it-swarm-ja.com

Ubuntu18.04新しいNetplan / IP構成(pointopoint?)(例が必要)

Proxmoxがインストールされたルートサーバーがあります。今まで、私は常にUbuntu 16を持っていました。今、私はVMをUbuntu18にアップグレードし、新しいネットプラン構成の例が必要です。

これは私の古いインターフェースファイルでした:

auto ens18
iface ens18 inet static
    address 195.201.52.XXX
    netmask 255.255.255.255
    pointopoint 195.201.8.YYY
    gateway 195.201.8.YYY
    dns-nameservers 213.133.98.98 213.133.99.99 213.133.100.100 8.8.8.8

新しいネットプランでオプションのポイントポイントが見つからなかったため、このVMをアクティブ化するのに苦労しています。 ifupdownを再度インストールするだけでよいことはわかっています。しかし、可能性がある場合は、新しいネットプランを維持したいと思います。誰かがこれで私を助けることができますか?

よろしくお願いします、ロジャー

===その他の情報===
私の設定ファイルを見てください: https://Pastebin.com/Havqfw7t
IPv4転送はゲストシステムとホストシステムの両方で有効になっています。
うまくいけば、私の構成ファイルを見るのを手伝ってくれるでしょう。

2
R.Kunz

Netplanは「ピア」などのアドレス属性をサポートしていないようですが、他の方法でも同じ結果を得ることができます。ブロードキャストインターフェイスの場合は、オンリンクルートをエミュレートするだけです。

注:これは大げさな推測であり、実際にテストするためのUbuntuマシンはありません。

運が良ければ、Netplanは十分に賢いので、次の構成で機能します。

addresses: ["195.201.52.XXX/32"]
gateway4: "195.201.52.YYY"

そうでない場合は、ゲートウェイへの手動で構成されたルートで次のことを行う必要があります。

addresses: ["195.201.52.XXX/32"]
gateway4: "195.201.52.YYY"
routes:
  - {to: "195.201.52.YYY/32", on-link: true}

または手動で設定されたデフォルトルート:

addresses: ["195.201.52.XXX/32"]
routes:
  - {to: "0.0.0.0/0", via: "195.201.52.YYY/32", on-link: true}
3
user1686