it-swarm-ja.com

802.11acは非常に遅いファイル転送

ネットワーク全体を802.11acにアップグレードしました。新しいルーターと、そのままではサポートされていないすべてのコンピューター用の新しい802.11acUSBスティックです。

なんらかの理由で、読み取りと書き込みの速度がひどいので、ルーターを3メートル以内(視界がはっきりしていて壁がない)に2台のPCを並べてセットアップしています。

両方のPCで、ワイヤレス接続ステータスは450+ Mbpsの速度を示していますが、一方のファイルをもう一方のファイルにコピーすると、最大転送速度は5MB /秒になります。

ここでUSBスティックが原因である可能性を排除するために、iMacからMacBookProまで同じテストを実行しました。どちらも802.11acをサポートしています(どちらのデバイスもルーターから約3メートル離れており、壁もありません)。

接続の統計:

  • PHYモード:802.11ac
  • 5GHz
  • 送信速度:527

結果:

  • 書き込み:9.84 Mbit/s-1.2MB/s
  • 読み取り:65 Mbit/s-8MB/s

私はルーターで可能なすべての設定を試したと思います。a/ b/g/nを完全に無効にし、MHzを変更しようとしました。最新のファームウェアに更新しましたが、まったく役に立ちませんでした。

ルータモデルはD-LinkDIR-820Lです

5
Fred

D-LinkDIR-820Lには802.11acAPの実装がお粗末であることがよくわかります。ほとんどの802.11acAPは、約180ドルの最上位のフラッグシップデバイスであり、1300Mbpsのデータレートに達します。これには次のものが必要です。

  • 3つの空間ストリーム
  • VHT80(80MHz幅のチャネル)
  • MCS 9(256-QAM)
  • 短いガードインターバル(SGI)

少し安価なものは867Mbpsのデータレートにしか達しません。これには、3つではなく2つの空間ストリームを除いて上記のすべてが必要です。

このデバイスは650Mbpsのデータレートしか実行しません。これはおそらく、3つの空間ストリームを実行しないだけでなく、MCS 8または9(256-QAM)も実行しないことを意味します。

私が話しているのは5GHz802.11acのパフォーマンスだけであり、2.4GHz802.11nのパフォーマンスを5GHz802.11acのパフォーマンスに追加するマーキングBSには当てはまらないことに注意してください。

とにかく、彼らが3つの空間ストリームを実行できず、256-QAMを実行できないという事実は、75ドルの価格に達するためにいくつかの深い妥協をしたことの表れです。また、ギガビットのイーサネットLANポートではなく、100Mbpsしかないことにも注意してください。パフォーマンスを損なうコーナーカットのさらなる証拠。


そのAPの機能を実際に確認するには、ディスクI/OおよびSMBやAFPなどのリモートファイルシステムプロトコルのオーバーヘッドを排除するパフォーマンステストを実行する必要があります。

通常、パフォーマンステストの1つのエンドポイントをAPの有線イーサネットLANポートに配置することをお勧めしますが、このAPの有線イーサネットはギガビットではないため、それがボトルネックになります。可能な限り最善の方法は、94 Mbps = 11MiBytes /秒です。

したがって、11MiB /秒よりも優れたものを確認するには、ワイヤレスからワイヤレスへのテストを実行する必要がありますが、それではWi-Fiパフォーマンスが半分に低下します。

とにかく、802.11aciMacと802.11acretina MacBook Proを5GHzネットワークに関連付け、それぞれでIPerfを実行します。 iMacをIPerfサーバーにし、Retina MacBookProをIPerfクライアントにします。両端で、-w 2MオプションをIPerfコマンドラインに追加して、操作できる素敵な大きなTCPウィンドウがあるようにします。

3つのデバイスすべてが、互いの受信機を飽和させないように、互いに少なくとも2m離れていることを確認してください。

すべてがうまくいき、APが最高の650Mbpsの信号速度を維持できる場合、最大スループットは260Mbps、つまり31MiB /秒になると思います。

計算は次のようになります。

  1. デバイスが維持できる信号速度(PHY速度)を取得します。
  2. 両方のデバイスがワイヤレスメディアを共有しており、APがBSS内リレーを実行する必要があるため、半分に分割します。つまり、すべてのパケットがチャネルを介して2回送信されます。 1回は送信元デバイスからAPに、次にAPから宛先デバイスに送信します。
  3. フレームアグリゲーション(A-MPDU)を想定して、Wi-Fiオーバーヘッドを考慮してその80%を取ります(つまり、0.8を掛けます)。

したがって、(650/2)* 0.8 = 260Mbpsです。 260/8.4 = 31MiB /秒(8.4は10 ^ 6ビットから2 ^ 20バイトに変換することです)。

1
Spiff

私のwin7ボックスは、私のAC 5ghz接続が最大100(またはおそらく175)の接続しか提供していないと報告していました。ルーターのGUIを開き、5GHzの帯域幅を自動(20/40/80)から80に変更すると、接続が最大300Mbpsになりました。

Windowsは正確にレポートしていない可能性がありますが、300が100程度の速度を超える接続速度として報告されている方が良いと思います。

Windows7の場合-システムトレイのWIFIアイコンをクリックします。現在使用している接続名を右クリックします。 STATUSを選択し、SPEEDを見つけます。