it-swarm-ja.com

ネットワークインターフェース名の変更Ubuntu 16.04

この新しいUbuntu 16.04 LTSバージョンでネットワークインターフェース名を変更しようとしましたが、/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rulesがありません。

そこで、/ lib/udev/write_net_rulesを使用しようとしましたが、存在しませんでした。

なぜこの変更が必要なのですか?
フレックスライセンスを使用する仮想プラットフォームをシミュレートするツールを使用しているため、認証はeth0インターフェイス名に含まれている必要があります。

なにか提案を?

コマンドIPリンクが戻る

[email protected]:~$ ip link 
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT group default qlen 1
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
2: enp6s0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state DOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
link/ether b8:2a:xx:yy:xx:yy brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: wlp7s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP mode DORMANT group default qlen 1000
link/ether 5c:e0:xx:yy:xx:yy brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

[email protected]:~$ ifconfig 
enp6s0    Link encap:Ethernet  HWaddr b8:2a:xx:yy:xx:yy  
lo        Link encap:Local Loopback  
wlp7s0    Link encap:Ethernet  HWaddr 5c:e0:xx:yy:xx:yy  

(一部の情報は無視され、XDは抑制されました)私はすでにいくつかのリンクを試しました:

15.10への更新後のネットワークインターフェース名の変更-udevの変更イーサネットインターフェースの名前を変更する方法?

手伝ってくれてありがとう。

54
Geancarlo Abich

Ubuntuの最近のバージョンでネットワーク名を変更する方法についての誤解を招く情報がたくさんあります。一部の情報はsystemd.linkを指していますが、これはUbuntu(16.04時点)がsystemdのこの部分を使用していないために間違っています。

実際、インターフェース名の変更は以前とほぼ同じように機能しますが、2つの小さな違いがあります。まず、ファイル/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rulesを手動で作成する必要があります。これには、このファイルを上書きするスクリプトを心配する必要がなく、必要な行を追加するだけでよいという利点があります(コメントも不要です)。 2番目-これは、それを理解するのに多くの時間を費やした変更です-Ubuntu 14.04 LTSと比較してフォーマットがわずかに変更されました:

MACアドレス「02:01:02:03:04:05」を持つNICのインターフェース名を「eth0」に修正する行は次のとおりです。

SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="02:01:02:03:04:05", ATTR{dev_id}=="0x0", ATTR{type}=="1", NAME="eth0"

この行は、Ubuntu 14.04 LTSとほとんど同じように見えますが、1つのわずかな違いがあります。Ubuntu14.04では、追加の条件KERNEL=="eth*"がありました。何らかの理由で、これはUbuntu 16.04 LTSでは機能しません。この追加の条件が存在する場合、行全体が無視され、デフォルトの動作(80-net-setup-link.rulesで指定されている)に戻ります。

75

Ubuntu 16.04.1 LTSでは、Linux plaptop 4.4.0-31-genericx86_64 MATE。 @ Geancarlo Abichの回答のステップ1とそれが機能した。 Ubuntuは、再起動後に新しい名前を直接作成しました。

/ etc/default/grubを編集して、次の行を変更します

GRUB_CMDLINE_LINUX=""

GRUB_CMDLINE_LINUX="net.ifnames=0 biosdevname=0"

そして最後に:

$ Sudo update-grub

そしてシステムを再起動します:

$ Sudo reboot
[email protected]:~$ ifconfig 
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 70:5a:0f:d7:03:38  
          inet addr:10.67.10.43  Bcast:10.67.10.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::8c03:edb5:a3d1:ba21/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:63129 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:37788 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000 
          RX bytes:51115719 (51.1 MB)  TX bytes:5006758 (5.0 MB)
          Interrupt:16 Memory:f1200000-f1220000 

lo        Link encap:Local Loopback  
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:65536  Metric:1
          RX packets:255 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:255 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1 
          RX bytes:21076 (21.0 KB)  TX bytes:21076 (21.0 KB)

wlan0     Link encap:Ethernet  HWaddr 44:85:00:62:c6:e5  
          inet addr:10.67.14.106  Bcast:10.67.14.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::5844:f9dd:32ff:9b45/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:25 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:86 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000 
          RX bytes:5320 (5.3 KB)  TX bytes:14611 (14.6 KB)
66
floorripper

buntu-16.04-server-AMD64

/etc/default/grubで、変更

GRUB_CMDLINE_LINUX=""

GRUB_CMDLINE_LINUX="net.ifnames=0"

次に、次を入力します。

Sudo update-grub

そしてシステムを再起動します

Sudo reboot

私はいくつかの提案を混ぜようとしましたが、解決策を見つけました!

ステップ1:デフォルトのファームウェア継承名を無効にします。

/etc/default/grubを編集して、次の行を変更します

GRUB_CMDLINE_LINUX=""

GRUB_CMDLINE_LINUX="net.ifnames=0 biosdevname=0"

そして、最終的にルートとして実行します:

$ Sudo update-grub

そしてシステムを再起動します。

$ Sudo reboot

ステップ2:永続ファイル/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rulesをルートとして作成し、入力します。

$ Sudo gedit /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

例:

# This file was automatically generated by the /lib/udev/write_net_rules
# program, run by the persistent-net-generator.rules rules file.
#
# You can modify it, as long as you keep each rule on a single
# line, and change only the value of the NAME= key.

# PCI device lan Device
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="XX:yy:XX:yy:XX:yy", ATTR{dev_id}=="0x0", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="ethX"

# PCI device Wlan Device
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="XX:yy:XX:yy:XX:yy", ATTR{dev_id}=="0x0", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="wlanX"

(インターフェイスのMACアドレスを使用して、名前を変更するインターフェイスを参照し、必要に応じて「X」インターフェイス名の値を変更します)

変更を保存して再起動します。

$ Sudo reboot

これは私のために動作します。

8
Geancarlo Abich