it-swarm-ja.com

Mac Pro 1.1をOS X 10.6.8からOS X 10.9 Mavericksにアップグレードする方法

App Storeを使用してMac Pro 1.1 2006を標準的な方法でアップグレードすることはできません。これは、64ビットのEFI BIOSがないために発生します。 Mac Pro 1.1のハードウェアはすでに64ビット対応ですが、32ビットバージョンでのみefi biosを出荷しています。したがって、インストーラーはこのマシンをチェックし、現在のハードウェアではOS Xマーベリックスをインストールできないことに注意してください。

32ビットのefiでブートできるようにboot.efiにパッチを当てる64ビットOS Xの異端者に適切な回避策が存在するため、これは完全に真実ではありません。しかし、私が使用したチュートリアルに記載されていないいくつかの問題が発生しました。そこで、このタスクの完成したチュートリアルをここに公開します。

5
cguenther

投票ありがとうございます!だから私はミッシングリンクを追加することができました。

1. OS X 10.9.1 Mavericksインストーラーをダウンロードする

お気づきかもしれませんが、Apple app storeは、ハードウェアの互換性の欠如により引き起こされたOS Xアップグレードのインストールを拒否します。しかし、とにかくインストーラをダウンロードしたいと思います。可能な解決策は、ダウンロードイネーブラツール。次の場所にあります Mavericks_download_enabler 。このZipファイルを抽出して管理者権限で実行可能ファイルを実行すると、アプリストアでのmavericksダウンロードのハードウェアチェックが無効になります。再起動後、インストールをクリックできます。Apple-ID(クレジットカードIDは必要ありません)を指定した後、インストールを開始する必要があります。これにより、最初にインストーラー(〜5.4GB)がダウンロードされ、その後最初のインストールスライドが表示されます。この時点で、インストールをキャンセルできます。インストールパッケージはアプリケーションフォルダにあります。

2.起動可能なインストールUSBドライブを作成します

チュートリアル 起動可能なインストールUSBドライブ を使用しました。コマンドラインツールを使用した前述の方法は、私には機能しません。しかし、長い道のりはそうです。

3. 32ビットEFI BIOSの起動の可能性を有効にする

これのティアモによって述べられたように forum EFI 64ビットから32ビットのラッパーが存在します。上記のフォーラムから「boot.Zip」ファイルをダウンロードし、boot.efi(Zipファイルのコンテンツ)を、次の場所にある起動可能なUSBドライブにあるboot.efiファイルに置き換える必要があります。

システム/ライブラリ/CoreServices/boot.efi
 usr/standalone/i386/boot.efi 

4. OSInstall.mpkgを変更して、インストーラーのハードウェアチェックを無効にします。

この時点でUSBドライブからインストーラを起動しようとすると、起動できるはずです。ただし、現在のハードウェアがサポートされていないというインストーラーメッセージが表示されます。したがって、インストーラーのハードウェア依存関係チェックを取り除く必要があります。よく提示される方法の問題は、「X-Code」の一部として利用できる「フラットパッケージエディター」と呼ばれるソフトウェアが必要なことです。そのため、アプリストアから直接OS-X 10.6.8では利用できないX-Codeにアクセスする必要があります。そこで、pkgutilコマンドラインツールを使用してmpkgパッケージを抽出する回避策を見つけました。

4.1。 OSInstall.mpkgをコピーします

Packages/OSInstall.mpkgを起動可能なUSBドライブからデスクトップにコピーします。

4.2。コマンドラインpkgutilを使用してmpkgファイルを抽出します

 cd /Users/<yourLocalUserName>/Desktop/
 pkgutil --expand ./OSInstall.mpkg ./OSInstall

上記の最初の行では、個人用デスクトップフォルダーに移動できます。 <yourLocalUserName>をMacで使用しているユーザー名に置き換えることを検討してください。 2行目は、インストールパッケージをフォルダー「OSInstall」に抽出します。

4.3。 OSInstall.mpkgを変更する

このyoutube video に示すように、デスクトップのOSInstallフォルダー内のファイルを変更します。

4.4。変更したフォルダーから変更したmpkgパッケージを作成します

まず、デスクトップ上の既存の変更されていないOSInstall.mpkgファイルを削除する必要があります。その後、次のコマンドを実行して新しいパッケージを作成できます。

 cd /Users/<yourLocalUserName>/Desktop/
 pkgutil --flatten ./OSInstall ./OSInstall.mpkg

4.5。変更されたOSInstall.mpkgを置き換えます

変更したOSInstall.mpkgを、packages/OSInstall.mpkgにあるUSBドライブの変更されていないものに置き換えます。

5. OS X 10.9.1をインストールします

警告!このインストール方法は正式にはサポートされていません。アップグレードの前にデータをバックアップしてください!

変更されたインストールシステムを含む、接続された起動可能なUSBドライブでシステムを再起動します。 Macの起動中に、起動選択画面が表示されるまでAltキーを押し続けます。この時点で、USBデバイスを選択してOS Xインストーラーを起動できます。前の手順がすべて正しく行われていれば、サポートされているシステムのように、システムをインストールできるはずです。カメレオンのような追加のブートローダーは必要ありません。現在のNvidiaドライバーは、Geforce 8シリーズ以上のデバイスのみをサポートしていることを考慮してください。したがって、正しいデスクトップが表示されますが、在庫のNvidia 7300GTを実行している場合は、ウィンドウエフェクトをレンダリングするハードウェアサポートがありません。

8
cguenther