it-swarm-ja.com

xfcepower-manager->スリープ/スイッチオフの違いを監視する

[設定]-[PowerManager]-> [モニター]タブに移動すると、(とりわけ)管理用の2つのスライダーがあります。 1.「コンピュータが非アクティブのときにディスプレイをスリープ状態にする:」2。「コンピュータが非アクティブのときにディスプレイをオフにする:」

モニターをスリープ状態にする/オフにすることの違いは何ですか?私はそれを把握することはできません!

1
Rafael T

「ディスプレイをスリープ状態にする」と「ディスプレイをオフにする」は、異なるDPMSモードです。

4つのDPMSモードがあります。

  • 通常:モニターを使用しているときのモニターの動作
  • スタンバイ:省電力モード、RGBガンをオフにすることで画面が空白になります
  • Suspend:スタンバイと同様の別の省電力モードですが、モニターへの電源もオフになり、さらに多くの電力を節約します
  • オフ:モニターは実際にはオフになっていますが、信号をリッスンしてオンに戻す回路は除きます。電力をほとんど使用しませんが、他の省電力モードよりも電源を入れるのに時間がかかります

各モードで使用されるワット数など、より技術的な詳細があります ここ

Xfceの「ディスプレイをスリープ状態にする」は、DPMSスタンバイまたはsuspendのいずれかです。 、どちらかわかりません。 「ディスプレイをオフにする」は、DPMSoffモードを使用します。

現在、これらのDPMSモードは、明らかにCRTモニターに対してのみ意味があります。 LCDモニターはDPMS信号を異なる方法で解釈します。モニターによって異なる場合がありますが、LCDモニターには、おそらく違いはありません。 。DPMS省電力信号のいずれかを受信すると、オフになります。

では、どの設定を使用する必要がありますか?繰り返しますが、それはおそらく問題ではありません。 「ディスプレイをオフにする」を使用します。これは、実際にモニターに実行させたいことだからです。とにかく電源が切れることがわかっているときに、モニターにCRT省電力モードに入るように指示することは、私には少し逆に思えます。

1
xordspar0

ディスプレイをスリープ状態にする=低消費電力モードにする

ディスプレイをオフにする=画面を黒に変えるだけ

1
Sepero