it-swarm-ja.com

WindowsからAzure上のLinuxにGUIリモートコントロールを設定するにはどうすればよいですか?

クライアント用の小さなWebサーバー用にWindowsAzureで次のVMを構築しました。クライアントOS:Windows 8サーバーOS:AzureリストからOpenLogicのLinux CentOS6.5を使用

サーバーには、次のパッケージがインストールされています。

yum groupinstall "X Window System" "Desktop"(CentOS wikiに基づいていますが、一部のチュートリアルで "Desktop"と "Basic-Desktop"の違いはわかりません。

編集:基本-デスクトップは完全にインストールされていませんが、デスクトップはすべての機能で完全にインストールされています。 「デスクトップ」は、以前のバージョンでは「Gnomeデスクトップ環境」と呼ばれていました。

yumVino-server

編集:vino-serverはGnomeのVNCサーバーであり、フル機能のVNCサーバーとしてCentOS6.5にはtigervnc-serverが必要です

現在、PuTTY SSH for Windowsを使用して、Linuxサーバーに問題なく接続しています。

インターネットでの検索に基づくと、vino-serverは、VNC(仮想ネットワークコンピューティング)およびRDP(リモートデスクトッププロトコル)に基づくリモートデスクトップです。 Windows RDPを使用するには、XRDPが必要ですが、VNCは追加のパッケージなしで使用できますが、構成は少しあります。

CentOSのXRDPに関する考慮事項

CentOS用のネイティブビルドXRDPがないので、 自分でビルド する必要があります。システムエンジニアによると、ソースからのビルドは良い考えではなく、本番サーバーにとって安全ではないため、まだ試していません。それを避けるために、私はVNCで接続しようとしています。

VNCセットアップの難しさ

ただし、Azure管理ポータルのiptablesとエンドポイントにucd/tcpポート5900を追加しましたが、PuTTYターミナルにいるため、「リモートデスクトップアクセスのアクティブ化」を構成できません。GUIを開くことができません。コマンドを見つけましたvino-preferencesPuTTYで開くことができないセットアップへ。そこで、XMingで端末を開いてみました。

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 5900 -j ACCEPT

-A INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 5900 -j ACCEPT

Xming for Windowsのセットアップの問題

Xmingとそのフォントをインストールしました。 @NobleUpliftの質問に従ってPuTTYをセットアップします: X11 ForwardingをPuTTYとXmingを使用してWindowsで動作させるにはどうすればよいですか? そして他のいくつかの調査に基づいています。 XmingがPuTTYでSSHトンネリングを使用しているとすると、PuTTYは必要な情報をXWindowに転送します。

X11転送はい

X11DisplayOffset 10

X11UseLocalhostはい

AddressFamily inet

これらの構成の後、上記のアカウント用に構成されたXMingショートカットをダブルクリックすると、「パスワード」を入力した後、何も開かず、Windowsタスクバーに留まりません。すぐに閉じます。

そのため、VNCを構成できず、Xmingにも接続できないため、ここで立ち往生しています。上記の説明が適切であり、助けていただければ幸いです。

1
simongcc

問題の設定で問題なく正しいです。

この場合のXmingforWindowsの解決策は次のとおりです。

XmingとPuTTYの実行順序

Xming for Windowsをインストールした後、Xlaunchを実行してconfigを実行し、xmingを実行します。構成オプション:

  • マルチウィンドウ
  • クライアントを起動しない
  • そして次にそして完了する

It(Xming)を開くと、Windowsタスクバーに残ります。次に、X11転送用に適切に構成されたSSHアカウントに対してPuTTYを実行します。今回は、コマンドでxclockを実行すると、XWindowsに転送され、Windowsデスクトップで開きます。

**現在のセッションの現在のログインIDも重要です**

SSHを使用してAzureに接続する場合、デフォルトのユーザーはrootではありません。特権を上げるには、コマンドSudo suを使用する必要があります。 PuTTYおよびX11転送をオンにしてXmingを実行している場合。転送は最初のログインで機能しています。 Sudo suコマンドが発行された場合。リンクが切断され、xclockなどのGTKアプリケーションが昇格されたアカウントで機能しなくなります。

したがって、これが最初のログインユーザーであることを確認し、デスクトップインストールをテストするには、コマンドラインでxclockを実行します。PuTTYで開くことができない場合は、エラーメッセージが表示されます。

CentOS 6.5の場合、tigervnc-serverが必要です

ただし、VNCが接続されている場合は、何も表示されずに空白になります。 VinoサーバーはGnomeのVNCサーバーだからです。 VNCサーバーを正しくインストールするには、tigervnc-serverが必要です。詳細については、 CentOS HowTos-> VNC-Server を参照してください。

ヒント:

以前の失敗は主に、Xlaunchを使用してPuTTYに対して実行する構成を作成したことが原因です。これは、機能していないWebで見つかったチュートリアルです。上記の実行順序は、私自身の場合に機能します。動作しない方法が間違っているとは言えません。おそらく、私がまだ知らなかったのは他の目的のためです。

その後、Xmingはxclockで動作しているため、現在はvino-preferenceでも動作しています。 VNCは、Allow other users to view your desktopオプションをオンにし、You must confirm each access...のチェックを外した後、すぐにAzure上のリモートLinuxに接続するように機能します。ただし、ルート昇格されていない場合、vino-preferenceは保存されないため、VNCをセットアップする適切な方法ではありません。詳細については、上記のリンクを参照してください。

1
simongcc