it-swarm-ja.com

macOSで画面ロックを無効にしました

スクリーンセーバーまたはスリープが開始されてからx時間、画面をロックするmacOS(10.13/10.14)のデフォルトの動作を無効にする方法はありますか?

私はコンピュータラボにいくつかのMacMiniを持っています。人々はログインし、コンピューターを使用してから立ち去ります。 MacOSは、1時間後、電源設定でモニターがオフになると画面をロックします。画面がロックされており、切り替えやその他の目的でユーザー名を入力するオプションがないため、次のユーザーはログインできません。パスワードダイアログがあります。唯一の手段は、Macを強制的に再起動することです。

究極の解決策は、アイドル状態のユーザーを強制的にログアウトするアプリケーションを用意することですが、私が見つけることができるものはありません。

MacOSにはそうするための準備があるように見えますが、実際には何もしていないようです。ユーザーが終了時に保存コマンドを要求するアプリケーションを開いている場合、ログオフは発生せず、ユーザーは常にプログラムを開いています。保存のプロンプト。スキルがあれば、そのようなアプリケーションを作成しますが、作成しません。

実行してみました:Sudo defaults write com.Apple.loginwindow DisableScreenLockImmediate -bool TRUE

何もしません。変更はありません。デフォルトのスクリーンロックは引き続きアクティブで有効になっており、[ロック画面]メニューの選択肢はAppleメニューで引き続き使用できます。

1
Jason

タイムアウトは、Security and PrivacySystem Preferencesパネルで制御されます。探しているのはGeneralタブで、スクリーンセーバーが起動してからパスワードを要求するまでの時間を設定します。

1
Hogstrom

私は同じ問題を抱えており、以前のすべてのトリックがMojaveでは機能しなくなったようです。

X分後の自動ログアウトについては、以下のスクリプトを使用して、引き続き実行できると思います(ただし、実際にMojaveでテストしたかどうかはわかりません)。好きな方法でスクリプトをプッシュして、一度実行するだけです。 (または、ターミナルウィンドウを開くか、SSHで接続して、コマンドを手動で実行することもできます。)

autologoff.sh

#!/bin/bash

# I think this this turns on the feature
defaults write /Library/Preferences/.GlobalPreferences com.Apple.securitypref.logoutvalue -int 1800

# and that this sets the delay
defaults write /Library/Preferences/.GlobalPreferences com.Apple.autologout.AutoLogOutDelay -int 3600

# 3600 = 60 minutes
# 1200 = 20 minutes
#   750 = 12 minutes
#   600 = 10 minutes
#   500 = 8 minutes
#   etc 

# (I suspect one of these can simply be a non-zero value,
# and that the Apple OS programmers just plugged in
# the value given by the user instead of making it a
# binary 0 or 1 value, but I’m not sure.
1
DebianFanatic