it-swarm-ja.com

Ubuntu 15.04がウェイクアップ後に仮想ネットワークから切断される

Ubuntu 15.04にアップグレードした後、VirtualBoxとVMWare Workstationで同じ動作が見られます。システムがサスペンドから復帰した後、ifconfigの出力にはvboxnet0vmnet8のデバイスもありません。ネットワークメニューでは、両方の仮想デバイスが管理対象外としてマークされます。

VMWare Workstationネットワークを開始するには、Sudo service vmware restartを実行する必要があります。次に、"接続が確立されました。これでvmnet8に接続されました"と表示されます。

VirtualBoxネットワークを開始するには、File -> Preferences -> Network -> Host-Only Networks -> vboxnet0にアクセスします。
[OK]を押します。 "接続が確立されました。これでvboxnet0に接続されました"と表示されます。

問題は、仮想ネットワークを自動的に開始する方法ですか?以前にそのようなものを見たことがないので、それはsystemdの問題のように見えます。

6
Sergei Morozov

手動で機能させる

ウェイクアップ後に端末で次のコマンドを入力すると、この問題が解決しました。

Sudo ifconfig vboxnet0 192.168.50.1/24

192.168.50.1がVirtualBoxのデフォルトIPであるかどうかはよくわかりませんが、それが私のVirtualboxが使用しているものです。

自動的に機能させる

システムの起動中に自動的に動作するように、フォルダーにファイルを作成しました。

/lib/systemd/system-sleep/

そのファイルの内容は次のようになります。

#!/bin/sh
ifconfig vboxnet0 192.168.50.1/24

ファイルを実行可能にします:

chmod a+x /lib/systemd/system-sleep/name_of_file.sh

これはルートファイルなので、ファイルを作成するにはSudoである必要がありますが、スクリプトにSudoを含める必要はありません。

お役に立てば幸いです!

注:Ubuntu 15.10でテスト済み

2
jjcarrion

(高速)良くありませんが、動作します。

Virtual Machine Settings > Hardwareに移動します

そしてネットワークアダプターの削除

次に新しいものを追加(NATを使用)

0
K.Sopheak

jjcarrionの答えは、スリープから目覚めた後にネットワークを修正しますが、次を追加することで、そもそもネットワークに干渉しないようにすることもできます。

[keyfile]
unmanaged-devices=interface-name:vboxnet0

/etc/NetworkManager/NetworkManager.confに。 15.10。でテスト済み.

0
ysth