it-swarm-ja.com

MS Security Essentialsで「高」または「重度」のアラートを生成するプログラムを許可するにはどうすればよいですか?

Microsoft Security Essentialsは、「高」または「重度」のリスクがあると見なされるプログラムの検疫または削除アクションのみを許可しているようです。

ただし、これらのレベルは、「ハッキングツール」と見なされるものにも割り当てられます。

この乳母の振る舞いを無効にして、許可リストにプログラムを強制する方法はありますか?

ドロップダウンリストに「許可」オプションがないことを示すスクリーンショットを次に示します。

enter image description here

6
Alex O

プログラムを再インストールすると、問題は解決しました。

2
Alex O

私もこの問題を抱えていましたが、各デフォルトアクションを「推奨アクション」に変更した後(デフォルトアクションを自動実行するボックスがオフになっていることも確認してください)。

それでも「許可」はありません。ただし、検疫中のアイテムの横にあるチェックボックスをオンにすると、許可することができます。

チェックボックスをオンにするまで、私は非常にイライラしていました!

2
CALVIN
  • Security Essentialsに通知が表示されたら、[詳細を表示]リンクをクリックします。
  • [潜在的な脅威の詳細]ダイアログボックスで、プログラムを選択し、[推奨]列の下矢印をクリックして、[許可]をクリックします。
  • [アクションの適用]をクリックします。管理者パスワードまたは確認の入力を求められた場合は、パスワードを入力するか、アクションを確認します。

編集:

「許可」オプションが利用できない場合。ファイルをMicrosoftに送信します。MSEを開きます。 MSEの右側にはダウンポインターがあります。それをクリックして、悪意のあるサンプルの送信を選択し、フォームに適切な情報を入力します。

[〜#〜]ソース[〜#〜]

1
admintech

重大なアラートレベルのデフォルトのアクションを「推奨アクション」に変更すると、「脅威」を許可できるようになります。

1
iddqd