it-swarm-ja.com

Xの下の矢印キーへのSuper + hjklのマッピング

私はマップしようとしています:

Super+h -> Left
Super+j -> Down
Super+k -> Up
Super+l -> Right

グローバルにXの下にあります。矢印キーを使用することが多いホーム行を離れたくないので、スーパー修飾子+ hjklを使用してXの下の矢印キーをエミュレートします。これを行う方法はありますか?

私が試したことの1つは、この構成を使用したxbindkeys + xteです。

"xte 'keydown Up' 'keyup Up'"
  Mod4+k

"xte 'keydown Down' 'keyup Down'"
  Mod4+j

"xte 'keydown Left' 'keyup Left'"
  Mod4+h

"xte 'keydown Right' 'keyup Right'"
  Mod4+l

しかし、私がキーを押してから結果に気付くまでには大きな遅れがあるようで、ほとんどの場合、何も起こりません。

実際に遅延なく機能するよりエレガントな方法はありますか?

23
William Casarin

Capslock + HJKLから矢印キー

  1. 〜/ .Xmodmapを作成し、これを内部に配置します。

    clear Lock 
    keycode 66 = ISO_Level3_Shift
    
  2. /usr/share/X11/xkb/symbols/usのh、j、k、lキーエントリに3番目の項目としてLeftDownUpRightを追加します(最初のセクション):

    key { [ h, H, Left, Left ] }; 
    key { [ j, J, Down, Down ] };
    key { [ k, K, Up, Up ] }; 
    key { [ l, L, Right, Right ] };
    
  3. xmodmap ~/.Xmodmapを実行します

代替方法:ControlとしてのCapslockおよび矢印キーへのControl_L + HJKL

これが私の現在の設定です。 Control_Lをコントロールキーとしてマッピング解除し、それを特別な修飾子(ISO_Level3_Shift)として使用します。これは、hjklマッピングの/usr/share/X11/xkb/symbols/usファイルの3番目のエントリに対応します。

  1. 以前のように/ usr/share/X11/xkb/symbol/usの最初のスタンザを変更しました。

    key { [ h, H, Left, Left ] }; 
    key { [ j, J, Down, Down ] };
    key { [ k, K, Up, Up ] }; 
    key { [ l, L, Right, Right ] };
    
  2. 次に、これを〜/ .Xmodmapファイルに入れます。

    clear Control
    keycode 66 = Control_L
    add Control = Control_L
    add Control = Control_R
    keycode 37 = ISO_Level3_Shift
    

keycode 66はcapslockで、keycode 37は左コントロールです

  1. xmodmap〜/.Xmodmapを実行します

この設定では、Control_L + hjklで矢印キーを使用したり、Control_L + caps + hlで単語をスキップしたりできます。かんたん!

15
William Casarin

/ usr/share/X11/xkb/symbols/usの上記の変更は、私には機能しません:
新しいキーボードの説明の読み込み中にエラーが発生しました

しかし、矛盾する多くのハウツーを調べた後、hjklと組み合わせて左のスーパーキー(左のウィンドウキー/ Mod4)を左、下、上、右にマッピングするソリューションを思いつきました。これはシステム全体の設定です。

このブロックを/ usr/share/X11/xkb/symbol/usの最初のセクションの最後(};の直前)に追加します。

//hjkl
//AltGr + hjkl
key <AC06> {        [         h, H, Left            ]       };
key <AC07> {        [         j, J, Down            ]       };
key <AC08> {        [         k, K, Up              ]       };
key <AC09> {        [         l, L, Right           ]       };
//Super_L -> Alt Gr
key <LWIN> { [ ISO_Level3_Shift ] }; //see below!

最初のキーラインはAltGr + hを左にマップします。
最後のキー行により、左のスーパーキーがAltGrのように動作します。
どうぞ:

スーパー+ h->左
スーパー+ j->ダウン
スーパー+ k->アップ
スーパー+ l->右

新しい設定を適用するには、setxkbmapを実行するか、システムを再起動します。

重要:これは明らかにスーパーキーを無効にするため、実際にスーパーキーを他の目的(つまり、ウィンドウを別のワークスペースに移動する)に使用している場合は、このように再マップしないでください。
Superの代わりにCaps Lockを使用するには、最後のキー行を次のように変更します:

key <CAPS> { [ ISO_Level3_Shift ] };

これが私の設定ファイルの完全な最初のセクションです:

default
partial alphanumeric_keys modifier_keys
xkb_symbols "basic" {

    name[Group1]= "English (US)";

    // Alphanumeric section
    key <TLDE> {        [     Grave,    asciitilde      ]       };
    key <AE01> {        [         1,    exclam          ]       };
    key <AE02> {        [         2,    at              ]       };
    key <AE03> {        [         3,    numbersign      ]       };
    key <AE04> {        [         4,    dollar          ]       };
    key <AE05> {        [         5,    percent         ]       };
    key <AE06> {        [         6,    asciicircum     ]       };
    key <AE07> {        [         7,    ampersand       ]       };
    key <AE08> {        [         8,    asterisk        ]       };
    key <AE09> {        [         9,    parenleft       ]       };
    key <AE10> {        [         0,    parenright      ]       };
    key <AE11> {        [     minus,    underscore      ]       };
    key <AE12> {        [     equal,    plus            ]       };

    key <AD01> {        [         q,    Q               ]       };
    key <AD02> {        [         w,    W               ]       };
    key <AD03> {        [         e,    E               ]       };
    key <AD04> {        [         r,    R               ]       };
    key <AD05> {        [         t,    T               ]       };
    key <AD06> {        [         y,    Y               ]       };
    key <AD07> {        [         u,    U               ]       };
    key <AD08> {        [         i,    I               ]       };
    key <AD09> {        [         o,    O               ]       };
    key <AD10> {        [         p,    P               ]       };
    key <AD11> {        [ bracketleft,  braceleft       ]       };
    key <AD12> {        [ bracketright, braceright      ]       };

    key <AC01> {        [         a,    A               ]       };
    key <AC02> {        [         s,    S               ]       };
    key <AC03> {        [         d,    D               ]       };
    key <AC04> {        [         f,    F               ]       };
    key <AC05> {        [         g,    G               ]       };
    key <AC06> {        [         h,    H               ]       };
    key <AC07> {        [         j,    J               ]       };
    key <AC08> {        [         k,    K               ]       };
    key <AC09> {        [         l,    L               ]       };
    key <AC10> {        [ semicolon,    colon           ]       };
    key <AC11> {        [ apostrophe,   quotedbl        ]       };

    key <AB01> {        [         z,    Z               ]       };
    key <AB02> {        [         x,    X               ]       };
    key <AB03> {        [         c,    C               ]       };
    key <AB04> {        [         v,    V               ]       };
    key <AB05> {        [         b,    B               ]       };
    key <AB06> {        [         n,    N               ]       };
    key <AB07> {        [         m,    M               ]       };
    key <AB08> {        [     comma,    less            ]       };
    key <AB09> {        [    period,    greater         ]       };
    key <AB10> {        [     slash,    question        ]       };

    key <BKSL> {        [ backslash,         bar        ]       };
    // End alphanumeric section

    //hjkl
    //AltGr + hjkl
    key <AC06> {        [         h, H, Left            ]       };
    key <AC07> {        [         j, J, Down            ]       };
    key <AC08> {        [         k, K, Up              ]       };
    key <AC09> {        [         l, L, Right           ]       };
    //Super_L -> Alt Gr
    key <LWIN> { [ ISO_Level3_Shift ] };


};

これが誰かの役に立つことを願っています...

誰かがより良い解決策を持っている場合は、私に知らせてください。

編集:Fedoraでテスト済み。

8
basic6

Sudoは不要、 here から派生、と組み合わせた場合にも機能するように変更 Alt

次のコンテンツでfilewを作成します。

! remove Caps Lock
clear lock
! remove Lock = Caps_Lock
! remove Shift = Caps_Lock
keycode 66 = NoSymbol NoSymbol
keycode 66 = ISO_Level3_Shift

keysym h = h H NoSymbol NoSymbol Left Left
keysym j = j J NoSymbol NoSymbol Down Down
keysym k = k K NoSymbol NoSymbol Up Up
keysym l = l L NoSymbol NoSymbol Right Right

! some sugar
keysym o = o O NoSymbol NoSymbol BackSpace NoSymbol
keysym i = i I NoSymbol NoSymbol Delete NoSymbol`

呼び出す

xmodmap file

マップします AltGr に Caps の代わりに Super、あなたはむしろ設定するかもしれません

keycode 66 = Super_L

(またはwatever xevは打撃であなたを与えます Super

砂糖の部分は、iとoへの特別な割り当てとしてバックスペースとDelを与えます。それを省略するか、自分で拡張/調整するためのボーナスまたは動機として見ることができます;)

PS:試してみる場合は、呼び出して「デフォルト」のマッピングをリセットしてください

setxkbmap
3
Zeitvertreib

私はこれを自分で試したことがありませんが、xkbがあなたが望むことをするかもしれないようです http://en.wikipedia.org/wiki/X_keyboard_extension

有望に聞こえるx11-xkb-utilsというパッケージをUbuntuに持っています:)

3
gacrux

ようやく、すべての修飾子(Ctrl +、Shift +、Ctrl + Shift +)とSublime Text 2で機能するソリューションを見つけたようです。

すべての栄光は、私が最近見つけたこのgem構成に行きます http://www.spinics.net/lists/xorg/msg35931.html 。 ijklの矢印について説明していますが、hjklナビゲーション用に簡単に変更できます。キーボードレイアウトファイルを更新する必要があります/ usr/share/X11/xkb/symbols/*(個人的には、Xkbを使用してキーボードレイアウトに含める/ usr/share/X11/xkb/symbols/typoを使用しますオプション "misc:typo"なので、どのキーボードレイアウトでも機能します)。構成は、修飾キーがISO_Level3_Shiftを送信することを前提としています(SuperまたはAltをISO_Level3_Shiftにバインドする方法はたくさんあります)。

キー定義は次のようになります(../symbols/typoを変更する場合はNoSymbolを使用してください):

key <AC07> {    
    type="MOD5_NAV",
    [NoSymbol, NoSymbol, Down, Down],   
    actions[Group1] = [NoAction(), NoAction(), RedirectKey(key=<DOWN>, clearmods=ISO_Level3_Shift)]
};

また、/ usr/share/X11/types/basicを編集して、タイプ「MOD5_NAV」を宣言する必要があります。

type "MOD5_NAV" {
    modifiers = Shift+Mod5;
    map[None] = level1;
    map[Shift] = level2;
    map[Mod5] = level3;
    map[Mod5+Shift] = level3;
    level_name[Level1] = "Base";
    level_name[Level2] = "Caps";
    level_name[Level3] = "Arrows";
};

Sublime Text 2に関しては、解決策はよりトリッキーでハック的です。上記のように、Sublime Text 2はデバイスから直接キーコードを読み取るため、Xkbの一部の機能を無視します(矢印を使用したxkbトリックは効果がありません)。ほぼ放棄されたがまだ機能しているプロジェクト、Gizmo Daemon http://gizmod.sourceforge.net/ があります。苦労してグーグルした後、DebianWheezyで正常にコンパイルしました。次に、このgizmodスクリプトを作成し、〜/ .gizmod/modules.d/010-KeyboardViMode-SublimeText2.py http://Pastebin.com/HNQgGEwD に配置しました。

P.S. Linuxでは、時々KeyboardRemap4MacBookを見逃します。 OS Xソフトウェアのこの大きな平和は、ほんの少しのチェックボックスでそのようなナビゲーション(そして他の多くのもの)を可能にすることができます。

2
sgtpep

私はDebian/UbuntuのHHKBユーザーであり、このソリューションは私のために機能します。

使用する Left Ctrl アクティブキーに。

$ vi ~/.Xmodmap
keycode 37 = ISO_Level3_Shift

このコードを/ usr/share/X11/xkb/symbol/usbasicブロックの// End alphanumeric sectionの下に追加します

//hjkl
//Ctrl + hjkl
key <AC06> {    [   h,  H,  Left    ]   };
key <AC07> {    [   j,  J,  Down    ]   };
key <AC08> {    [   k,  K,  Up      ]   };
key <AC09> {    [   l,  L,  Right   ]   };

これで、左、下、上、右のキーを使用できるようになります。 Ctrlh、 j、 k、 l

ちなみに、Firefoxでpentadactylを使用したことがある場合は、このコードを〜/ .pentadactylrcに追加できます。

map -modes=i,c <C-down> <down>
map -modes=i,c <C-up> <up>
1
Chu-Saing Lai

私は autokey を見つけ、マッピングに適しています。

リンク キーバインディング-ラップトップでキーパッドをエミュレート-Ubuntuに質問 が役立つかもしれないと思います。

1
Chu-Saing Lai

これはArchで私のために働きます。 Caps + hjklを矢印キーに、またShift + CapsをCapsに再マッピングします。

以下を~/.Xmodmapに入れます。

! Remap caps lock to special modifier, but still allow shift+caps to 
toggle caps lock
clear lock
clear mod5
add lock = Mode_switch
keycode 66 = Mode_switch Caps_Lock NoSymbol NoSymbol
keycode 43 = h H Left Left
keycode 44 = j J Down Down
keycode 45 = k K Up Up
keycode 46 = l L Right Right

再起動するか、xmodmap ~/.Xmodmapで設定します

次のようなエラーが発生した場合:

X Error of failed request:  BadValue (integer parameter out of range for operation)

おそらく、mod5(現在Mode_switchに設定されているもの)以外のものをクリアする必要があることを意味します。 xmodmapを使用して現在の修飾子のマッピングを確認してください。

1
Huon Imberger