it-swarm-ja.com

2台目のハードドライブの取り付け

私のシステムは現在、XBMCライブインストールを実行しています。システムに2台目のハードドライブを取り付けています。 XBMCなので、コマンドラインからすべてを実行する必要があると思います。

コマンドと適切なパラメータで何をする必要があるか誰か教えてもらえますか?

余談ですが、ext2としてフォーマットする予定です。ゲームの計画は、このドライブをネットワーク上で共有することです。これにより、OSXを実行しているMacからファイルをコピーできます。別の形式を使用する必要がありますか?

4
Jacob Schoen

Ext2はジャーナリングを行いません。つまり電力損失などがある場合、ext2でファイルメタデータが失われる可能性があります。さらに、現在のサイズのディスクでは長時間かかるクラッシュの後に、fsck-runが絶対に必要です。

したがって、両方にジャーナリングがあるxfsのext3を使用するだけです。 mkfs.xfsはより高速に実行されます。 ext4は比較的新しく、ファイルシステムに関しては通常少し保守的です。

Linuxでディスク全体を使用する場合は、パーティションを作成する必要はありません。その後、ディスクを作成またはマウントするときに/ dev/sdXを使用できます。

パーティションを作成する場合は、便利なユーザーインターフェイスがあるため、cfdiskを使用してください。

ファイルシステムの作成には、必ず適切なデバイスを使用してください。経由で確認

ls /dev/hd*
ls /dev/sd*
fdisk -l
mount

利用可能で、すでに使用されているデバイス。

hdparm -i /dev/sdX

は、適切なデバイスを入手した場合に、ベンダー/モデルの情報とサイズなどを再確認するために表示します。

次に、ファイルシステムを作成します。

 mkfs.ext3 /dev/sdX

または

mkfs.xfs /dev/sdX

経由でマウントするためのテスト

mount /dev/sdX /mnt/point

マウントポイントが存在しない場合は、最初にmkdirを使用してマウントポイントを作成する必要があります。

を介してマウントした後、ベースディレクトリの所有権を変更できます

chown user:group /mnt/point

起動するたびにディスクをマウントするには、通常、/ etc/fstabを使用してディスクを構成します

/dev/sdX /mnt/point auto auto,defaults 0 0

Live-CDを使用しているため、構成のスタイルが異なる可能性があります。

Mkfs中にハードウェアの問題が発生したかどうかを確認するには、次のように入力します。

dmesg

最新の出力を確認してください。

Fstabでデバイス名を指定する代わりに、ファイルシステムの作成時にラベル(mkfs.ext3 -L nameなど)を指定し、デバイス名の代わりにLABEL = nameをfstabで(またはマウントとともに)使用することもできます。

5
maxschlepzig

したがって、これが正しいか最善の方法かはわかりませんが、これは私が行ったことであり、機能しているようです。

  1. Rootとして:fdisk -lですべてのパーティションを確認し、私のものがどのようにリストされているかを確認します。 /dev/sda1のようになります。注意として、私がインストールしたドライブは以前に使用されていたため、既存のパーティションがありました。パーティション化されていないドライブでは、これは機能しないと感じています。

  2. Rootとして:fdisk /dev/sdaでfdiskを実行します。物理ドライブ名を取得するには、番号を末尾から外します。
    タイプ:pを押して、ドライブ上のパーティションを再度一覧表示します。これは主に、正しいドライブで作業していることを確認するためのサニティチェックです。
    削除する必要のあるパーティションがドライブにある場合は、dと入力し、プロンプトに従ってそれらを削除します。
    タイプ:n新しいパーティションを作成します。
    拡張パーティションまたはプライマリパーティションを作成するように求められます。プライマリを実行したので、pを実行しました。
    次に、パーティション番号の入力を求められます。 1をしました。
    次に、最初のシリンダー番号の入力を求められます。デフォルトの1でEnterキーを押しました。
    次に、最後のシリンダー番号の入力を求められます。ディスクサイズに基づいてデフォルトを実行し、Enterキーを押しました。
    pをもう一度入力して、新しいパーティションが正しく入力されていることを確認できます。
    tと入力して、必要なパーティションのタイプの16進コードを入力します。 ext2に対して83を実行しました。
    wと入力して、パーティションテーブルを書き込みます。

  3. Rootとして:mkfs -t ext2 /dev/sda1実際にパーティションをフォーマットします。
  4. Rootとして:fsck -f -y /dev/sdaでドライブをチェックし、再起動するたびにマウントされるように設定します。
  5. ボックスを再起動します。
0
Jacob Schoen