it-swarm-ja.com

すべての一般的な設定をするVagrantスクリプト PHP / WordPressのバージョンの組み合わせ

私は私たちのプラグインのためにtesting/debugging environmentをすばやく繰り返し設定する方法を探しています。たぶんVagrantを使います。 _ vvv _ のようなプロジェクトは単一環境のセットアップ(またはstable/trunkのようないくつかの環境)に焦点を当てていますが、私が探しているものは次のような環境をセットアップするスクリプトです。

  • wp39-php52.local
  • wp40-php52.local
  • wp41-php52.local
  • wp39-php53.local
  • wp40-php53.local
  • など(あなたはアイデアを得る)

そんなことありますか?私が見つけた最も近いのは WordPress Vagrant Boxes です。少なくともPHPバージョンを扱っていますが、WordPressバージョンをミックスに追加したものもあるでしょう。ありがとう。

9
Borek Bernard

WordPress側では、 基本的なWordPress Vagrant環境 は、WordPressのどのバージョンでも(少し手助けをして)動く準備ができています。 PHPを設定する方法を見つける必要があるでしょうが、 https://github.com/ideasonpurpose/basic-wordpress-box/blob/master/ansible/roles/php/tasks/php.yml にヒントがあります。

箱から出して使用する。プロジェクトをダウンロードまたはクローンしてwplatest-php55.dev/にし、vagrant upを実行します

Vagrant Host Manager をインストールすると、IPがあなたのフォルダに自動的にリンクされますhttp://wplatest-php55.dev/

install-wp.shによりWPバージョンから複数の環境を生成

アーカイブでWordPressのバージョンを確認してください https://wordpress.org/download/release-archive/

# PWD (script directory)
# ├── common_folder
# ├── wp39-php55.dev
# │   └── site/common_folder
# ├── wp42-php55.dev
# │   └── site/common_folder
# └── wp431-php55.dev
#     └── site/common_folder

これは、Vagrant環境マスターをbashスクリプトのディレクトリに移動し、アレイ内の各バージョンのサイトを複製し、そのWPバージョンを使用するようにインストールタスクを設定し、ファイル/フォルダを指定できるようにするスクリプトです。 vagrant upの前にすべてのサイトにコピーします。

これをファイルinstall-wp.shに入れてから、chmod +x install-wp.shを実行して実行可能にします。これらすべてのボックスを作成するフォルダを見つけて./install-wp.shを実行します。上記の構造を生成します。

あなたはすべてのバージョンであなたのプラグインをテストしたいので、スクリプトwp-content/plugins/your-pluginと同じディレクトリにフォルダーを作り、そしてinstall-wp.sh wp-contentを実行してください。ファイル/フォルダは各サイトのルートにコピーされるため、wp-contentを推奨します。

install-wp.sh

#!/bin/bash
#
# Author: Jesse Graupmann @jgraup - http://www.justgooddesign.com - 2015
#
# Create multiple WordPress sites based on version numbers in array.
#
# ( OPTIONAL )
#   Copy common file/folder to all sites - Pass as parameter $1
#
# Each site runs in a Vagrant Environment:
#   https://github.com/ideasonpurpose/basic-wordpress-vagrant
#
# Best if used with:
#   https://github.com/smdahlen/vagrant-hostmanager
#
# PWD (script directory)
# ├── common_folder
# ├── wp39-php55.dev
# │   └── site/common_folder
# ├── wp42-php55.dev
# │   └── site/common_folder
# └── wp431-php55.dev
#     └── site/common_folder

# WordPress Versions
versions=( 3.9 4.2 4.3.1 )

# Move to the current directory
base=$(pwd); cd $base

# Vagrant Environment
remote_master="https://github.com/ideasonpurpose/basic-wordpress-vagrant/archive/master.Zip"
vagrant_master_Zip=$base/basic-wordpress-vagrant.Zip

# Download Latest Environment - overwrite file for latest
wget -v -O $vagrant_master_Zip $remote_master

# Loop through version #s
for VERSION in "${versions[@]}" ; do

flatv="${VERSION//.}"
dirname=wp$flatv-php55.dev

# Clone Environment
echo -e "\nCloning to: $base/$dirname\n"
mkdir -p $base/$dirname
tar -zxvf $vagrant_master_Zip -C $base/$dirname --strip-components=1

# WordPress Versions
# Archives:  https://wordpress.org/download/release-archive/
# Version:  https://wordpress.org/wordpress-{{ wp-version }}.tar.gz
# Latest: https://wordpress.org/latest.tar.gz

# Path to Ansible task
yml=$(cat $base/$dirname/ansible/roles/wordpress/tasks/install.yml)

### REPLACE THE ANSIBLE WP VERSION w/OUR VERSION
wp_url_latest="https:\/\/wordpress.org\/latest.tar.gz"
wp_url_version="https://wordpress.org/wordpress-$VERSION.tar.gz"

echo "${yml/$wp_url_latest/$wp_url_version}" > $base/$dirname/ansible/roles/wordpress/tasks/install.yml

# (OPTIONAL) Copy common file/folder to all sites!
# pass as argument to .sh
#
# Example Folder:
# Make a common wp-content folder, then run install with
#
#   ./install-wp.sh wp-content
#
# Example File:
# Make a text file, then run install with
#
#   ./install-wp.sh my_file.txt
#
common_dest=$base/$dirname/site/

# Copy Folder
if [ -d "$1" ]; then
  echo "Copying $1 --> $common"
  # Directory must exist
  if [ -d "$1" ]; then
    folder_name=$(basename $1)
    mkdir -p $common_dest/$folder_name;
  fi
  cp -r $1 $common_dest

# or File
Elif [ -f "$1" ]; then
  echo "Copying $1 --> $common_dest"
  file_name=$(basename $1)
  cp $1 $common_dest/$file_name
fi

## Create doc for quick glance at version number
dest="$base/$dirname"
remotewpzip="https://wordpress.org/wordpress-$VERSION.tar.gz"
txt=$dest/download-wp-$VERSION.txt
touch $txt
printf "WordPress Version: $VERSION - https://wordpress.org/download/release-archive/\n\nDownload Zip: $remotewpzip\n" > $txt

done

# The rest is just for show

echo -e "\nDone!\n\nNow just run 'vagrant up' in any of these:\n"

for VERSION in "${versions[@]}" ; do
  flatv="${VERSION//.}"
  dirname=wp$flatv-php55.dev
  echo -e "\t"$base/$dirname "\thttp://"$dirname
done

echo -e "\nMore Vagrant env info @ https://github.com/ideasonpurpose/basic-wordpress-vagrant"
echo -e "Best if used with https://github.com/smdahlen/vagrant-hostmanager\n\nENJOY!"

更新:

Basic WordPress Vagrant Environment は実際には複数のphpバージョンを処理するようには設定されていませんが、 Basic Wordpress BoxPHPを調整した場合_ task 。私は私が複数のphpバージョンを処理したであろうスクリプトのシェルを残すことを考え出した。

#!/bin/bash
############################################
#
# PWD (script directory)
# ├── wp39-php55.dev
# ├── wp42-php55.dev
# └── wp431-php55.dev
#
############################################

# WordPress Versions

versions=( 3.9 4.2 4.3.1 )

# PHP Versions

pversions=( 5.4 5.5 5.6 )

############################################

# Move to the current directory

base=$(pwd); cd $base

############################################

# PHP Loop
for PVERSION in "${pversions[@]}" ; do
    pflatv="${PVERSION//.}"

    echo -e "==> PHP: $PVERSION\n"

    # WordPress loop
    for VERSION in "${versions[@]}" ; do
        flatv="${VERSION//.}"

        ############################################
        dirname=wp$flatv-php$pflatv.dev 
        ############################################

        # Environment
        echo -e "\t"$base/$dirname "\thttp://"$dirname 

        mkdir -p $base/$dirname

        ############################################

        # WordPress Versions
        # Archives:  https://wordpress.org/download/release-archive/
        # Version:  https://wordpress.org/wordpress-{{ wp-version }}.tar.gz
        # Latest: https://wordpress.org/latest.tar.gz

        ############################################

        wp_url_latest="https:\/\/wordpress.org\/latest.tar.gz"
        wp_url_version="https://wordpress.org/wordpress-$VERSION.tar.gz"

        # Download WP

        echo -e "\tDownload WP: $wp_url_version"

        ############################################

        # PHP Packages at https://launchpad.net/~ondrej
        # You can get more information about the packages at https://deb.sury.org
        # For PHP 5.6 use: ppa:ondrej/php5-5.6
        # For PHP 5.5 use: ppa:ondrej/php5
        # For PHP 5.4 use: ppa:ondrej/php5-oldstable

        ############################################

        # Config PHP

        echo -e "\tConfigure PHP: $PVERSION\n"

    done # WordPress version
done # PHP version

exit 1
1
jgraup

これを見たことがありますか?

パペット

設定ファイルの作成に役立つと思われる場合。複数の仮想ホストを設定して、init-init後にカスタムコマンドを実行させることができます。それで、あなたはそれにすべてのフォルダー、ホストとデータベースをセットアップさせて、そしてそれから関連したwp-configファイルであなたの望むバージョンをコピーさせることができますか?最初は少しセットアップしますが、うまくいくかもしれません。

私はシェルスクリプトを使います。 wp-install www.domain.com

現時点では1回のインストールでしか動作しませんが、いくつかの引数または追加の 'config'ファイルを使用して構成することは不可能ではないので、複数の仮想ホストをセットアップします。あなたがVagrantについて述べたように、私は上記があなたのニーズを満たすことにより近いと思います。

がんばろう!

0
GastroGeek

それはすべてあなたが何を使いたいのか、そしてあなたがどのタイプのOSを使って開発するのかにかかっています...

気の利いた人のために、VVVでセットアップするための自動化はここにあります: https://github.com/bradp/vv

そしてvagrant上に構築された他の人たちのカップル:
https://github.com/vagrantpress/vagrantpress
https://github.com/tierra/wp-vagrant

しかし、 pantheon を試してみることをお勧めします。それはあなたが無料でこれのすべてをすることを可能にし、wp-cli、git、behatなどとの統合を持ちます。 https://www.appfog.com/ そして私も信じています。

それはまたあなたが最初からどれだけ設定したいかにもよります。 WordPressをセットアップする簡単な方法だけを探しているなら、githubには this のようなたくさんのスクリプトがあるか、あるいは単にwp-cliを使ってください。

0
Bryan Willis