it-swarm-ja.com

Androidタブレットのサイドナビゲーションメニュー

サイドナビゲーションメニューの新しいトレンドが引き継がれましたAndroidアプリ-Facebook、Evernote、そしてyoutubeとgoogle +はすべて次のようにサイドナビゲーションメニューを実行しています:

enter image description here

これはしばらく前から存在しているようですが、回復しているようで、開発者からAndroid Google I/O 2012のファイアサイドチャットで、このコンポーネントかどうかについての質問がありました。開発者ライブラリに入ります。

現在、タブレット向けに開発していますが、開発者として実装することをお勧めします。しかし、私はUXの人ではありませんこれは電話の場合と同様にタブレットでも機能するのでしょうか私はどこでも読んでいるので、フラグメントがより良いアプローチであることを知っていますが、私にとってこれはタブレットでも持つのはかなりいいようで、それに関する問題を見ることはありません。私の質問は2つあります。

  1. これはタブレット(10.1インチ)に適したUIパターンですか?ナビゲーションのかなり深い階層レベルがあるため、他にどのような代替案がありますか?
  2. Androidで目次をより効果的に表示するのに役立つ、このようなパターンは他にもありますか?
7
Vrashabh Irde

私は ペインレイアウト を崇拝します。うまく実装されていれば、タブレットの余分な画面スペースを美しく機能的な方法で使用できます。それが常に存在するかどうかは、アプリの目的によって異なります。ユーザーが画面全体で何かを見たい場合は、ペインを切り替えることができると便利です。サイドメニューから始めて、ユーザーがそれを所定の位置に固定してから、ペインフラグメントに変換することもできます。

消費アプリの場合は、Gmail、リーダー、連絡先などと同様に、ペインを横に置くことができます。

追加のディスカッション Android UIパターンのナビゲーションメニュー

0
Karen

他に何があるかによると思います。 (たとえば)左側に項目のリストを表示し、現在選択されている項目の詳細を右側に表示するリスト/詳細ビューがある場合でも、このパターンはうまく機能します。タブレットのサイズによっては、メニューが収まりません。また、ユーザーの注意をそらす可能性もあります。

たとえば、Google +はこのパターンをタブレットでも使用しています。あなたはいつもメニューを見たくないでしょう。

とにかく、それでもわからない場合は、コンテンツがどのようになるかを示す画面/スケッチを追加してください。これは役に立ちます。

フラグメントについて:それらは一般的にタブレットで使用されます。たとえば、リスト/詳細ビューでは、左側のリストにはListFragmentを使用し、詳細には通常のFragmentを使用します。したがって、とにかくフラグメントを使用することになるでしょう。撮りモードでは、すべてのコンテンツに十分なスペースがない場合があることに注意してください。この場合、フラグメントは複数のアクティビティ間の不要なコードの重複を防ぎます。

0