it-swarm-ja.com

AWS-切断済み:サポートされている認証方法はありません(サーバー送信:publickey)

PuTTYを介してサーバーに接続する際に問題が発生しています。エラーは、「サーバーがキーを拒否しました:AWS-切断されました:サポートされている認証方法がありません(サーバー送信:公開鍵)」と表示されます。

ユーザー名「ubuntu」でログインしています。たくさんのウェブサイトをチェックしましたが、解決策が見つかりませんでした。新しいキーペアファイル(.pem)を作成して再試行しましたが、これも機能していません。 pemファイルに同じキー名を使用しています。次に、pemファイルを使用してppkファイルを作成していますが、機能していません

1

_.pem_ファイルを_.ppk_に変換すると、次のように_.ppk_ファイル内に独自の公開鍵と秘密鍵が作成されます。

_PuTTY-User-Key-File-2: ssh-rsa
Encryption: none
Comment: imported-openssh-key
Public-Lines: 6
AAAA***
***
***
***
...
Private-Lines: 14
AAA***
***
***
***
...
Private-MAC: ***
_

サーバーに接続するには、上記の6行の公開鍵をサーバーユーザーの_authorized_keys_の_/home/.ssh_ファイルに追加する必要があります。ディレクトリ。

注: _authorized_keys_ファイルの構文が正しいことを確認してください。 rsaキーの場合、次のようになります。

ssh-rsa AAA***(whole public key in one line without pressing enter)***

1
adeel109

http://docs.aws.Amazon.com/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-key-pairs.html#replacing-key-pair

次のようなEC2インスタンスがあります。上記の手順に従って、このインスタンスのキーペアを作成してください。 PEMファイルは、ファイルを構成しているユーザーのみが共有するパスワードの形式です。これをAmazonのEC2インスタンスで作成する必要があるため、EC2は、このファイルに接続するユーザーが承認されていることを認識し、それを自分のコンピューターにダウンロードして、PuTTYが使用できるものに変換します。

次に、EC2インスタンスが使用しているオペレーティングシステムを特定します。それが何であるかに応じて、別のユーザーを使用します。たとえば、Ubuntuの場合、ユーザーはubuntu、Amazon Linuxの場合、ユーザーはec2です。

0
ytpillai

AWS –切断済み:サポートされている認証方法は利用できません(サーバー送信:公開鍵)x

1. * pemファイルをアップロードした後、公開鍵または秘密鍵のペアを生成するをクリックしないでください。

  1. 秘密鍵を保存をクリックするだけです

3.このファイルを認証でアップロードするだけで、上記の問題が解決します

詳細については、このリンクをご覧ください https://computerlogics931.blogspot.com/2018/04/aws-disconnected-no-supported.html

0

同じ問題が発生しました。rootユーザーの公開鍵を確認することにしました。1行に「rsa-sshYOURKEY name of .pem file」という外観があり、.pemからPuTTYによって生成された公開鍵です。新しいユーザーの場合は異なって見えました。PuTTYキーをrootとして編集し、それを/nome/nevuser/.ssh/authorizade_keyにコピーすると、コメントとキーが約6行で書き込まれました。

0
Marina