it-swarm-ja.com

Excel 2011 Macの自動回復ファイルが失われる

昨日の朝、同僚のExcel 2011(Mac OSX 10.8)がクラッシュしました。彼はExcelを再度開き、以前のドキュメントを復元するかどうかを尋ねられました。はい、彼は言ってから、previousfilename(version 1)という名前のドキュメントを取得しました。このドキュメントが確実に保存されたことを確認するために、彼は日中手動で(回復された)ドキュメントを継続的に保存し、その日の終わりまでに最終的に保存して家に帰りました。

今日、文書の形跡はまったくありません。私たちは元の場所、ゴミ箱、ユーザーフォルダー/ Microsoft userdata/Office 2011 AutoRecovery etceteraを調べましたが、元の未編集バージョン以外のドキュメントはありません。 Spotlightもそれを見つけません。

Time Machineバックアップを実行しているので、昨日のバックアップがたくさんありますが、同じ場所も空です。

これは、新しくインストールされた製品です。この動作がExcelで予想される場合は、自動回復機能をまったく使用しない方が実際には優れています。誰かが助けてくれるといいのですが。手動でドキュメントを保存すると、ファイルシステムのどこかにトレースを残す必要がありますか?

7
jtheman

最後に、フォルダーにファイルが見つかりました。

~/Library/Application Support/Microsoft/Office/Office 2011 AutoRecovery

~/LibraryフォルダはOS X 10.7以降の隠しフォルダであり、デフォルトではSpotlightで検索されないため、復元されたファイルを保存するときにこのフォルダが自動的に提案されるのは非常に愚かです。

また、IS Documents/Microsoft userdata /の下に同じ名前の空のフォルダーがあるため、これを見つけるのは困難でした。

このフォルダに移動するには、Finderを開き、メニューで移動"フォルダに移動…をクリックするか、⇧⌘Gキーを押します。次に、上からパスを貼り付けます。

または、~/Libraryフォルダを常に表示するには、/Applications/UtilitiesからTerminal.appを開き、次のように入力します。

chflags nohidden ~/Library
9
jtheman