it-swarm-ja.com

OSX設定をバージョン管理下に保つ方法は?

Linuxから来て、私は自分の設定ファイルをgitリポジトリの下に保持する習慣を身につけました。
MacBookを入手してから、defaults writeと設定パネルで多くの調整を行いましたが、plistファイルを探すためにwhereがよくわかりません。 (私は推測します)それらの設定を保存します。

始める方法はありますか?

4
julien

個人設定、アプリケーションサポートファイル、キャッシュなどは、主に~/Libraryに保存されます。一部のアプリケーション(BSDから派生したもの)は、隠しファイルと隠しディレクトリを~に直接保存し、その他のアプリケーションは~/Documentsを汚染します。

個人ユーザー設定(defaultsで行うすべて)は~/Library/Preferences/にあります。一部のアプリケーション(SSH、bashなど)は、非表示の設定ファイルを~に直接保存します。通常、他のアプリケーションにシンボリックリンクまたはsourceすることができます。

多くのアプリケーションは、サポートファイル(ドキュメントデータベースなど)を~/Library/Application Support/に保存します。そこに保存されているファイルに実際の価値があるかどうかは、個々のアプリケーションによって異なります。

一部のアプリケーションまたはサブシステム(Safari、メール、QuickLookアドオン、プリンター構成、個人用ダッシュボードウィジェット)は、~/Libraryのサブディレクトリに保存されます。それらすべてを個別に評価して、それらのコンテンツをバージョン管理に保存するかどうかを決定する必要があります。 This ここで役立つリソースかもしれません。

~/Library全体をバージョン管理に入れることはお勧めしません。キャッシュなどがたくさんあります。

4
Daniel Beck

手始めに、TimeMachineをバージョン管理の一種と見なす人もいます。 Time Machineに関連するのは、各サイクルで何をバックアップするかを追跡するために使用するものです。 FSEventsは、Spotlightのインデックスを作成する対象を追跡するために、10.4で導入されました。これは、TimeMachineでも使用されます。 fseventer を使用してFSEventsを利用すると、デフォルトで変更を加えたときに編集されているファイルを確認できます。

あなたが話しているplistは、ファイルシステム上のさまざまなライブラリフォルダのPreferencesフォルダに存在していると言えます。優先順位の高いものから順に、頭のてっぺんから思い浮かぶもの:

~/Library
/Library
/var/root/Library
/System/Library

私はどのように/Libraryおよび/var/root/Library related —一般的に重複があまりないことは知っています。 /Libraryは通常、システムアプリケーション設定用であり、/var/root/Libraryは通常、システムユーザー設定用です。たとえば、すべてのユーザーの特定のBluetooth設定とloginwindow.plist設定がそこに保存されます。これらのディレクトリの2つに同じファイル名が存在する場合でも、個々のキーと値のペアのみが重複することがわかります。

0
NReilingh