it-swarm-ja.com

10GbE USB 3.1 Gen 2アダプターがまだ存在しないという技術的な理由はありますか?

たとえば、FireWireにはDMA USBが提供していないもの)が必要なため、USB経由でFireWireアダプタを作成することは事実上不可能です。10ギガビットイーサネットアダプタがUSB Cポート(Thunderbolt以外)?GigE over USB 3.1 Gen 1(さらにはUSB 2.0)がいたるところにありますが、802.3an標準にはこれをブロックするものがありますか?

USB Cを搭載したより高価なノートパソコンもThunderbolt 3対応であり、安価なノートパソコンの所有者が10 GbEアダプターを望んでいないことは、ここでの経済状況を理解しています。ただし、この質問は技術的な理由に関するものです(経済的な議論はUSB Cの方がThunderbolt 3よりもはるかに安価ですが、別のサイトにその議論を任せましょう)。

11
chx

答えはもう1つあります。今回は暗黙ではなく明示です。

たとえば、FireWireにDMA USBが提供していないもの)が必要なため、USB経由でFireWireアダプタを作成することは事実上不可能です。10ギガビットイーサネットアダプタがUSB Cポート(Thunderbolt以外)?

10GbEが存在できない理由はありません。 AquantiaおよびRealtekによる2.5GbEおよび5GbE USBコントローラーは、> 1GbEアダプターが存在できることを証明しています。 USB経由の10GbEも登場する可能性がありますが、前述のように、オーバーヘッドの後、10Gb/s USBは6Gb/sに似ています。また、ベンダーが2つのポート用に4x PCIe 3.0レーンを犠牲にしたくないため、USBコントローラーの大部分がPCIeによってボトルネックになっているという問題もあります。 PCIe 3.0 x1(8Gb/s)をベースにしたデュアルポートUSB 3.1 Gen2コントローラー(合計20Gb/s)をたくさん見ました。 Thunderbolt 3コントローラーは、ボトルネックのない最も一般的なUSB 3.1実装であり、フル10Gb/s USBを提供できますが、ご存じのように、Thunderbolt 3を使用している場合は、意味がありません。

誰かが述べたように、ボトルネックが1GbE USB 2.0アダプターの作成を止めることはありませんでしたが、これは100Mb/sアダプターよりも速度が向上したためです。 USB経由の10GbEは6Gb/sに似ているため、5GbEアダプターを作成する可能性が高くなります(以前と同様)。フル5GbEアダプターよりもボトルネックの10GbEアダプターを作成することの唯一の利点は、1GbEを超える速度でNBASE-Tをサポートしない10GbEスイッチに接続することです。これはUSB 3.2(USB-C経由で20Gb/s)ではなくなりますが、USBコントローラーがボトルネックになる傾向がある問題は悪化するだけです。

USBの遅延が少ない。イーサネットにとってはグラフィックスプロセッシングユニットほど重要ではないかもしれませんが、10Gb/sを実行する場合でも、違いが生じる可能性があります。私のThunderbolt SANLink3 N1を使用していても、Windowsは10Gb/sを達成するのに苦労しています(Linuxは簡単に動作しないため、ドライバーの問題です)。 Apple Thunderbolt 2-ギガビットイーサネットアダプターとUSBアダプターを比較し、Thunderbolt PCIeアダプターの方が電力効率が高く、CPU使用量も少ないと言っています。これは10GbEで10倍顕著になります。 5GbE USBアダプターがついに登場しました。誰かがオーバーヘッド、CPU使用率、電力効率をThunderboltや純粋なPCIe NBASE-Tカードでテストして比較すると確信しています。

電力消費は問題です-彼らがサポートしなければならない距離が長いためです。短いケーブルでは、10GbEはほとんど同じくらいの電力を消費しないと私はかなり確信しています。メーカー(Promise Technology)によると、私のSANLink3 N1はイーサネットコントローラに約9W、Thunderboltサブシステムに2Wを使用できます。 Thunderbolt 3ポートは、バスパワーデバイスに対して15Wを保証しますが、USBにはそのような保証はありません。製造元はおそらく、いくつか(または多く)のポートから供給される電力が不十分であることが原因で発生する問題について、多くの苦情を受けます。彼らは、利便性と携帯性の低下のために製品をあまり望ましくないものにする補助電源入力を提供する必要があります。過去のすべてのUSB-Ethernetアダプターはすべてバスから電力を供給されていたので、人々はそれをうまく利用しませんでした。

GPUと同様にPCIeであるものは、通常、パフォーマンスだけでなく、DMAにも重要な依存関係がありますが、ドライバーの作成方法と物理インターフェイスの構築方法に組み込まれています。唯一のUSB GPUはDisplayLinkチップであり、実際にはGPUではありません。カーネルモードドライバーを備えたCPU/OSからフレームバッファーを取得し、それをビデオ信号に変換するだけです。一方、USBイーサネットは非常に長い間存在し、ついに5Gb/sにスケーリングしました。これは、将来さらにスケーリングできることを意味します。

GigE over USB 3.1 Gen 1(さらにはUSB 2.0)はいたるところにありますが、802.3an標準にはこれを妨げる何かがありますか?

私が議論した理由は、標準で禁止されている、または回避するのがほとんど不可能であるという意味で技術的ではありません。真の10GbE USBアダプターの可能性を排除する技術的な理由はありませんが、メーカーが興味を持つにはあまりにも多くの実際的な問題があります。

USB Cを備えたより高価なラップトップもThunderbolt 3に対応しており、安価なものの所有者が10 GbEアダプターを望んでいるとは思えないという経済状況を理解しています。ただし、この質問は技術的な理由に関するものです(経済的な議論はUSB CがThunderbolt 3よりもはるかに安価であることに対抗できるため、この議論は別のサイトに任せましょう)。

存在する技術的な理由は克服できないものではありませんが、主流の採用/需要がなければ、製造業者は短所が長所を上回ると考えているようです。 USB 3.2(20Gb/s)は、ボトルネックのない10GbEを可能にすることで、より強力な長所でスケールをいくらか傾けるはずです(コントローラーが十分なPCIeレーンによってサポートされていると想定)。採用が遅くなるからです。技術的制限ではなく、実際的および経済的制限を同じものと見なすかどうかはわかりません。

この回答が適切でない場合は、質問の内容と回答の形式を明確にする必要があります。

6
Karatekid430

USB to NBASE-T PHYの公式発表は次のとおりです。

Aquantia-AQC111UおよびAQC112U- https://www.aquantia.com/products/aqtion/chips/aqtion-aqc111u-aqc112u/

Realtek-RTL8156- http://www.realtek.com/press/newsViewOne.aspx?NewsID=454&Langid=1&PNid=0&PFid=1&Level=1

私の知る限りでは、これらのICをベースにした製品はまだ棚に出せるようにはなっていませんが、それほど長くはないはずです(私はそう思います)。

AquantiaのAQC111UがUSB 3.1 Gen1によってボトルネックになることは注目に値します。 5Gbpsイーサネットに5Gb/s USBを使用しますが、オーバーヘッドが発生します。オーバーヘッドはファイル転送にUSB SSDを使用する場合と同様であり、480Mb/sのUSB 2.0より約280Mb/sになると思います。これは、使用する場合の約58%または42%のオーバーヘッドです。これは、USB 2.0で最大約35MB/sを観測した結果です。これが悪い仮定である場合、誰かが私を修正することができます。

どちらの方法でも、AQC111Uには10Gb/sのUSB 3.1 Gen2を使用し、将来の10GbE USBアダプターには20Gb/sのUSB 3.2を使用する必要がありました。

AQC112UとRTL8156は、2.5GbEアダプターであり、5Gb/s USBがボトルネックにならないため、影響を受けません。

いつものように、Thunderbolt 3ポートをコンピューターに搭載している読者には、Thunderbolt 3用の多数の10GbEアダプターがすでに存在しており、その一部はポータブルでバスパワー型であることは注目に値します。 Thunderbolt 2からThunderbolt 3へのアダプターは電力を供給しないため、Thunderbolt 2はバスパワーデバイスでは動作しません。唯一の方法は、電源付きのThunderbolt 3ドックを介してデイジーチェーン接続することです。

Thunderboltを使用できない場合は、この記事のトピックに引き続き関心があると思います。誰もがThunderboltを完全に認識しているわけではなく、それがオプションであることを認識していない可能性があるため、言及するだけで十分です。

3
Karatekid430

USBへの10GBEは作成されません。今日のいくつかの理由。 10GBEは(10ワット以上のように)電力を消費しすぎるため、USB電力仕様を満たすことができません...そして、どの小売電気会社もUSBドングルのプラグインを作りたがっていません。市場が小さすぎます。たぶんいくつかのブティックのものですが、あなたは200ドル以上を見ているでしょう。また、どのチップベンダーも費用対効果の高いシングルチップまたは2チップソリューションを構築しているとは思いません。鶏肉または卵。最終製品は十分に大きな市場ではないため、電力消費のために投資するには市場が十分に大きくありません。 10GBEには、Cat6AまたはCat7ケーブルも必要です。 Cat5/5E/6/6Eでは機能しません。新しいケーブルが必要になり、潜在的な市場が再び小さくなり、消費者は細かい文字を読まずに購入=返却***************** Thunderbolt 2および3〜10GBEのオプションがあり、Thunderboltはさらに多くを提供できますパワー。 15ワット。これらはあなたが望むものに応じて200-350ドルです。 Googleの「10GBE Thunderbolt」を使用すると、SONNET、PROMISE、およびAKITIOのものが表示されます。それらはMacBooksとThunderbolt2/3を搭載したWinマシンでうまく動作します。 thunder2と3のオプションの両方を使用しました。また、Thunderboltはシリアル化されたPCIe 2nd/3rd genであるため、ドライバーはPCIeカードに似ています。 USBはよりCPUを集中的に使用するドライバーですが、それは別の議論です。


しかし..朗報:2018年後半に発売されるのはUSBで1/2.5/5gigeです。 2.5および5gigeは、最近「N-BaseT」の一部として追加された2つの新しい中間ステップの一部です。 2.5および5ギガは既存のケーブルで機能します。まあ多分cat5ではありません。ただし、5E以上。これらのUSBドングルはAquantiaチップからのものです。 Google "AQtion AQC111U"これらはUSB3パワーバジェットに収まる(5ワットaka 5v x 1a = 5ワットだと思う)マルチギグが必要なので、私はこれらに興奮していますが、私がやっていることに10GBEは必要ありません。

0
ButterBeavis

10GbEにusb 3を使用するアダプターが1つもまだ見つかっていないので、以下はgen 1と2の両方のusb 3.1に当てはまると思います。

USB 3.1 Gen 1およびGen 2の用語は、ここでは混乱しています。

USB 3.1 Gen 1はサブセットであるため、特定の速度分類に単純に適合する既存のチップセットはUSB 3.1 Gen 1と呼ばれます。

USB 3.1 Gen 2は、別のコネクタを必要とする独立した仕様です。

そのようなアダプターの市場での入手可能性の有効性について話すことはできませんが、USB 最大データシグナリングレートをイーサネットシグナリングレートと比較しているためです。

事実上、これは、USB 3.1 gen 2デバイスの大部分が10Gb/s近くに到達しないことを意味します。そのため、PCI-eを使用する方が理にかなっています。 PCI-eはレーンごとにそれほど高速ではありませんが、カードは多くのレーンにアクセスできます。

X1 PCI-eから10GbEへのアダプターを見つけたら話をします。

0
jdwolf