it-swarm-ja.com

Cloud Linuxなどで検出されたメモリリソースの過剰使用を解決するには、どのような手順を踏む必要がありますか?

Cloud Linuxが「内部サーバーエラー500 "エラー。

サーバーへの管理者アクセス権はありませんが、cPanelへのアクセス権は持っています。私が尋ねる正しい質問を知っているなら、ウェブホスティング会社はかなり役に立ちます。

2
Neil Robertson

Joomla 3.xについて話している場合、デバッグを有効にし、ページで何が起こっているかを確認することにより、Joomlaサイトをサイトレベルで管理できます。そこから、必要な調整を行うことができます(クエリの修正、問題のある拡張機能の削除など)。

また、SSHを介して htop を使用してリアルタイムで状況をより複雑に調べることができるはずです。これにより、実行中のプロセスだけでなく、ほとんどの場合、正確に何が実行されているかがわかります。 " sar "コマンドでも同様の結果を得ることができますが、これに対する特典によってサーバーの "傾向"も得られます。これは、専用のホスティング環境にいる場合に特に役立ちます。

もちろん、他のすべてが失敗した場合、 [〜#〜] lve [〜#〜] で追加のリソースのアカウントを許可できます。あなたのサイトがどの程度メモリを消費しているのかわかりませんので、それがあなたの状況にとって「多すぎる」かどうかはわかりません。基本構成のCloudLinuxは、アカウントに対して非常に保守的な制限を開始します。

サーバーの管理者ではないがcPanelを使用している場合は、ホストに懸念を表明し、ホストが前述の情報を入手できるかどうかを確認します(これらのメモリスパイクが発生していることを知りたい場合は、何が起こっているのか、ほとんどの場合、問題を特定するのに役立ちますが、Joomlaについて何も知らない限り、まったく意味がなく、不正確である可能性があることを伝える可能性もあります)。

CPanelのホーム画面に「リソース使用状況」または「リソース使用状況の詳細」というプラグインがあるかもしれませんが、そうでない場合は、ホストが喜んでインストールするはずです。これにより、少なくとも将来的にその情報が利用可能になり、ホストからの応答を待たずに本当にトラブルシューティングを開始できます。

4
Milton Bryant

@ Milton-bryantは良い回答ですが、500エラーの場合はプロファイルデータが表示されないため、役に立ちません。

実行できることは、各マークの後に出力をファイルに書き込むようにjoomlaプロファイラーを変更することです。これは、関数markの135行目でlibraries/joomla/profiler/profiler.phpファイルを編集することで実行できます。

取り替える

$this->buffer[] = $mark;

file_put_contents(JPATH_BASE.'/logs/profiler.log', $mark, FILE_APPEND);
$this->buffer[] = $mark;

これにより、すべてのマークエントリがログフォルダーに保存されます。この情報を使用して、問題のセクションを見つけることができます。

構成で「デバッグ」をアクティブにする必要がある場合があります。

1
Harald Leithner