it-swarm-ja.com

OS X RDPからWindows Server 2012 R2

リモートデスクトップセッションを試行しています。 OSX 10.8.4からWindows Server 2012 DataCenter R2(Build 9431)までです。

  • Mac用の2.1.1リモートデスクトップクライアントを使用しています。
  • ネットワークレベル認証を無効にしましたが、2008R2では正常に機能します。
  • 「クライアントで認証が失敗しても、常に接続する」を設定しました。
  • MSTSC.EVE binはマシンに接続できます。
  • 他のウィンドウマシンはうまく接続できます。

screenshot collection showing five dialogs, Administrator can connect, Remote Desktop allowed, the IP address, RDC can't verify the identity of the computer, and Security

8
Lightly Salted

注意-Mac Microsoft Office 2011に付属している 古いOS X Microsoftリモートデスクトップ (バージョン2.1.1)は、Windows 2012R2(それは普通の古いWindows 2012で動作します)。私にとっては、次のエラーメッセージで失敗します:

Remote Desktop Connection cannot verify the identity of the computer that you want to connect to.

(通常の)Windows 2012リモートデスクトップクライアントにはこの問題はありません。

(簡単に言うと、Microsoftには、2.1.1クライアントはOS X v10.7以降ではサポートされていないという小さなメモがあります。誰が知っていて、なぜすべてのクラッシュを報告するようになったのですか?)

良いニュースは 新しいOS X Microsoftリモートデスクトップ 8.0.24091(Mac App Storeだけですが-grr)does Windows 2012 R2で動作します。この情報が2012 R2リモートサービスの新機能のページに記載されていない理由.

(古いクライアントを機能させたい場合は Mac RDPクライアント2.1.1(110309)を動作させるための手順 または 2.1.2の古いクライアントの未リリースのビルドを試すことができます (誰かがこの回答を編集してください))

14
Anon

Microsoftの ダウンロードセンターページ によると、Mac用のリモートデスクトップ接続クライアントは、2011年5月5日に2年以上前に最後に更新されました。 「Microsoftリモートデスクトップ接続クライアントfor Mac(バージョン2.1.1)は、Mac OS X v10.7(Lion)以降での使用を想定していません。」

また、このページの「システム要件」にはWindows Server 2012がまったく表示されていないことにも注意してください。

Microsoftの古いソフトウェアを使用すると予期しない動作が発生する可能性があるため、新しいクライアントを使用することをお勧めします(たとえば、OS X 10.5-10.8をサポートする CoRD を使用します)。

4
Typherix

古いRDPアプリケーションをまだ使用している場合は、次の操作を行うと役立ちます。

マシンのグループポリシーでRDPセキュリティレイヤーを有効にします。

  1. ファイアウォールがRDP(ポート3389)を使用したリモートデスクトップ接続を許可していることを確認する
  2. Start> Run Type gpedid.mscをクリックし、「OK」をクリックします。
  3. グループポリシーエディタが開きます。左側のサイドバーで、Computer Configuration>Administrative Templates>Windows Components>Remote Desktop Services>Remote Dekstop Session Host
  4. 選択セキュリティ変更リモートデスクトップ(RDP)接続に特定のセキュリティレイヤーの使用を要求する "を有効を選択し、[オプション]ペインで[〜#〜] rdp [〜#〜]を選択します。
  5. 変更ネットワークレベル認証を使用してリモート接続にユーザー認証を要求するDisabled
  6. グループポリシーエディターを閉じ、マシンを再起動して変更を有効にします。

これが安全でない方法であるかどうかはわかりませんが、ホームネットワークでは設定を変更することを気にしませんでした。 here から上記を取得しました。

新しいRDPクライアントを使用していて、最近の更新が発生してすべての接続が失われるまで、それはうまく機能していました。さらに厄介なことに、作成した接続が保存されず、アプリを開くたびに「新機能のポップアップ」が表示されます。この問題を修正するまで、古いクライアントを使用します。

2

私はまだまったく同じ状況にあります。 OS X用のRDCのリリースされていない2.1.2バージョンは、非常に大ざっぱなサイトを除いて見つけるのが難しくなり、どういうわけかCoRDがまったく機能せず、コマンドラインに「Connection reset by peer」を出力します。解決策は Royal TSX バージョン2.2.4でしたが、これは私の限られたニーズには無料です。どうやら、将来の3.0バージョンもOS Xの10.9より前のバージョンのサポートを終了する予定ですが、現在のバージョンは引き続き利用できるはずです。

0
jjrv