードを閲覧したことを覚えています。この情報をどこで見つけたのか正確には思い出せませんが、見つけたらリンクします。

とにかく、あなたがどちらのNICを持っているかはわかりませんが、これが問題になる可能性があります。

2
Egon Olieux