it-swarm-ja.com

カタリナは私のMacBookProをブリックしました

私はMacBookPro 2019 13 "を持っています、それを新しいCatalina 10.15にアップデートしようとしました。そして、地獄が始まりました!

アップデートが始まると画面が真っ暗になったので、電源ボタンを押す必要があると思いました。数分後、ログイン画面が表示されましたが、これはもちろん予期せぬ事態でした。そのため、パスワードを入力しようとしましたが、パスワードが入力されませんでした。約20回試しましたが、パスワードは正しいと確信していますが、うまくいきませんでした。修正してアップデートをインストールするために多くのことを試みましたが、何も機能しませんでした。

だから私が試したことの1つは、リカバリモードからインストールすることでした。このメッセージが表示されるまでに約2時間かかりました:

Mac OS installing error

品質で申し訳ありませんが、それを取ったとき私は非常に怒っていました!基本的にそれは言う:

macOSをコンピューターにインストールできませんでした

内部検索中に一部の情報が利用できませんでした(-69808)

インストーラを終了してコンピュータを再起動し、再試行してください

Catalinaがインストールされた外付けハードドライブもあります。また、USB経由でMacに接続すると正常に動作します。また、外部ドライブから内部ドライブに複製しようとしました。まず第一に、それは多くのエラーを投稿しました(私は覚えていません)が、どういうわけかドライブをコピーした後、Macは内蔵ドライブから起動できませんでした。外部ドライブから起動しますが、同じコピーは内部ドライブからは起動しません。

ドライブが破損していると思われるかもしれませんが、diskutilsで確認したところ、完全に正常なドライブであることが示されています。

ちなみに、シングルユーザーモードはどういうわけか利用できません(そこにロードされません)。

Macを修正するには、次に何をすればよいですか?仕事に必要です。

2
Simon Moshenko

この問題に遭遇したのはあなただけではありません。 APFS VOLUME VMというラベルの付いたディスクの1つに問題があり、エラーが発生しているようです。あなたがデータまたは何かを回復する必要があるならば、以下は理想的な解決策ではありません。データの回復を気にしない場合は、すべてを一気に消して、最初からやり直してください。

  • 再起動時にCommand+Rを押したままにして、MacBookをリカバリモードで起動します。
  • リカバリモードで起動したら、ターミナル(トップメニューバー、ユーティリティの下)に移動し、コマンドdiskutil apfs listを使用してドライブを一覧表示すると、次のような出力が表示されます。

enter image description here

  • ボリュームAPFS Volume VMを探し、そのAPFSボリュームの識別子をメモします。
  • コマンドdiskutil apfs eraseVolume IDENTIFIERを使用して、VMボリュームを削除します。したがって、この例の出力では、コマンドはdiskutil apfs eraseVolume disk1s4になります。
  • 削除すると、新しいボリュームが再び作成されるはずです。これを確認するには、diskutil apfs listを実行します
  • 再起動してインストールを再試行します
2
DrZoo