it-swarm-ja.com

パーソナルAPIからプラグインを更新する

現時点ではWordpressプラグインを開発していませんが、Wordpressプラグインリポジトリには必要ありません。しかし、私はまだ自分のAPIリポジトリから私の貸衣装への更新をプッシュできるようにしたいと思っています。

私はこれについてかなり読んできました、そしてそれについて何かであるように思われることの一つはpre_set_site_transient_update_pluginsフィルタです、しかし、私はこれについて多くの情報を見つけることができません。私はできなかったこのチュートリアル( http://konstruktors.com/blog/wordpress/2538-automatic-updates-for-plugins-and-themes-hosted-outside-wordpress-extend/ /)を試してみました。動かないコメントから、他の人がWPの最新版に近いもので実際に動くことができると言うことができます(最新の回答4月22日)。

私はそのサイトからプラグインをインストールしてAPIフォルダを第2ドメインに置いてみましたが、アップデートが入手可能になったときに通常表示されるアップデート通知ではまったく表示されませんでした。

カスタムプラグインが他のリポジトリから自動更新を実行することが実際に可能かどうかはわかりませんので、ここにいる人にこのようなことを経験したことがある人はいますか?チュートリアルの解決策は簡単な解決策のように思えました - それがどういうわけかそれ以上に高度な方法でそれをするのが可能であるかどうか?

私のリポジトリからこの自動更新をうまく動かすのを手伝ってくれたことは大いに感謝されるでしょう!

(PS:私はWP version 3.1.3を使っています)

9
Simon

このページを見つけた人のために、公式のWPリポジトリの外部で独自の更新を提供したいと思っている人には、このプロジェクトをGitHubでチェックしてみてください。

https://github.com/jeremyclark13/automatic-theme-plugin-update

7
k3davis

はい、これは可能です。 プロフェッショナルWordPressプラグイン開発 にこの章全体の章があります。まだ持っていない場合は、コピーを手に入れてください。それは間違いなく役立ちます。

2
EAMann

WooCommerce用のこの市販のプラグインおよびテーマ更新APIマネージャは、プラグインまたはテーマがwordpress.orgでホストされていない場合に特に機能します。それは自己ホスト型プラグインとテーマのアップデートを提供するように設計されています。このプラグインは自分で書きたくない人のためのもので、たくさんの機能を必要としているだけでなく、販売されているプラ​​グインやテーマの実用的な例もあります。

http://www.toddlahman.com/shop/wordpress-automatic-update-api-manager/ /

1
Todd Lahman

シングルサイトインストール(マルチサイトでのテストは行っていません)では、githubやgitlabなどの外部サービスから更新する必要があるフックは2つだけです。以下のコードでは、gitlabを使用しています。それが今のコードをホストするために使用しているものです。私はおそらくgitlabの部分を要約するべきです...

最初に使う必要があるのはpre_set_site_transient_update_themesです。これは、利用可能なアップデートがあるかどうかを表示するようにsite_transientを設定するためにWordPressが使用するフィルタです。このフックを使用してリモートバージョンに接続し、利用可能なアップデートがあるかどうかを確認してください。ある場合は、WordPressが更新があることを認識し、ユーザーに通知を表示できるようにトランジェントを変更します。

もう片方のフックはupgrader_source_selectionです。とにかくgitlabにはこのフィルタが必要です。ダウンロードされたフォルダの名前はテーマと同じではないので、このフックを使って正しい名前に変更します。リモートリポジトリが正しい名前のZipを提供している場合は、このフックさえ必要ありません。

テーマを自動更新したい場合は、3番目のオプションのフックをauto_update_themeにします。以下の例では、このフックを使用してこの特定のテーマのみを自動更新します。

このコードはWordPress 4.9.xでのみテストされています。 PHP> 7.0が必要です。

functions.php

//* Load the updater.
require PATH_TO . 'updater.php';
$updater = new updater();
\add_action( 'init', [ $updater, 'init' ] );

updater.php

/**
 * @package StackExchange\WordPress
 */
declare( strict_types = 1 );
namespace StackExchange\WordPress;

/**
 * Class for updating the theme.
 */
class updater {

  /**
   * @var Theme slug.
   */
  protected $theme = 'theme';

  /**
   * @var Theme repository name.
   */
  protected $repository = 'project/theme';

  /**
   * @var Repository domain.
   */
  protected $domain = 'https://gitlab.com/';

  /**
   * @var CSS endpoint for repository.
   */
  protected $css_endpoint = '/raw/master/style.css';

  /**
   * @var Zip endpoint for repository.
   */
  protected $Zip_endpoint = '/repository/archive.Zip';

  /**
   * @var Remote CSS URI.
   */
  protected $remote_css_uri;

  /**
   * @var Remote Zip URI.
   */
  protected $remote_Zip_uri;

  /**
   * @var Remote version.
   */
  protected $remote_version;

  /**
   * @var Local version.
   */
  protected $local_version;

  /**
   * Method called from the init hook to initiate the updater
   */
  public function init() {
    \add_filter( 'auto_update_theme', [ $this, 'auto_update_theme' ], 20, 2 );
    \add_filter( 'upgrader_source_selection', [ $this, 'upgrader_source_selection' ], 10, 4 );
    \add_filter( 'pre_set_site_transient_update_themes', [ $this, 'pre_set_site_transient_update_themes' ] );
  }

  /**
   * Method called from the auto_update_theme hook.
   * Only auto update this theme.
   * This hook and method are only needed if you want to auto update the theme.
   *
   * @return bool Whether to update the theme.
   */
  public function auto_update_theme( bool $update, \stdClass $item ) : bool {
    return $this->theme === $item->theme;
  }

  /**
   * Rename the unzipped folder to be the same as the existing folder
   *
   * @param string       $source        File source location
   * @param string       $remote_source Remote file source location
   * @param \WP_Upgrader $upgrader      \WP_Upgrader instance
   * @param array        $hook_extra    Extra arguments passed to hooked filters
   *
   * @return string | \WP_Error The updated source location or a \WP_Error object on failure
   */
  public function upgrader_source_selection( string $source, string $remote_source, \WP_Upgrader $upgrader, array $hook_extra ) {
    global $wp_filesystem;

    $update = [ 'update-selected', 'update-selected-themes', 'upgrade-theme' ];

    if( ! isset( $_GET[ 'action' ] ) || ! in_array( $_GET[ 'action' ], $update, true ) ) {
      return $source;
    }

    if( ! isset( $source, $remote_source ) ) {
      return $source;
    }

    if( false === stristr( basename( $source ), $this->theme ) ) {
      return $source;
    }

    $basename = basename( $source );
    $upgrader->skin->feedback( esc_html_e( 'Renaming theme directory.', 'bootstrap' ) );
    $corrected_source = str_replace( $basename, $this->theme, $source );

    if( $wp_filesystem->move( $source, $corrected_source, true ) ) {
      $upgrader->skin->feedback( esc_html_e( 'Rename successful.', 'bootstrap' ) );
      return $corrected_source;
    }

    return new \WP_Error();
  }

  /**
   * Add respoinse to update transient if theme has an update.
   *
   * @param $transient
   *
   * @return
   */
  public function pre_set_site_transient_update_themes( $transient ) {
    require_once ABSPATH . 'wp-admin/includes/class-wp-upgrader.php';
    $this->local_version = ( \wp_get_theme( $this->theme ) )->get( 'Version' );

    if( $this->hasUpdate() ) {
      $response = [
        'theme'       => $this->theme,
        'new_version' => $this->remote_version,
        'url'         => $this->construct_repository_uri(),
        'package'     => $this->construct_remote_Zip_uri(),
        'branch'      => 'master',
      ];
      $transient->response[ $this->theme ] = $response;
    }

    return $transient;
  }

  /**
   * Construct and return the URI to the remote stylesheet
   *
   * @return string The remote stylesheet URI
   */
  protected function construct_remote_stylesheet_uri() : string {
    return $this->remote_css_uri = $this->domain . $this->repository . $this->css_endpoint;
  }

  /**
   * Construct and return the URI to the remote Zip file
   *
   * @return string The remote Zip URI
   */
  protected function construct_remote_Zip_uri() : string {
    return $this->remote_Zip_uri = $this->domain . $this->repository . $this->Zip_endpoint;
  }

  /**
   * Construct and return the URI to remote repository
   *
   * @access protected
   * @since  1.0
   *
   * @return string The remote repository URI
   */
  protected function construct_repository_uri() : string {
    return $this->repository_uri = $this->domain . \trailingslashit( $this->repository );
  }

  /**
   * Get and return the remote version
   *
   * @return string The remote version
   */
  protected function get_remote_version() : string {
    $this->remote_stylesheet_uri = $this->construct_remote_stylesheet_uri();
    $response = $this->remote_get( $this->remote_stylesheet_uri );
    $response = str_replace( "\r", "\n", \wp_remote_retrieve_body( $response ) );
    $headers = [ 'Version' => 'Version' ];

    foreach( $headers as $field => $regex ) {
      if( preg_match( '/^[ \t\/*#@]*' . preg_quote( $regex, '/' ) . ':(.*)$/mi', $response, $match ) && $match[1] ) {
        $headers[ $field ] = _cleanup_header_comment( $match[1] );
      }
      else {
        $headers[ $field ] = '';
      }
    }

    return $this->remote_version = ( '' === $headers[ 'Version' ] ) ? '' : $headers[ 'Version' ];
  }

  /**
   * Return whether the theme has an update
   *
   * @return bool Whether the theme has an update
   */
  protected function hasUpdate() : bool {
    if( ! $this->remote_version ) $this->remote_version = $this->get_remote_version();
    return version_compare( $this->remote_version, $this->local_version, '>' );
  }

  /**
   * Wrapper for \wp_remote_get()
   *
   * @param string $url  The URL to get
   * @param array  $args Array or arguments to pass through to \wp_remote_get()
   *
   * @return array|WP_Error Return the request or an error object
   */
  protected function remote_get( string $url, array $args = [] ) {
    return \wp_remote_get( $url, $args );
  }
}
1
Nathan Johnson

http://wp-updates.com/ - にはきちんとしたサービスもあります。参考までに - これは私のサイトではありませんが、私はしばらく前に試してみましたが、かなり良かったようです。

1
cwd