it-swarm-ja.com

OS X> 10.6.5VPNを使用したDNSルックアップ順序

OS X 10.6.5(.4から)に更新した後、VPNが接続されているときに、アプリケーションがホスト名を正しい順序で(ネットワーク設定のサービス順序に従って)検索していないようです。

私の現在のセットアップは、AirPortサービスの前にあるCisco IPSecVPNサービスです。 DNSサーバーはVPN接続用に自動的にセットアップされ(これは問題ありません)、AirPortサービスDNSは私のルーターを指しています(192.168.1.1、OpenDNSサーバーを指しています)。

VPNが接続されているとき、DNSルックアップが最初にVPN DNSサーバーを通過するようにしたいのですが、すべてのアプリケーション(Firefox、Thunderbird、ssh)が最初にAirPort DNSサーバー(OpenDNS)を使用しているようです。

これは、更新前は問題なく機能していました。

助けてくれてありがとう。

**編集**

この投稿 に出くわし、受け入れられた回答でコマンドを実行しました。しかし、それは役に立たなかったようです。

もう少し検索した後、私はこのコマンドに出くわしました:scutil --dns

コマンドの出力は以下のとおりです。リゾルバー#2が最初に来るべきだと思うことと、リゾルバー#1に検索ドメインがあることを除いてすべてが正しいように見えます(明らかにfoobar.comではなく、実際のVPNドメインです)。これはバグ(またはそれが何であれ)の嘘だったと思います。手動で指定しなかったので、AirPort接続の[DNS]タブにありません。 VPNが切断されると、その検索ドメインは存在せず、リゾルバー#2は本来あるべき姿でなくなります。

resolver #1
  search domain[0] : foobar.com
  nameserver[0] : 192.168.1.1
  order   : 200000

resolver #2
  domain : foobar.com
  nameserver[0] : 172.30.50.100
  nameserver[1] : 172.30.50.80
  order   : 100200

resolver #3
  domain : local
  options : mdns
  timeout : 2
  order   : 300000

resolver #4
  domain : 254.169.in-addr.arpa
  options : mdns
  timeout : 2
  order   : 300200

resolver #5
  domain : 8.e.f.ip6.arpa
  options : mdns
  timeout : 2
  order   : 300400

resolver #6
  domain : 9.e.f.ip6.arpa
  options : mdns
  timeout : 2
  order   : 300600

resolver #7
  domain : a.e.f.ip6.arpa
  options : mdns
  timeout : 2
  order   : 300800

resolver #8
  domain : b.e.f.ip6.arpa
  options : mdns
  timeout : 2
  order   : 301000

**編集**

さて、誰かが私の質問に答えることができるまで、私は以下に述べる回避策を助けるためにスクリプトを書きました。 VPNを接続した後に実行し、切断した後に再度実行する必要があります(自動的に実行する方法が見つかりませんでした)。いくつかの注意:

  1. 私のアカウントは、ネットワーク設定のロックが解除された状態で管理者として実行されているため、このスクリプトがどのように公平になるかはわかりません。

  2. スクリプトのvpn_srvc_nameを、ご想像のとおり、vpnサービス名に設定する必要があります。

  3. おそらくもっと簡単な方法があると思いますので、お気軽にコメントを投稿してください。

スクリプト:

#!/bin/bash

function get_pri_srvc_id ()
{
  cat <<EOF | scutil | \
    grep 'PrimaryService' | \
    awk -F': ' '{print $2}'
show State:/Network/Global/IPv4
EOF
}

function get_srvc_name ()
{
  cat <<EOF | scutil | \
    grep 'UserDefinedName' | \
    awk -F': ' '{print $2}'
show Setup:/Network/Service/$1
EOF
}

function get_srvc_ids ()
{
  cat <<EOF | scutil | \
    sed -nEe '
/ServiceOrder/ {
  :ids
  n
  /[0-9]+ :/ {
    s/ *[0-9]+ : ([0-9A-Z-]+) */\1/p
    b ids
  }
}'
show Setup:/Network/Global/IPv4
EOF
}

function get_srvc_id_by_name ()
{
  local srvc_ids=$(get_srvc_ids)

  for srvc_id in $srvc_ids
  do
    local srvc_name=$(get_srvc_name "$srvc_id")
    if [[ "$srvc_name" == "$1" ]]
    then
      echo $srvc_id
      return
    fi
  done
}

function get_dns_ips ()
{
  local srvc_id=$(get_srvc_id_by_name "$1")

  cat <<EOF | scutil | \
    sed -nEe '
/ServerAddresses/ {
  :ips
  n
  /[0-9]+ :/ {
    s/ *[0-9]+ : ([0-9.]+) */\1/p
    b ips
  }
}'
show $2:/Network/Service/$srvc_id/DNS
EOF
}

function set_dns_ips ()
{
  networksetup -setdnsservers "[email protected]"
}

vpn_srvc_name='NAME OF VPN SERVICE'
ip_file='/tmp/setup_dns_ips'

pri_srvc_id=$(get_pri_srvc_id)
pri_srvc_name=$(get_srvc_name "$pri_srvc_id")

if [[ ! -e "$ip_file" ]]
then
  setup_dns_ips=$(get_dns_ips "$pri_srvc_name" "Setup")
  state_dns_ips=$(get_dns_ips "$pri_srvc_name" "State")
  vpn_ips=$(get_dns_ips "$vpn_srvc_name" "State")

  set_dns_ips "$pri_srvc_name" $vpn_ips $setup_dns_ips $state_dns_ips

  if [[ -z "$setup_dns_ips" ]]
  then
    setup_dns_ips="Empty"
  fi

  echo $setup_dns_ips >$ip_file
else
  setup_dns_ips=$(cat $ip_file)

  set_dns_ips "$pri_srvc_name" $setup_dns_ips

  rm $ip_file
fi

**編集**

これはLionでもまだ問題のようです。タイトルを更新してタグを追加しています。

**編集**

どうやらLionは、AirPortサービスの名前をWi-Fiに変更するなど、いくつかのワイヤレスの変更ももたらしたようです。これにより、ワイヤレス接続を介してVPNに接続する場合に、提供した回避策スクリプトで問題が発生する可能性があります。 Lionは(何らかの理由で)AirPortという名前のサービスを内部に保持しています。これを修正するには、Wi-Fiサービスの名前をAirPort以外の名前に変更する必要があります。 Wi-Fi名を保持したい場合は、最初に名前を別の名前に変更してから、名前をWi-Fiに戻す必要があります。

13
citrusmoose

OS X 10.8がVPN接続へのデフォルトルートを作成しないようにするには、(アプリケーションで)インターネット接続を開きます。 [接続]メニューから[オプション]を選択し、[VPN接続を介してすべてのトラフィックを送信する]オプションのチェックを外します。 [OK]をクリックすると、完了です。

VPN接続の反対側にあるサブネットへのカスタムルートを作成するには、残りのヒントをお読みください...

Rootとして、/ etc/ppp/ip-upを作成し、次のコードを入力します。

#!/bin/sh
# When the ppp link comes up, this script is called with the following
# parameters
#       $1      the interface name used by pppd (e.g. ppp3)
#       $2      the tty device name
#       $3      the tty device speed
#       $4      the local IP address for the interface
#       $5      the remote IP address
#       $6      the parameter specified by the 'ipparam' option to pppd

DEBUGFILE=/tmp/ip-up-debug.txt
## echo "1:$1 2:$2 3:$3 4:$4 5:$5 6:$6" > $DEBUGFILE
NET=`echo $5 | cut -d. -f1,2,3`
## echo $NET >> $DEBUGFILE

case $NET in 192.168.3)
     ## echo "CASE1" >> $DEBUGFILE
     RESULT=`/sbin/route add -net 192.168.30.0 $5 255.255.255.0`
     ##echo $RESULT >> $DEBUGFILE
     ;;
     192.168.2)
     ## echo "CASE2" >> $DEBUGFILE
     RESULT=`/sbin/route add -net 192.168.20.0 netmask 255.255.255.0 gw $5`
     ## echo $RESULT >> $DEBUGFILE
     ;;
     192.168.1)
     ## echo "CASE3" >> $DEBUGFILE
     RESULT=`/sbin/route add -net 192.168.10.0 netmask 255.255.255.0 gw $5`
     ## echo $RESULT >> $DEBUGFILE
     ;;
     *)
     ## echo "No match" >> $DEBUGFILE
     ;;
esac

ノート:

  1. ファイルを作成したら、chmod u+x /etc/ppp/ip-upを実行します。
  2. $ 5変数は、リモートIPアドレス(リモートネットワーク上のIPアドレス)です。
  3. 最初のcaseステートメントで、192.168.xエントリをリモートネットワークの最初の3オクテットに変更します。この例では、リモートIPは192.168.3.1で、リモートネットワークは192.168.30.0/24です(リモートVPNボックスがルーティングを実行しているため、SAMBAはプロキシARPを必要とせずに機能します)。
  4. デバッグ行からコメントを外し(##を削除)、このスクリプトが何をしているかを確認します。出力は/tmp/ip-up-debug.txtファイルに書き込まれます。テストが終了したら、##を元に戻すことを忘れないでください。
  5. このスクリプトには、3つの異なるVPN接続のオプションがあります。 192.168.xエントリをさまざまなVPNのさまざまなネットワークアドレスに変更するだけです。

見つかりました ここ

1
Antonio

私の場合、FQDN要求は正しい内部アドレスに解決されませんでした。代わりに、彼らは外部アドレスを指していた。

IPsec経由でCiscoASAに接続します。ネットワーク接続で順序が正しく設定されている間、10.6.5に更新されてから、DNS要求は順序に従いません。

これを回避するために、VPNのDNSサーバーを空港接続に手動で割り当てました(ワイヤレスであるため)。 VPN接続が完了したら、手動で追加したDNSアドレスを削除します。

1
KevinTM