it-swarm-ja.com

借用したMATLABライセンスをFlexLMサーバーに返す

Windows 7 x64マシンでMATLABを使用しており、lmutil.exe lmborrowコマンドラインユーティリティを使用してFlexLMサーバーからライセンスを正常に借用しましたが、サーバーにライセンスを返すことができません。

コンピューターを再起動しましたが、MATLABが実行されていません。次のコマンドは、現在チェックアウトされているライセンスを示しています。

C:\Program Files\MATLAB\R2012b\etc\win64>lmutil.exe lmborrow -status
lmutil - Copyright (c) 1989-2010 Flexera Software, Inc. All Rights Reserved.
Vendor     Feature                             Expiration
______     ________                            __________

MLM        MATLAB                              27-Nov-12 23:59
MLM        Signal_Toolbox                      28-Nov-12 00:00

LM_LICENSE_FILE環境変数を設定したので、コマンドで-cオプションを使用する必要がないことに注意してください。

ここで、lmutil.exe lmborrow -clearを実行すると「Clearing LM_BORROW」と表示されますが、statusコマンドは上記と同じ結果を返します。ドキュメントには、-clearオプションはソフトウェアが新しいライセンスを借用するのを防ぐだけであり、-returnオプションは正しい行動方針であると記載されているので問題ありません。

しかし、そこでは成功しません。次のコマンドを試しましたが、何も実行されないようです。

C:\Program Files\MATLAB\R2012b\etc\win64>lmutil.exe lmborrow -return Signal_Tool
box
lmutil - Copyright (c) 1989-2010 Flexera Software, Inc. All Rights Reserved.
lmborrow: No such feature exists. (-5,412)

C:\Program Files\MATLAB\R2012b\etc\win64>lmutil.exe lmborrow -return MATLAB
lmutil - Copyright (c) 1989-2010 Flexera Software, Inc. All Rights Reserved.
lmborrow: No such feature exists. (-5,412)

C:\Program Files\MATLAB\R2012b\etc\win64>lmutil.exe lmborrow -return Matlab
lmutil - Copyright (c) 1989-2010 Flexera Software, Inc. All Rights Reserved.
Error: Matlab not currently borrowed.

C:\Program Files\MATLAB\R2012b\etc\win64>lmutil.exe lmborrow -return MLM
lmutil - Copyright (c) 1989-2010 Flexera Software, Inc. All Rights Reserved.
Error: MLM not currently borrowed.

これらのライセンスを早期に返却するための支援をいただければ幸いです。これらの借用ライセンスが次の2日間で期限切れになった後でも、将来的に確実にライセンスを借用/返却できる必要があります。

2
Arthur Hebert

私の質問に対する簡単な答えは、MATLABライセンスの借用は、トライアド(冗長)ライセンスサーバー構成では正しく機能しないということです。

「少し前に」この問題に取り組んだクライアントの会社のIT担当者と話をしました。彼は、Mathworksのサポートによって問題を修正しようと何度か試みた後、上記を結論付けたと述べました。サーバーにライセンスファイルを再読み込みさせることは役に立ちません。これは、修正するためのコストを正当化しない、あまり使用されていない機能だと思います。

クライアントとの私たちの解決策は、ユーザーが必要だと思う場合にのみライセンスを借りるようにユーザーに警告することでしたが、最初にライセンスを借りる必要があるユーザーは数人しかないため、これは問題なく機能しています(フィールドワーク)。

また、クライアントにはMATLABのコンパイラツールボックスがあるため、クライアントはスタンドアロンプ​​ログラムを作成し、それらの実行可能ファイルは展開後にライセンスを必要としません。

これは最も満足のいく答えではありませんが、LCD画面に頭をぶつけることから解放されました。:)

1
Arthur Hebert