it-swarm-ja.com

2番目のアクセスポイントに192.168.1.255を使用することの意味

これが状況です。最近、家全体にワイヤレスネットワークの到達範囲を広げるために、イーサネットケーブルを介して元のワイヤレスルーターに接続した2番目のワイヤレスルーターを入手しました。 DHCPを無効にして、他のデバイスに割り当てられないIPアドレスをルーターに与える必要があることを学びました。元のルーターには192.168.1.254があったので、2番目のルーターには192.168.1.255を選択しました。私はネットワークの専門家ではないので、それが実際に魅力のように機能するのを見てうれしかったです。その後、192.168.1.255はネットワーク上のデフォルトのブロードキャストアドレスであるため、実際には悪い選択であることがわかりました。問題は、なぜそれが悪い選択であるかについての詳細な説明がどこにも見つからないことです。つまり、他のアクセスポイントにそれを使用することの実際的な意味は何ですか?問題を例示する具体的な使用例を教えてください。どうも :)

2
Robert Gutke

DHCPを無効にして、他のデバイスに割り当てられないIPアドレスをルーターに与える必要があることを学びました。

ここで最初に気付くのは、基本的に「ワイヤレスルーター」(別名AP)をワイヤレスブリッジとして構成したことです。イーサネットをWifiにブリッジします。 APは、この機能のために実際にはネットワーク上に有効なIPアドレスをまったく必要としません。このブリッジングは純粋にレイヤー2であり、IPアドレスは必要ありません。この設定では、割り当てられたIPは、APの構成(SSID、暗号化など)の管理に使用されます。初期構成後はTCP/IPを使用してこのデバイスと通信する必要がないため、セットアップでは、このアドレスの割り当てはほとんど問題になりません。

私はそれが悪い選択である理由の詳細な説明を見つけます

まあ、スペックはあなたがこれをするべきではないと言っているので、あなたはすべきではありません。多くのシステムでは、それを実行することすらできません。この方法でシステムを構成できる場合は、異常な結果が得られます。

  • サブネットブロードキャストアドレスに送信するイーサネットデバイスは、レイヤー2の宛先をイーサネットブロードキャストに設定します。そのアドレスへのパケットがネットワーク上のすべての単一システムに送信されることを意味します。スイッチ/ブリッジはブロードキャストをまったく除外しません。
  • 異常なarp動作が発生する可能性があります。
  • ブロードキャストアドレスで構成されたシステムは、実際には意図されていなかった実際の「ブロードキャスト」に予期しない応答で応答する場合があります。たとえば、元のブロードキャストを送信するシステムが予期していなかった方法で、ブロードキャストメッセージに対して接続拒否メッセージまたはその他のメッセージで応答する場合があります。
3
Zoredache

私はZoredacheと一緒に、質問に対する全体的な最良の回答を提供しています。

しかし、Win8/10のコンピューターブラウザもこのアドレスを検出に使用しているという事実については誰も言及していません。

これは、Advanced IPScannerを使用して確認できます。 PCの1つがプライマリIPアドレスと192.168.x.255でリストされていることに注意してください。

IPスキャンの結果を取得したら、報告されたMACアドレスを使用して、どのコンピューターがそれを実行しているかを把握できます。 PCが名前とグループ別にリストされていることがわかります。次に、グループにMSBROWSEが含まれていることがわかります。

nmapは、そのアドレスでシステムが応答しないと報告します。

この動作の詳細については、次を確認してください。 http://windowsitpro.com/networking/knowing-angles-netbios-suffixes

乾杯

0
SDsolar