it-swarm-ja.com

Debianベースのシステムでリポジトリを一時的に無効にして永久に無効にする方法は?

Red Hatベースのシステムでそれを行う方法を知っています。

 yum –disablerepo=*  --enablerepo=epel update

上記のコマンドは一時的にすべてのリポジトリを無効にし、epelを有効にしてepelパッケージのみを更新します。

 yum update–disablerepo=remi-safe,updates

これにより、他のすべての有効なリポジトリを更新しながら、2つのリポジトリも無効になります。

たとえば、ubuntuで上記に相当するものは何ですか?

/etc/apt/sources.list.dでリポジトリをコメント化できることを知っています

しかし、これは永久にリポジトリの権利を無効にしますか?

たとえば1つのリポジトリを一時的に無効にしながらapt-get updateを実行する方法はありますか?

3
alkabary

リポジトリを管理するために私が見つけた最も簡単な方法は、/etc/apt/sources.list.d/の個々のファイルにそれらを置くことです。このように、リポジトリを無効にするのは、ファイルを/etc/apt/sources.list.d/repo.listから/etc/apt/sources.list.d/repo.list.bakに移動するのと同じくらい簡単で、リポジトリを再度有効にするのは、他の方法と同じくらい簡単です。ファイルを移動してupdate/install/whateverを実行し、ファイルを再び移動することで、一時的にリポジトリを無効にするスクリプトを作成することもできます。

4
Chiraag