it-swarm-ja.com

macOS10.12.2ではSMB)経由でFreeNASにアクセスできません

私はFreeNASを9.10にアップグレードして、Final CutProにライブラリをSMB経由で保存させるとされる新しいバージョンのSambaの機能を利用しました。ただし、MacでAFPを正常に動作させることはできますが、SMB共有に接続できません。

どちらの場合も、ゲストアクセスを無効にしています。 FreeNASでユーザーアカウントを作成しましたが、AFPを使用する場合は問題なく認証できます。 SMBをオンにすると、Finder(正しくは、私は信じています)はAFP共有リストをSMBのものに置き換えます。ただし、SMB共有をロードしようとすると、 Finderでサーバーのエントリをクリックすると、「接続に失敗しました」と表示され、[名前を付けて接続...]を押すと次のように報告されます。

「Photo_Vault」の元のアイテムが見つからないため、操作を完了できません。」

設定に問題はありませんが、デバッグを開始する正しい方向を教えてください。

SMBの接続を許可するバージョンを制限して、新しいバージョンを強制することが役立つかどうかを確認しようとしました(SMB3以降)が、事態を悪化させるだけのようで、結果として代わりにメッセージ:

サーバー「beatrice」への接続に問題がありました。

サーバー名またはIPアドレスを確認してから、再試行してください。それでも問題が解決しない場合は、システム管理者に連絡してください。

ちなみに:Zeroconfは正常に動作しているようです。 SMBをオフにしてAFPを使用すると、Finderは問題なく接続します。さらに、192.168.1.30に直接接続しようとすると、Zeroconfエントリ(beatrice.local)を使用した場合と同じように失敗します。 )「beatrice.local」またはIPアドレスのどちらを使用しても、FreeNAS上の他のネットワークサービス(Web管理インターフェース、AFPなど)に問題なくアクセスできます。

PDATE: Testparm-sはエラーを報告しませんでした。これが私の設定ファイルです(これはFreeNASからのデフォルトのものであるはずです、私はそれを編集していません)。 SMBプロトコルを使用する必要があるという制限が含まれていることに注意してください。上記で参照しました。これを使用した場合と使用しない場合の両方で試しました。

[global]
server min protocol = SMB3
server max protocol = SMB3_11
encrypt passwords = yes
dns proxy = no
strict locking = no
oplocks = yes
deadtime = 15
max log size = 51200
max open files = 231347
logging = file
load printers = no
printing = bsd
printcap name = /dev/null
disable spoolss = yes
getwd cache = yes
guest account = nobody
map to guest = Bad User
obey pam restrictions = yes
directory name cache size = 0
kernel change notify = no
panic action = /usr/local/libexec/samba/samba-backtrace
nsupdate command = /usr/local/bin/samba-nsupdate -g
server string = FreeNAS Server
ea support = yes
store dos attributes = yes
lm announce = yes
hostname lookups = yes
time server = yes
acl allow execute always = true
dos filemode = yes
multicast dns register = yes
domain logons = no
local master = yes
idmap config *: backend = tdb
idmap config *: range = 90000001-100000000
server role = standalone
netbios name = BEATRICE
workgroup = WORKGROUP
security = user
pid directory = /var/run/samba
create mask = 0666
directory mask = 0777
client ntlmv2 auth = yes
dos charset = CP437
unix charset = UTF-8
log level = 1

[Photo Vault]
path = /mnt/TheVault/Photo Vault
printable = no
veto files = /.snapshot/.windows/.mac/.zfs/
writeable = yes
browseable = yes
vfs objects = zfs_space zfsacl aio_pthread
hide dot files = yes
guest ok = no
nfs4:mode = special
nfs4:acedup = merge
nfs4:chown = true
zfsacl:acesort = dontcare
1

セットする server min protocol = SMB3_00 の代わりに SMB3。 (SMB3デフォルトはSMB3ファミリの最新プロトコルであり、macOS Sierraではサポートされていません。)

1
sebas