it-swarm-ja.com

Microsoft Officeアップロードセンターを無効にする

Microsoft Office 2013および2016では、Microsoft Office Upload Centerは自動的に実行され、システムトレイに表示されます。私はそれを使用しないで、実行しないようにしたいのです。

どうすればそのプログラムを完全に削除できますか?

enter image description here

166
FiveO

"無効にすることはできません。起動から削除しても起動します。タスクマネージャを開いてMSOSYNC.EXEのプロセスを終了するだけです。無効にする方法はありません。この情報はoffice365フォーラムからのものです。 "

違います。

レジストリでMicrosoft Office Upload Centerを簡単に無効にすることができますが、これが唯一の方法です。

Microsoftは、GUIでこれを行わないようにするために邪魔をしました。MSCONFIGでさえも機能しません。

これがレジストリの修正です(Windows 7 + Office 2010でのみテストされています...Windows/Officeの最新バージョンについては他の回答を参照してください)。

検索場所:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

MSOSYNC.EXEの現在の場所を指すOfficeSyncProcessエントリを削除します。

この問題全体に対するマイクロソフトの傲慢さは驚くべきことだ。

enter image description here

多くの人々 は、この機能を無効にすることに失望してフォーラムに目を向けています。

これらの 人はそれを無効にしたいので、 these 、および these 、さらに these

SharePoint/SkyDriveを1回実行しただけで自動的に有効になることはありません。有効になっている場合は、袖を広げたりレジストリを改造したりせずに無効にすることも可能です。

悪いショー、マイクロソフト。悪いショー.

これを無効/設定するにはTask Schedulerを開いてTask Scheduler Libraryノードをクリックしてください。ここにMicrosoft Office 15 Sync Maintenance for USERNAMEというラベルのタスクが表示されます。

トリガー全体を無効にする(右クリックしてdisableを選択する)か、このプロパティーを変更してジョブを開始するトリガーを修正します。たとえば、ユーザーのログオン時に開始するトリガーを削除できます。

enter image description here

125
user209050

Windows 10でMicrosoft Office 2016を使用し、現在完全に統合されたOneDriveアプリケーションを使用しています...

2016年8月現在、OneDriveバージョン2016(Build 17.3.6517.0809)に更新されています


  1. OneDriveトレイアイコンを右クリックして設定を選択します。

    settings

  2. [Office]タブに移動し、[Officeを使用してOfficeファイルを同期する]のチェックを外します。

    Windows 10 OneDrive Version 2016 (Build 17.3.6517.0809)

  3. コンピュータを再起動してもOffice Upload Centerが起動時にロードされなくなります。
61
GollyJer

注:この回答はOffice 2013の初期の頃に書かれたもので、古くなっていると報告されています。元の答えが続きます...

絶望的な私はオフィスがそれを見つけることができないように私は実行可能なmsosync.exeの名前を変更しました。汚れた、はい、しかし私はこのアプローチに問題がなかった、そして今私のコンピュータは再びはるかに良く働く:)

33
Mark Ch

このファイルの名前を変更するだけです

C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\msosync.exe
11
Vijit Uttam

これはひどいMSプッシュの煩わしさであり、さらに悪いことに、MSは以前の削除手順を常に避けて使用することを主張しています。だからここにいくつかの(現在)実用的な解決策を収集し、更新しようとしています。ここの投稿の回答は、おそらく数ヶ月後にもう一度更新する必要があります。

これらの手順は、Windows 8.1のMSOffice 2013 Home&StudentEditionでMicrosoft Office Upload Centerを無効にするためのものです。

  1. オプションで:

    • SharePointをアンインストールします。
    • SkyDriveをアンインストールします。
  2. プロセスを強制終了します。

    a)システムサービス「Microsoft Office Service」を停止します。 (おそらく永久に無効にする?)

    b)Process Explorerを使用して、存在する場合は以下のすべてのプロセスを強制終了します。

    integratedoffice.exe
    MSOSYNC.EXE
    CSISYNCCLIENT.EXE
    OSPPSVC.EXE
    MSOUC.EXE 
    

    c)[1]のファイル名に ".disabled"を追加して、以下の*.EXEファイルの名前を変更します。

    C:\Program Files\Microsoft Office 15\root\office15\MSOUC.EXE
    C:\Program Files\Microsoft Office 15\root\office15\MSOSYNC.EXE
    

    そしておそらくまた:

    C:\Program Files\Microsoft Office 15\root\office15\MSOHTMED.EXE
    

    [1]このフォルダは次の場所にあることも判明しています。

    C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\
    
  3. 上記のファイルを偽の*.EXEファイルに置き換えます。

    a)次のコマンドでMSOSYNC.txtという新しいテキストファイルを作成して編集します。

    quit
    

    b)ファイルをコピーして名前を変更MSOSYNC.txt

    MSOSYNC.EXE
    MSOUC.EXE
    

    c)必要に応じて正しいファイル権限を設定してください。

  4. タスクスケジューラからエントリを削除します。

    a)[コントロールパネル]を開き、次の場所に進みます。

    Control Panel >> System and Security >> Administrative Tools
    

    b)[タスクスケジューラ]を選択して開きます。

    c)[タスクスケジューラライブラリ]アイコンをクリックします。 [左側/ペイン]

    d)検索してクリックします。
    「 - Microsoft Office 15同期メンテナンス - 」

    e)[アクション] [タブ]をクリックして、次のように表示されることを確認します。

    C:\Program Files\Microsoft Office 15\Root\Office15\MsoSync.exe
    

    f)右側のウィンドウの[選択したアイテム]の下にある[無効にする]をクリックします。

  5. 確認が必要なその他の不審なタスク:

    1) Expand the "Task Scheduler Library" tab [on the left pane]
    2) >> Microsoft >> Office >> Office Automatic Updates
    3) >> Microsoft >> Windows >> SettingSync >> BackgroundUploadTask
    4) >> Microsoft >> Windows >> SkyDrive >> Idle Sync Maintenance Task 
    
  6. インターネットへの接続をOfficeに許可しません。

    a)Wordなどの任意のオフィスアプリケーションを開き、次の場所に移動します。

    File >> Options >> Trust Center [on bottom left]
    

    b)[Microdsoft Word Trust Center]ヘッダー[下]で、以下を選択します。

    "Trust Center Settings..." button [bottom right] 
    

    c)新しい[セキュリティセンター]ウィンドウで、次の場所に移動します。

    Privacy Options [on bottom left]
    

    d)[プライバシーオプション]の見出しの下にあるAllow Office to connect to the Internet.の選択を解除します。


ここにいくつかの追加の可能な解決策がありますが、私は試していません:

  1. 「許可されていないアプリケーションのリスト」にMSOSYNC.EXEを追加して、全員のグループポリシーを変更します。
  2. 「Microsoft Office Service」というシステムサービスを無効にします。
  3. レジストリを編集します...
  4. 「Microsoft Office Workspaces」に関連するものすべてを削除します。
9
not2qubit

Office 2013では、MSOSYNCは "CSISYNCCLIENT.EXE"と呼ばれる新しいプロセスの下にあるようです。私はこれをプロセスエクスプローラで見つけました。おそらくあなたがレジストリでそれを検索した場合、それは無効にされる可能性があります

4
Zackptg5

これを見てみるとよいでしょう MSの回答
その場合、ユーザーはOffice 2013を削除しましたが、SkyDriveデスクトップアプリはまだインストールされていて、アップロードセンターを参照するSkyDrive設定がありました。

私の場合は、Sharepoint Designer 2013のみがインストールされていました(Officeスイートは2010年に立ち往生していて、すでにアップロードセンターを無効にしていました)。

2
superjos

Windows 7/8ユーザーの場合、このプロセスは、コントロールパネル - >管理ツールのタスクスケジューラにアクセスすることによってのみ自動実行から無効にすることができます。 Microsoft - > Officeフォルダを探し、Officeフォルダにあるすべてのタスクを無効にする必要があります。

1
FaneGSM

無効にすることはできません。起動から削除しても、まだロードされます。あなたがすることができるのは開いたタスクマネージャで、MSOSYNC.EXEのプロセスを終了することです。

0
STFU