it-swarm-ja.com

ユーザー調査なしでペルソナを構築する

私は次のプロジェクトのために適切なユーザー調査を行うことができない立場にいます。 一部お客様からの情報(RFIとRFQ)はありますが、それだけでは十分とは言えません。

ペルソナとユーザープロファイルをどのように作成しますか?より知識のある推測を行う方法またはプロセスはありますか?

16
jrydberg

建設的かもしれないのは、あなたが持っている情報からペルソナを作成しようとすることです。

これはあなたがしている仮定とあなたが持っている情報を強調しますしないでください

その後、これを使用して、一般的な「やりたいことを教えてください」という会話をするのではなく、特定の質問で顧客に戻ることができます。

17
ChrisF

実際に話しかけるユーザーが見つからない場合は、実際のユーザーに話しかける人に話しかけると、共感する必要のある仕事をするのに役立ちます。人々は好む:

  • プロダクトマネージャー
  • 技術著者
  • 顧客サポート
  • 売り上げ

多くの場合、有用な洞察を与えることができます。

12
adrianh

アドホックペルソナと呼ばれるTamara Adlinのテクニックを使用できます。 「アドホックペルソナ=テスト可能な仮説。これは、より多くのデータを収集するための場所を提供します。このプロセスは、ペルソナを開発するための最初のステップである役割と目標を提供します。」

詳細については、この素晴らしい記事をお読みください: http://www.thingsontop.com/remixing-power-adhoc-personas-1020.html

幸運を、

タリ・ハーシュ

10
Tali Hirsh

詳細についてお客様に問い合わせても問題はありません。彼らはあなたが成功するのを見ることに既得権を持っています。問題がある場合は、ビジネス上の条件でリクエストを送信してください。何かのようなもの:

____

Xで作業できることを非常に嬉しく思います。Xに取り組む機会に感謝しています。このプロジェクトを成功させるためにあなたが行った投資を評価しているので、私は最善を尽くしたいと思います。

これまでに提供していただいた情報は役に立ちますが、プロジェクトの成功と投資収益率は、誰がXを使用するのか、なぜXを使用するのか、Xを使用する理由、および期待するメリットについての詳細情報によって大幅に強化されます。 Xから受信します。

具体的には、A、B、およびCを知る必要があります。A、B、およびCが必要な理由は、D、E、およびFです。

また、プロジェクトXのビジネス目標について理解を深めるのにも役立ちます。Xのユーザーがビジネスに関して実行する特定のアクションは何ですか。

最も成功する設計は、ビジネス目標とユーザー目標が重複する場合です。それを行うためにXを設計するのは私の仕事です。そのため、Xをできるだけ成功させるには、すべての詳細が不可欠です。後で変更を加えるのは非常に時間がかかり、費用もかかるので、最初に調査を行うのが最善だと思います。

お時間をいただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

Y.Z

4
Virtuosi Media

私は、あなたがtimeおよび研究を行うための他のリソースを持っているが、観察、インタビュー、または調査を行うためにユーザーに直接アクセスできないことを意味していると想定しています。直接アクセスではなくアーカイブソースに依存するユーザーデータ収集の方法はいくつかあります。

企業またはビジネス製品のユーザーの場合、クライアントに次のことが表示されるかどうか尋ねることができます。

  • ユーザーの責任(つまり、目標)を理解するための職務記述と組織図。

  • ユーザーの経験と知識を抽出するための人事記録またはレポート。

  • タスクと情報の流れを理解するための手順マニュアルとポリシーステートメント(少なくとも「実行が想定される」方法)。

  • ユーザーに現在使用されている(または少なくとも与えられた)ツール、ソフトウェア、およびサイトの一覧と、ユーザーが慣れているもの(情報やメニューの構成など)を確認するためのそれら(または少なくともユーザーマニュアル)へのアクセス記号、コード、単位、形式、用語、略語、レイアウト)。

消費者向け製品のユーザーは、クライアントに次のことを要求できます。

  • 製品の最終的な目標または位置を特定するための、製品に関連する事業計画およびマーケティング戦略。

  • 市場調査の結果。ユーザーの特徴と、製品が実現しようとしている特定のニーズを特定します。

  • 調査対象の既存の競合他社製品のリスト。ユーザーが慣れている(または少なくとも傾向がある)ものを特定し、UXで改善できるものを(認知的ウォークスルーまたはヒューリスティック分析によって)判別します。

どちらの場合も、次のように尋ねます。

  • 現在のシステムのログとデータベースエントリおよびレポートをヒットして、ユーザーが現在何をしているのか(たとえば、各アクティビティに従事する頻度、ユーザーが行うエントリエラーの種類など)を確認します。

  • テクニカルサポート、苦情部門、カスタマーサービス、および現在のシステムの問題を特定するための重大なインシデントからの記録またはレポート。

もちろん、何がreallyがユーザーにとって重要であるかを確認するために、ユーザーと対面することに勝るものはありません。しかし、上記の方法は、直接的なユーザーアクセスを制限するための代替手段または少なくとも補足手段として適しています。

ユーザーデータが限られている、または信頼性が低い場合は、ペルソナを細かくしすぎたり細かくしたりしないように注意します。リッチなペルソナは非常に説得力のあるものになる可能性があり、製品チームのメンバーに実際よりも正確であるかのような錯覚を与えることになります。この場合、チームの不確実性を強調する調査結果を要約する別の方法を選択することができます。

4

私は最近、Leah BuleyのThe User Experience Team of OneでProto-Personasと呼ばれるテクニックに出会いました。これは、上記の他のアドバイス(暫定ペルソナ、アドホックペルソナ)を反映した正式な手法です。別の名前。同じ一般的な考えだと思います。

リア・バリー:

これらの[プロトペルソナ]は、部門を超えたチームの助けを借りて作成できます...基本的に、プロトペルソナは、入手可能なあらゆるデータとチームの助けを借りて作成するペルソナハックです... 。[A]プロトペルソナは、あなたが持っているあらゆる洞察に基づいています。これには、中古の調査や、人々のチームの十分な情報に基づく洞察さえ含まれます。チームがより共感的な考え方に移行するのを支援するのに効果的です。

開示:著者または出版社とは一切関係ありません。彼女が説明する演習は役に立つと思いました。

詳細はこちら: https://rosenfeldmedia.com/books/the-user-experience-team-of-one/ ;またはここのAmazonリンク: https://www.Amazon.com/User-Experience-Team-One-Research/dp/1933820187

2
Donkey Shame

社内の利害関係者の知識に基づいて暫定ペルソナを開発し、二次調査を行う必要があります。私は役立つと思われる研究なしでペルソナの作成を支援するプレゼンテーションを作成しました: http://slowmtn.tumblr.com/post/76450958623/provisional-persona-workshop

1
Shlomo Goltz

ここに提案があります:

知っている人(会社、友人、親戚など)に基づいてペルソナの最良の説明を書き、クライアントと繰り返して微調整できます。また、ペルソナの動作をテストするためのユーザーシナリオを書き出すのにも役立ちます。シナリオは、想定が機能するかどうかを判断するのに役立ちます。初めて完璧にする必要はありません。反復は設計の一部です。それはそれをより良くするのに役立ちます。

0
milesmeow