it-swarm-ja.com

PHP 5.5.13、yum付きCentOS 6.5

CentOS 6.5(64ビット)マシンにyumを介してPHP 5.5.13(最後の安定したビルド))をインストールするときに問題が発生しました。

私が見る限り、これはCentOS、EPEL、またはREMIリポジトリの一部ではありません。これらのリポジトリのいずれかで5.4.29を取得します。

8
Adionditsak

RHELやCentOSなどのディストリビューションでは、通常7〜10年の寿命があり、最新バージョンのものを最新の状態に保つことは困難です。あなたの唯一のオプションは次のとおりです:

  1. それなしで行く
  2. 自分でソースからビルドする
  3. 代替パッケージを提供するサードパーティのリポジトリを使用する

私は通常#3で行きます。このリポジトリを使用して5.5をインストールできます。

リポジトリをインストールするには:

$ Sudo rpm -Uvh http://mirror.webtatic.com/yum/el6/latest.rpm

パッケージをインストールするには:

$ Sudo yum install php55w php55w-opcache

これは、この方法でパッケージを提供する多くのサードパーティのリポジトリの1つです。ただジャンプして使用する前に、これらのリポジトリの使用に問題がないことを常に確認してください。他のものより優れているものもありますが、私はパッケージのビルドの使用に関して問題に遭遇したことはありません。

レミレポの使用

このリポジトリはPHPの5.5パッケージを提供しますが、それがあなたが望んでいることを伝える方法を知る必要があるだけです。

まだ設定されていない場合は、リポジトリをセットアップします

$ Sudo wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
$ Sudo wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
$ Sudo rpm -Uvh remi-release-6*.rpm epel-release-6*.rpm

これにより、PHP 5.3.3からPHP 5.4.24(2014年1月15日)に)アップグレードされます。

$ Sudo yum --enablerepo=remi update -y

最新のPHPバージョン5.5.xが必要な場合は、次のコマンドを実行する必要があります。

$ Sudo yum --enablerepo=remi,remi-php55 update -y

参考文献

11
slm

サードパーティのリポジトリは必要ありません。SCLがあります: https://wiki.centos.org/AdditionalResources/Repositories/SCL

Wikiは古く、現在php 5.6をサポートしています。 SCLをインストールした後、「yum search rh-php56」を実行すると、php 5.6関連のすべてのパッケージが表示されます。

問題は、すべてのSCLパッケージが通常のディレクトリにインストールされていないため、他のバージョンと共存できることです。これらは、chrootのようなツリーで/ optを使用してインストールします。それはあなたが望むものかそうでないかもしれません。

2
sivann

通常、ソフトウェアの最新リリースは、ディストリビューションのパッケージマネージャーにはありません。パッケージに重要なセキュリティパッチがない限り、リリースがテスト freeze に入ったとき、パッケージマネージャーを介して入手可能なバージョンは最新バージョンである必要がありました。

フリーズ-フリーズ期間中、Testingディストリビューションの開発はブロックされます。これ以上の自動更新は許可されません。その後、リリースマネージャーのみが、独自の基準に従ってパッケージを変更することができます。新しいバージョンを導入することで、新しいバグの出現を防ぐことが目的です。重要なバグを修正した場合にのみ、徹底的に調査された更新のみが許可されます。

ソースからphpをビルドするか、独自のrpm/repoを作成するか、すでにrpmをビルドしてそれを使用可能にしているサードパーティを見つける必要があります

0
Creek