it-swarm-ja.com

DropboxをOSX Timeマシンのバックアップドライブとして使用することはできますか?

DropboxをOSX Timeマシンのバックアップドライブとして使用することはできますか?

Dropbox Proの購入を考えています。

15
TheLearner

Dropbox自体は不可能だと言っています。リンクは残念ながらオフラインになりました。

Time Machineは特別な方法でファイルを相互に「ポイント」します。つまり、Time Machineで使用できるシステムのすべてのスナップショットがディスク上で同じではありません。たとえば、1か月前に作成したファイルは現在のバックアップに複製されませんが、別のフォルダにある古いファイルへの「ポインタ」があります。

ただし、Dropboxは、システムでこれらのファイルリンクを表す方法を提供していません。つまり、actualファイルのみをサービスにアップロードでき、それらのリンクはアップロードできません。

その結果、Macが正常にバックアップを作成しているように見えても、別のMacからプルしたり、オンラインで見たりすると、DropboxでTime Machineドライブのファイルシステムレイアウトを再作成できません。

OS Xに適合するオンラインバックアップサービスにお金をかけたい場合は、以下を確認してください。

17
slhck

はい、ここに私のガイドがあります

クラウドへのバックアップ

最初にディスクユーティリティでディスクイメージを作成し、最初にディスクユーティリティを開いてから、新しいイメージをクリックして詳細を入力する必要があります。

名前を付けて保存:画像の名前

ドロップボックス、jottacloudなどの保存場所としてクラウドサービスを選択します

名前:ディスクの名前

サイズ:ドロップダウンをクリックしてカスタムを選択し、サイズを選択します。クラウドサービスはそれを保持できる必要があることに注意してください

フォーマット:Mac OS拡張(ジャーナリング)を選択

暗号化:ロックしたい場合は、パスワードを開いて開く必要があります。128または256ビットの暗号化を選択してください。

パーティション:ハードディスクを選択

イメージ形式:読み取り/書き込みディスクイメージを選択します

作成をクリックします

完了するまで待ちます

クラウドに完全にアップロードされるまで待ちます。これには時間がかかる場合があります。画像のサイズをアップロードする必要があります

クラウドサービスのウェブサイトをチェックして、そこにあることを確認します

ディスクをアンマウント/イジェクトします

画像をダブルクリック

タイムマシンまたはバックアッププログラムで使用するウィッチドライブを選択しているドライブを選択します

このドライブにバックアップ復元するには

Macをセットアップする

クラウドから画像をダウンロード

画像をダブルクリック

移行アシスタントを開いて続行

ドライブから起動する必要がある場合、または上記の復元プロセスが機能しない場合

クラウドから画像をダウンロード

イメージをダブルクリックしてディスクをマウントします

オープンディスクユーティリティ

左側のボックスにある画像のディスクをクリックします注、画像をクリックせず、下のディスクをクリックします

タブで[復元]をクリックします

ソース:画像のディスクをボックスにドラッグします注:画像をドラッグせず、下のディスクをドラッグします

移動先:外付けハードドライブをボックスにドラッグします。注、上部はドラッグせず、その下のパーティションの1つをドラッグしてください

復元をクリックします注、外付けハードドライブは消去されます

完了したら:移行アシスタントを開いて、バックアッププログラムを起動するか、バックアッププログラムを起動して続行します注:ドライブの名前が変更されます

Truls Zhong Konstali

これはHigh Sierraで実行できますが、TimeMachineは、マウントされている場合でも、バックアップ先としてDMGイメージを認識しないため、ターミナルを使用しないと実行できませんでした。

Truls Zhong Konstaliの指示に従い、ローカルドライブを保持してボリュームを割り当てるのに十分な大きさのDMG(HFS +/GUID)を作成しますTimeMachineのような名前を付け、ボリュームがマウントされると、/ Volumes/TimeMachineとして配置するか、TimeMachineをボリュームの名前に置き換えます。

注:端末コマンドで文字列TimeMachineを今後使用する場合は、DMGを作成するときにボリューム名にタイトルを付けたものに置き換えられます。

DMGをマウントし、ターミナルを開きます。

diskutil info -allを実行し、マウントされたボリュームを見つけます。/Volumes/の場所に注意してください。

次のコマンドを実行して、マウントされたボリュームを宛先としてTime Machineに追加します。

Sudo tmutil setdestination /Volumes/TimeMachine

次のコマンドを実行して、除外を〜/ Dropboxに追加します。

Sudo tmutil addexclusion ~/Dropbox

バックアップ用にマウントされたDMGが実際に含まれているフォルダーには除外を追加します。

次のコマンドを実行して、Time Machineバックアップの設定先を確認します。

tmutil destinationinfo

バックアップを開始するには:

tmutil startbackup

バックアップを一時停止または停止するには:

tmutil startbackup

バックアップが完了したら、DMGをDropboxの場所にあるディレクトリからまだマウントしていない場合は、DMGをDropboxフォルダーに移動してバックアップできます。 物理的な場所がDropbox監視ディレクトリ以外の場所にあるDMGファイルを使用してバックアップを作成し、DMGをDropbox監視ディレクトリに移動することをお勧めします。これは、DMGがバックアップ中に常に変更され、再-uploadingで最新の状態に保ちます。

お役に立てれば!

0
Norffman