it-swarm-ja.com

Mac OS X High SierraでUEFIインタラクティブシェルを使い続けるVM

私はVirtualBoxでMac OS X仮想マシンを手に入れました、そしてそれを始めたとき、私はこのUEFIシェルに入りました:

UEFI Shell

私は何をすべきか?

18
WeakMaster

実行可能なディスクから起動するときにUEFIシェルプロンプトで動けなくなる問題にも遭遇しました( MacOSが仮想マシンにインストールされたばかりの私の場合 )。

次のようにUEFIの問題を修正できましたVirtualBoxフォーラムへ ):

  1. UEFIプロンプトで: exit と入力します。

  2. あなたはEFIテキストモードGUIに連れて行かれるでしょう。

  3. Boot Maintenance Manager を選択してをクリックします。

  4. ファイルから起動を選択してクリック

リストに2つのエントリが表示されるはずです(それらはわかりにくいPCIバスパスです)。

1つ目は、動作していない(破損しているか、データやOSがインストールされていない)ブートパーティションへのPCIパスです。

2番目のパーティションは、リカバリパーティションです。これは、macOSのインストールやその他のメンテナンス/管理作業を行うために起動する必要があるものです。 OSが動作している。

2番目のエントリをクリックすると、(そして次にクリックして)表示されるはずです。

macOSインストールデータ

次にクリックします。

ロックされたファイル

次に(存在する場合)、をクリックします

ブートファイル

そして最後にクリックしてください。

boot.efi

その時点でインストーラの起動は続行されますので、ボリュームの修復やmacOSの[再]インストールを試みることができます。

13
clearlight

VM settings [一般]> [基本]> [バージョン]で "macOS 10.13 High Sierra(64-bit)"を設定します。おそらく今は32ビット版を設定しているはずです。

12
Prof