it-swarm-ja.com

Windowsパーティションをマウントするためのベストプラクティス

ノートパソコンでWindowsとDebianのデュアルブートを実行しています。私はほとんどLinuxを使用していますが、時々Windowsパーティションのファイルにアクセスする必要があります。 Windowsパーティションは、起動時に次のようにマウントされます。

>cat /etc/fstab |grep Win7
LABEL=Windows7_OS /mnt/Win7 auto nosuid,nodev,nofail,x-gvfs-show 0 0

基本的に、Windowsパーティション内のすべてのファイルはroot:rootが所有し、777権限を持っています。次に、作業中の(Linux)パーティションにファイルをMVすると、自分が所有するパーティションの下に777ファイルがあります(ターミナルのcpは755ファイルを提供しますが、gnomeを介して実行すると、777権限でファイルを保存します)。 。

これはパーティションをマウントするためのベストプラクティスですか?または、ルートではなく、すべてのファイル/ディレクトリの所有者であり、起動時にマウントが発生したときにすべてのディレクトリを755に、ファイルを644に設定できるようにマウントする必要がありますか?もしそうなら、それはどのように行うことができますか?

13
albertma789

fmaskおよびdmaskマウントオプションを使用できます。* ntfsファイルシステムの権限マッピングを変更します。

ファイルをrw-r--r--(644)およびディレクトリrwxr-xr-x(755)に表示するには、fmask=0133,dmask=0022を使用します。これをuid=およびgid=オプションと組み合わせて、ユーザーに書き込みアクセスが必要な場合にファイルの所有者とグループを選択できます。

* fmaskdmaskmount man page に記載されていなくても、カーネル(読み取り専用)ドライバーでも機能するようです。これらは、ntfs-3gの ドキュメント オプションです。

17
sebasth

まず、これは/ mntの使用方法ではありません。これは、すべてのシステムブートではなく、一時的にファイルシステムで管理タスクを実行するためのものです。

WindowsパーティションはLinuxシステムの実行の一部ではないため、/ mediaの下にマウントすることは理にかなっています。また、/ mediaがリムーバブルメディアであるという混乱を避けるために、ルートとして/ Windowsとしてマウントすることを検討してください。

権限に関しては、windowsというグループを使用します

groupadd -g 1001 Windows

次のようなオプションを使用して、必要な権限を付与します。

gid=1001,umask=022

Cpを使用してアクセス許可を維持したい場合個別のファイルシステム間 -pまたは-aフラグを指定してcpを使用します。

7
jdwolf

マウントオプションuidgidfmaskおよびdmaskを使用すると、通常のユーザーアカウントまたは1つのグループ、あるいはその両方からNTFSファイルシステム全体にアクセスできます。しかし、それはオールオアナッシングです。NTFSファイルシステムに関する限り、それはWindowsで常に完全なAdministratorとして実行されているようなもの、またはLinuxですべてをrootとして実行しているようなものです。 ntfs-3g NTFSファイルシステムドライバーは、それよりも優れています。

ntfs-3gを使用している場合は、ntfsusermapコマンドを使用して、NTFSファイルシステムのユーザーマッピングファイルを作成できます。このコマンドは、Windowsユーザー名とそれに対応するWindows SIDを識別し、それらをLinuxユーザーIDとグループIDに関連付けるのに役立ちます。

このようにして、WindowsユーザーアカウントのSIDをLinux UIDに関連付けることができます。このように、ユーザーマッピングファイルを<NTFS filesystem root>/.NTFS-3G/UserMappingに配置してNTFSファイルシステムをマウントすると、通常のLinuxユーザーアカウントを使用して、Windowsユーザーアカウントがアクセスできるのとまったく同じようにNTFSファイルシステムにアクセスできます。 Windowsで管理者権限が必要な場合でも、Linuxではrootが必要です。

このようにして、Windowsパーティション上のファイルに簡単にアクセスできますが、rootとして実行している場合を除き、タイプミスしたコマンドによって\Windowsディレクトリをめちゃくちゃにしないように保護されます。

NTFSパーティションでwindows_namesマウントオプションを使用して、Windowsがアクセスできない名前のファイルを誤って作成しないようにすることもできます。

4
telcoM