it-swarm-ja.com

Macでスタートアッププログラム/スクリプト/サービスを有効/無効にする

MacBook ProをOS X Lionにアップグレードしたところ、非常に低い負荷でもファンが高速で動作しています。

PRAMやSMCなどをリセットするなど、多くのことを行いましたが、問題は解決しません。 Parallelsや他のアプリケーションと関係があるようです。

MacBookの再起動時にどのプログラム/スクリプト/サービスが開始されるのか、どうしたらわかるのでしょうか。 システム環境設定ユーザーアカウントに行くだけではありません。 Linuxマシンで得られるような完全なリストです。

11
Open the way

実行中のプロセスを確認する

  1. ターミナルからps axを使用
  2. アプリケーション"ユーティリティ"アクティビティモニターを実行し、すべてのプロセスを選択します。そこから退出することもできます。

プロセスを自動的に開始する

  1. DockでOpen at Loginが選択されているもの
  2. System Preferences"Accounts"Login Items内のもの(実際には、これらには1からのものが含まれます。)
  3. loginwindowのログインフック ここで説明defaults read com.Apple.loginwindow LoginHookで現在の値を読み取る
  4. launchdスクリプトの一部として指定されたもの(またはlaunchdによって管理されるもの)。すべてをSudo launchctl listでリストします。詳細については、man launchctlをご覧ください。

launchdリストについては、システムのLaunchAgentsディレクトリのLaunchDaemonsおよびLibraryサブディレクトリにそれらの定義ファイルが表示されます。

  • /System/Library(おそらくこれらには触れないでください)
  • /Library/(通常はすべてのユーザー向け)
  • /Users/yourname/Library(独自のプログラム)

後の2つのライブラリで、疑わしいものがないか確認します。通常はXMLなので、開いて読むことができます。


ここでの問題は、特定の条件で、他の多くの人を起動する単一のプロセスを実行できることです。 OS Xのcronは存在しますが、デフォルトでは無効になっています。ジョブに@rebootを指定すると、システムの起動時にcronによって起動されます。

同様のことがシェル設定ファイル.bash_profileなどにも当てはまり、ターミナルを開くとすぐにバックグラウンドでプロセスを起動できます。

21
Daniel Beck